660件中 51 - 60件表示
  • 青春の詩 (よしだたくろうのアルバム)

    青春の詩 (よしだたくろうのアルバム)から見た吉田拓郎吉田拓郎

    『青春の詩』(せいしゅんのうた)は、1970年11月1日に吉田拓郎(当時はよしだたくろう)がリリースしたオリジナル・アルバムである。青春の詩 (よしだたくろうのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ラムジ (歌手)

    ラムジ (歌手)から見た吉田拓郎吉田拓郎

    98年バンダイ・ミュージックエンタテインメントを離れ、98年から00年まで吉田拓郎のライブサポートを務める。ラムジ (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • 中島みゆき ソングライブラリー

    中島みゆき ソングライブラリーから見た吉田拓郎吉田拓郎

    永遠の嘘をついてくれ / 吉田拓郎(1995年6月21日)中島みゆき ソングライブラリー フレッシュアイペディアより)

  • 夏の感情 (アルバム)

    夏の感情 (アルバム)から見た吉田拓郎吉田拓郎

    A面は2曲目と5曲目を除き、有馬三恵子・筒美京平コンビによるオリジナル楽曲(それも上掲の2枚のシングル)。A面の残り2曲とB面(M-7〜12)は恒例の洋楽ポップスのカヴァーでなく、邦楽のフォークソングのカヴァーが収録されている(このうちA面の残り2曲は筒美作品)。当時、大活躍していた男性シンガーソングライターの曲も採り上げている(よしだたくろう、井上陽水、チューリップ)。夏の感情 (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • メモリアル (中村雅俊のアルバム)

    メモリアル (中村雅俊のアルバム)から見た吉田拓郎吉田拓郎

    いつか街で会ったなら(2分53秒) 作詞:喜多條忠/作曲:吉田拓郎/編曲:チト河内メモリアル (中村雅俊のアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • GOLDEN☆BEST 中原理恵 Singles

    GOLDEN☆BEST 中原理恵 Singlesから見た吉田拓郎吉田拓郎

    収録曲のうち、「ロックンロール・ランデブーのテーマ」は初CD化となった。また、吉田拓郎の作曲による「銀河系まで飛んで行け!」は、キャンディーズのボックス・セット『CANDIES 1676 DAYS〜キャンディーズ1676日〜』の収録曲のカバーである。他に梓みちよがカバーしたバージョンも存在する。キャンディーズのものは、同じ“ゴールデン☆ベスト”シリーズの『GOLDEN☆BEST キャンディーズ』に収録されている。GOLDEN☆BEST 中原理恵 Singles フレッシュアイペディアより)

  • Mako Pack -Premium-

    Mako Pack -Premium-から見た吉田拓郎吉田拓郎

    封入物としては他に、デビュー時に業界内外に配布された宣伝パンフレットがある。こちらには、簡略な石野のプロフィール、デビュー曲「狼なんか怖くない」の作詞者・阿久悠と作曲者・吉田拓郎のコメントなどが記載されている。Mako Pack -Premium- フレッシュアイペディアより)

  • 風の街 (山田パンダの曲)

    風の街 (山田パンダの曲)から見た吉田拓郎吉田拓郎

    このテレビドラマの舞台となった表参道の喫茶店『ペニーレイン』のマスター役で出演していた山田パンダが主題歌も歌うことになり、山田がそのことを吉田拓郎に話すと、吉田が「お前が歌うなら、じゃ、俺が曲書いてやる」と言って曲を書いてくれたという。風の街 (山田パンダの曲) フレッシュアイペディアより)

  • メランコリー (梓みちよの曲)

    メランコリー (梓みちよの曲)から見た吉田拓郎吉田拓郎

    作詞: 喜多条忠、作曲: 吉田拓郎、編曲: 萩田光雄メランコリー (梓みちよの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 春の桜と優雅に語らう17の知恵

    春の桜と優雅に語らう17の知恵から見た吉田拓郎吉田拓郎

    選曲は主に、1970年代・1980年代のJ-POP、フォークソング、アイドル歌謡曲が中心。楽曲製作者に焦点を当てると、尾崎亜美や矢野顕子、松任谷由実に中島みゆきなど、個性的な女性シンガー・ソングライターの顔ぶれが並んでいる。男性でも、よしだたくろうに井上陽水とフォークソングの草分け的存在の楽曲が並べて収録されている。春の桜と優雅に語らう17の知恵 フレッシュアイペディアより)

660件中 51 - 60件表示

「吉田拓郎」のニューストピックワード