660件中 41 - 50件表示
  • 菅田 将暉

    菅田将暉から見た吉田拓郎吉田拓郎

    2013年2月23日、都内で開催した20歳の誕生日イベント「DAASUU LAND2013」の中で、フジファブリックの「茜色の夕日」をピアノの弾き語りで披露した。菅田が人前でピアノを演奏するのは小学生以来で、この日の為に1か月間猛練習した。2016年1月9日放送のトークバラエティ番組『さんまのまんま』に出演。かつてバラエティ番組で、司会の明石家さんま役を演じたことに触れ、さんまを演じるにあたって練習した吉田拓郎の「人生を語らず」の弾き語りを披露した。同年12月5日放送のバラエティ番組『しゃべくり007』で、休日の過ごし方として「ギターを弾く」ことを挙げ、父親に貰ったギターでさだまさしの「関白宣言」を弾き語りした。さらに、司会の上田晋也からの無茶ぶりで、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの「ドロップ」も演奏した。菅田将暉 フレッシュアイペディアより)

  • 土方隆行

    土方隆行から見た吉田拓郎吉田拓郎

    吉田美奈子(1981年〜1983年・1995年〜)、中島みゆき(1985年・1998年)、吉田拓郎(2004年〜2006年)、玉置浩二(2005年〜2007年)、HOUND DOG(2008年〜2016年)、徳永英明(2013年〜)、近藤真彦(2015年〜)、ほか。土方隆行 フレッシュアイペディアより)

  • 東京メルヘン

    東京メルヘンから見た吉田拓郎吉田拓郎

    作詞は5枚目のシングル「学生通り」(1976年)以来3作連投の松本隆、作曲はシングル初参加の吉田拓郎、編曲は同じく初参加の石川鷹彦である。松本の連投は「走れ風のように」まで6作続く。リリースナンバーはN-9、定価600円。東京メルヘン フレッシュアイペディアより)

  • Art of Loving

    Art of Lovingから見た吉田拓郎吉田拓郎

    過去に「シンシア」(1974年7月1日)という楽曲を製作したこともある吉田拓郎から楽曲提供を受けた(M-2「黒い瞳」)。楽曲提供はこのアルバムが初めてである(「結婚しようよ」を1974年7月21日発売の9thアルバム『夏の感情』でカヴァーしたことはある)。Art of Loving フレッシュアイペディアより)

  • じゃあまたね

    じゃあまたねから見た吉田拓郎吉田拓郎

    前作の「虹の架け橋」と同様にBEST10入りを逃した。表題曲とB面曲の両方を作曲した吉田拓郎は、本作発表から3年後の1977年に浅田と結婚している。じゃあまたね フレッシュアイペディアより)

  • シャドー・ボクサー

    シャドー・ボクサーから見た吉田拓郎吉田拓郎

    編曲はベーシストの後藤次利で、彼の編曲家としてのデビュー作となった。キーボードでスタジオミュージシャン時代の坂本龍一、コーラスで吉田拓郎もクレジットされている。シャドー・ボクサー フレッシュアイペディアより)

  • キャンディーズ 1 1/2〜やさしい悪魔〜

    キャンディーズ 1 1/2〜やさしい悪魔〜から見た吉田拓郎吉田拓郎

    LP帯コピー:拓郎、ビートルズからラン・スー・ミキまで 話題の特別企画キャンディーズ 1 1/2〜やさしい悪魔〜 フレッシュアイペディアより)

  • KING OF ROCK SHOW of 88'S-89'S TURNING PROCESS

    KING OF ROCK SHOW of 88'S-89'S TURNING PROCESSから見た吉田拓郎吉田拓郎

    この頃はアルバムが「FLOWERS for ALGERNON」一枚しか出していないのでBOØWY時代の曲を2曲収録している(最初のツアーのセットリストは、演奏曲の約半分がBOØWY時代の曲と吉田拓郎、ビートルズ、デヴィッド・ボウイ等のカバー曲で占められていた)。KING OF ROCK SHOW of 88'S-89'S TURNING PROCESS フレッシュアイペディアより)

  • ラストショウ

    ラストショウから見た吉田拓郎吉田拓郎

    大学時代にブレッド&バターのサポートをつとめ、以後はちみつぱいのメンバーと共に山本コータローと少年探偵団を結成し、本格的な音楽活動を開始。後に吉川忠英&ホームメイドに参加しながら、スタジオ・ミュージシャンとして幾多のセッションを行なう。1974年に泉谷しげるのバックバンド "ザ・ラスト・ショウ" を結成。その後ニュー・ミュージック系アーティストを始め、五輪真弓、吉田拓郎、長渕剛、杉田二郎、大瀧詠一、南こうせつ、高橋幸宏、山本耀司などのレコーディング、ライブに参加する。1998年、最も啓蒙を受けたナッシュビルのプログレッシブ・カントリー・ロック・バンド、ベアフット・ジェリーの再結成コンサートでのリード・ギタリストとして参加。ソロ活動ではDr.K(ドクターK)として9枚のアルバム、またDr.K Projectとして10枚のアルバムをリリースするなど精力的に活動を続けている。サムピックを使用したフィンガー・ピッキングにアメリカン・フィーリングを活かした独自のギター・スタイルを確立した彼のプレイは、カントリー・ミュージック、ルーツ・ミュージックの色が濃い。ラストショウ フレッシュアイペディアより)

  • はじめまして (かぐや姫のアルバム)

    はじめまして (かぐや姫のアルバム)から見た吉田拓郎吉田拓郎

    『はじめまして』は、第2期かぐや姫の最初のアルバムである。吉田拓郎らがプロデュースした。はじめまして (かぐや姫のアルバム) フレッシュアイペディアより)

660件中 41 - 50件表示

「吉田拓郎」のニューストピックワード