660件中 81 - 90件表示
  • LOVE LOVE ALL STARS

    LOVE LOVE ALL STARSから見た吉田拓郎吉田拓郎

    活動の場は番組内だけではなく、篠原ともえのバックバンド(FNS歌謡祭、篠原ともえとお友達、篠原ともえお誕生日会 IN しのドーム等)、吉田拓郎のバックバンド (吉田拓郎LIVE'98 全部だきしめて、吉田拓郎LIVE'99 20世紀打上げパーティー)なども務めた他、吉田拓郎のアルバム「みんな大好き」では吉田拓郎とLOVE2 ALL STARS名義で参加した。また高中正義のツアー「高中正義 Tour 1997 虹伝説2 ?The White Goblin?」にも拓郎を含むLOVE LOVE ALL STARSのメンバーが多数参加した。LOVE LOVE ALL STARS フレッシュアイペディアより)

  • 愛奴

    愛奴から見た吉田拓郎吉田拓郎

    1974年に広島フォーク村の先輩である吉田拓郎の全国ツアーに1年間・17ヶ所をバックバンドとして参加した。それまでアマチュア・バンドで活躍してきただけだったが、いきなり超満員のホールで数千人を前に演奏することになる。同年7月発売のよしだたくろう&かまやつひろしのシングル「シンシア」のB面「竜飛崎」は愛奴の演奏である。しかし、愛奴のメンバーの演奏技術は決して高くなく、特にドラムだった浜田省吾は自分の力量に限界を感じ始める。愛奴 フレッシュアイペディアより)

  • 若子内悦郎

    若子内悦郎から見た吉田拓郎吉田拓郎

    1975年に解散後は、ヴォーカリスト、スタジオミュージシャンとして活動。郷ひろみ、谷村新司、浜田省吾、CHAGE and ASKA、吉田拓郎、松田聖子、KinKi Kids等、多くのアーティストのレコーディングやコンサートのサポートを行っている。若子内悦郎 フレッシュアイペディアより)

  • 猫 (フォークグループ)

    猫 (フォークグループ)から見た吉田拓郎吉田拓郎

    1971年10月 - 早稲田大学のカレッジフォークグループ「ザ・リガニーズ」のメンバーだった常富喜雄、内山修と、「ジ・アマリーズ」のボーカルだった田口清によって結成される。同じ早大出身の後藤由多加が吉田拓郎らと設立したユイ音楽工房に誘われ参加し、拓郎のバックバンドを1年半務める。猫 (フォークグループ) フレッシュアイペディアより)

  • ルーム・ライト (室内灯)

    ルーム・ライト (室内灯)から見た吉田拓郎吉田拓郎

    作詞は岡本おさみ、作曲は吉田拓郎のコンビが由紀さおりに楽曲提供をした。このコンビは翌年に発売された森進一の『襟裳岬』をはじめとして、数多くのヒット曲を生んでいる。ルーム・ライト (室内灯) フレッシュアイペディアより)

  • 男なら!

    男なら!から見た吉田拓郎吉田拓郎

    吉田拓郎(第22話ゲスト)男なら! フレッシュアイペディアより)

  • 沿志奏逢

    沿志奏逢から見た吉田拓郎吉田拓郎

    歌い出しが「この星が 何処へ行こうとしてるのか」で始まれば、それは浜田省吾の『僕と彼女と週末に』(以下甲と略す。)であり、「これこそはと 信じれるものが」で始まれば、それは吉田拓郎の『イメージの詩』(以下乙と略す。)である。沿志奏逢 フレッシュアイペディアより)

  • 午前中に…

    午前中に…から見た吉田拓郎吉田拓郎

    『午前中に…』(ごぜんちゅうに…)は、2009年4月15日に吉田拓郎がリリースしたスタジオアルバムである。63歳の時の作品、エイベックス移籍第1弾であり2000年代最後のスタジオアルバムである。午前中に… フレッシュアイペディアより)

  • 今井マサキ

    今井マサキから見た吉田拓郎吉田拓郎

    吉田拓郎 - album『AGAIN』(2014年)今井マサキ フレッシュアイペディアより)

  • ハート通信

    ハート通信から見た吉田拓郎吉田拓郎

    「ハート通信」(ハートつうしん)は、アグネス・チャンの歌唱で最初に発表された楽曲。1978年12月発売のアルバム『ヨーイドン』に収録された。作詞は松本隆、作曲は吉田拓郎、編曲は船山基紀による。ハート通信 フレッシュアイペディアより)

660件中 81 - 90件表示

「吉田拓郎」のニューストピックワード