537件中 61 - 70件表示
  • 2009年の音楽

    2009年の音楽から見た吉田拓郎吉田拓郎

    2月9日 - 吉田拓郎が6月から7月にかけて行われる全国ツアーをもって、全国規模でのライブツアーの開催を終了することを発表。2009年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • Still a long way to go

    Still a long way to goから見た吉田拓郎吉田拓郎

    今作のレコーディングは前作同様、外部スタッフも含めて行われたが、それが結果としてメンバー間のコミュニケーション不足に繋がった。そのひとつに、B-2の作詞を吉田拓郎に依頼したことが当初、小田には知らされていないということがあった。「悪気はないだろうけど、一生懸命というのが“バンドがまとまる”ということと違う方に出てしまった」と、そのことについても小田は後に語っている。Still a long way to go フレッシュアイペディアより)

  • 旅の宿 (よしだたくろうの曲)

    旅の宿 (よしだたくろうの曲)から見た吉田拓郎吉田拓郎

    「旅の宿」(たびのやど)は、よしだたくろう(現・吉田拓郎)の4枚目のシングル。1972年7月1日発売。発売元はCBSソニー(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)。旅の宿 (よしだたくろうの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 坂崎幸之助

    坂崎幸之助から見た吉田拓郎吉田拓郎

    また、物真似も達者である。特に、南こうせつの真似はかなりの物で、かつてフジテレビ『LOVE LOVEあいしてる』で、後ろを向いたKinKi Kidsに、2人でそれぞれ同じ歌を歌い、どちらが本物か当てさせるクイズを行ったところ、「全然わかんねー!!」と言わしめた。他にも、加藤和彦や忌野清志郎、あがた森魚、吉田拓郎、バリー・ギブ(ビージーズ)など、レパートリーは多数である。坂崎幸之助 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤次利

    後藤次利から見た吉田拓郎吉田拓郎

    小坂忠とフォージョーハーフやよしだたくろうのセッションバンド新六文銭に参加。その後、トランザムやティン・パン・アレーのセッションにも参加する。後藤次利 フレッシュアイペディアより)

  • 安井かずみ

    安井かずみから見た吉田拓郎吉田拓郎

    1970年代 - 川口浩が経営するプール付きマンション「川口アパートメント」に入居、親友加賀まりこ、野際陽子、コシノジュンコ、かまやつひろし、吉田拓郎、金子国義や当時のトップモデルなど多くの業界人が集った。豪快な車の運転も有名で、酔っ払ってフェラーリをぶつけ「いいの、次はペダルカーに乗るから」と言ったという逸話もある。安井かずみ フレッシュアイペディアより)

  • 森雪之丞

    森雪之丞から見た吉田拓郎吉田拓郎

    僕、笑っちゃいます。(作詞:欽ちゃんバンド、森雪之丞、作曲:吉田拓郎森雪之丞 フレッシュアイペディアより)

  • ソニー・ミュージックレコーズ

    ソニー・ミュージックレコーズから見た吉田拓郎吉田拓郎

    Odyssey(元は米国Columbiaのサブレーベル。よしだたくろうのプライベートレーベルとしてスタートし、後に猫、山本コウタローとウィークエンドも参加。1972年7月 - 1977年12月)ソニー・ミュージックレコーズ フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た吉田拓郎吉田拓郎

    1974年(昭和49年)にはフォークソング全盛期の黄金コンビ、岡本おさみ作詞、吉田拓郎作曲の「襟裳岬」を発表。この曲で第16回日本レコード大賞、第5回日本歌謡大賞など多くの音楽賞を獲得し、第25回NHK紅白歌合戦で初の大トリを務めた。この「襟裳岬」との出会い以降彼の曲の世界は転換期を迎え、通常の演歌歌手には無い趣向を持ち始める。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤和彦

    加藤和彦から見た吉田拓郎吉田拓郎

    ジャスト・ア・RONIN(1985年)※吉田拓郎・加藤和彦 名義加藤和彦 フレッシュアイペディアより)

537件中 61 - 70件表示

「吉田拓郎」のニューストピックワード