537件中 71 - 80件表示
  • キャンディーズ

    キャンディーズから見た吉田拓郎吉田拓郎

    吉田拓郎(「やさしい悪魔」「アン・ドゥ・トロワ」。作曲者自身によるセルフカバー)キャンディーズ フレッシュアイペディアより)

  • 浜田省吾

    浜田省吾から見た吉田拓郎吉田拓郎

    1974年、再び上京し、吉田拓郎の春と秋の全国ツアーのバック・バンドに愛奴として参加。ドラム経験は1年程しかなかったが、必死で練習してツアーに間に合わせた。拓郎のバックバンドとして何度か「ミュージック・フェア」などテレビにも出演した。ただし、演奏技術の問題からツアーでの「落陽」は演奏メニューから外され、拓郎は生ギターの弾き語りコーナーで「落陽」を歌った。ツアー中休みの7月に発売されたよしだたくろう・かまやつひろしのシングル「シンシア」のB面「竜飛崎」は愛奴の演奏である。しかし、8月にレコーディングされた拓郎のアルバム「今はまだ人生を語らず」(12月発売)は、全てスタジオ・ミュージシャンによるレコーディングとなった。浜田省吾 フレッシュアイペディアより)

  • 森高 千里

    森高千里から見た吉田拓郎吉田拓郎

    吉田拓郎はミュージシャンとしての森高を「我々ミュージシャンが、今まで何十年もの期間をかけて作り上げた詞の世界観を、森高が一瞬で破壊してしまった」、「その辺のドラマーより全然うまい」と高く評価しており、森高を吉田とLOVE LOVE ALL STARSとのアルバム『みんな大好き』にドラマーとして起用した。森高千里 フレッシュアイペディアより)

  • 泉谷 しげる

    泉谷しげるから見た吉田拓郎吉田拓郎

    1975年6月 - 小室等、井上陽水、吉田拓郎とフォーライフ・レコードを設立。その第1弾アルバムとして『ライブ!!泉谷-王様たちの夜-』(1975年)を発表。泉谷しげる フレッシュアイペディアより)

  • 青春の詩 (よしだたくろうのアルバム)

    青春の詩 (よしだたくろうのアルバム)から見た吉田拓郎吉田拓郎

    『青春の詩 』は、1970年11月1日に吉田拓郎(当時はよしだたくろう)がリリースしたオリジナル・アルバムである。青春の詩 (よしだたくろうのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 長渕剛

    長渕剛から見た吉田拓郎吉田拓郎

    8月、当時アイドル歌手だった石野真子と結婚。ニッポン放送『オールナイトニッポン』で意気投合したことがきっかけとなり結婚した。ハワイでの結婚式の仲人は、自ら恩師とする吉田拓郎と浅田美代子夫妻(当時)だった。長渕剛 フレッシュアイペディアより)

  • 松任谷正隆

    松任谷正隆から見た吉田拓郎吉田拓郎

    1971年、吉田拓郎のアルバム『人間なんて』にミュージシャンとして参加。以降吉田拓郎のアルバムやライブにおいてキーボード・バンドマスターを担当。松任谷正隆 フレッシュアイペディアより)

  • 南 こうせつ

    南こうせつから見た吉田拓郎吉田拓郎

    普段の活動で見せる人の良さとは裏腹に、吉田拓郎より喧嘩が強いらしい。新幹線で移動の際に同じグリーン車両で酒を飲んで横柄な態度をとっていたヤクザに対し、胸座をつかんで「ハイ!! 皆さん、どうも南こうせつでございます。こういう方は許して良いんでしょうか皆さん」と言ったという。ラジオ番組『伊集院光 日曜日の秘密基地』(2005年8月28日放送)にて長渕剛が語った。南こうせつ フレッシュアイペディアより)

  • 風の街 (山田パンダの曲)

    風の街 (山田パンダの曲)から見た吉田拓郎吉田拓郎

    このドラマの舞台となった表参道 (原宿)の喫茶店『ペニーレイン』のマスター役で出演していた山田パンダが主題歌も歌うことになり、山田がそのことを吉田拓郎に話すと、吉田が「お前が歌うなら、じゃ、俺が曲書いてやる」と言って曲を書いてくれたという。風の街 (山田パンダの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 浅田美代子

    浅田美代子から見た吉田拓郎吉田拓郎

    1975年(昭和50年)「なつかしき海の歌」(TBS)での共演の頃からフォークシンガーの吉田拓郎との噂が流れ、1977年(昭和52年)7月に吉田拓郎と結婚。芸能界を引退し主婦業に専念する。しかし1983年(昭和58年)に協議離婚が成立。以降、芸能活動を再開し数多くのドラマや映画に出演する。浅田美代子 フレッシュアイペディアより)

537件中 71 - 80件表示

「吉田拓郎」のニューストピックワード