前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
819件中 1 - 10件表示
  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た井上陽水

    5月 - 高額納税者番付1974年度納税分で歌手部門に井上陽水とともにランク入りした(拓郎5位、陽水7位) 。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たかまやつひろしムッシュかまやつ

    前任者は佐良直美、後任はかまやつひろし吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たキャンディーズ

    3月1日 - 楽曲提供したキャンディーズのシングル「やさしい悪魔」(オリコン週間4位)発売。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た松任谷由実

    この年は『あさひが丘の大統領』(日本テレビ、1979年-1980年)主題歌、小出正則「新しい空」、岩崎宏美のアルバム『ライブ&モア』に松任谷由実(呉田軽穂名義)作詞と初コンビ作「時の女神」、男性ボーカルデュオ・DUOに「放課後」を提供。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た長渕剛

    8月 - 長渕剛と石野真子が結婚し、浅田美代子と共に仲人を務める。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た南こうせつ南 こうせつ

    フォークシンガーをパーソナリティに起用した先駆の番組で、前任はフォーク・クルセダーズの北山修、後任が南こうせつ 。毎週解説を加えて自分の曲をかけたり、フォーク仲間を呼んでバカ話をしたり、「今日はやる気がない」など、言いたい放題の自由奔放な放送が大人気を呼んだ。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た森進一

    この時応対したのはチャーリー石黒、お茶を出したのはデビュー前の森進一であった。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た阿久悠

    長戸はこれが縁で阿久悠の事務所に入りキャリアをスタートさせる。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たさだまさし

    1971年10月にパックインミュージックのパーソナリティに就任したのを皮切りに、担当した多くのラジオ番組と合わせ深夜放送のミュージシャン・パーソナリティのスタイルを確立した。深夜放送のDJを"パーソナリティと"いう呼び方に変え始めたこの頃から、各局はこぞってフォークシンガーを起用。これは巨大メディア化するテレビに対して、若者のパーソナル・メディアとしての存在に生き残りをかけていたラジオと、この後テレビを出演拒否する拓郎を始めとするフォークシンガー達が、ステータスを維持するための利害関係が一致した結果であった。それは商業的にも大きな可能性を秘めた市場の開拓であった。亀渕昭信は「深夜放送ブームと並行しまして、ちょうどフォークソングも全盛期を迎えました。吉田拓郎さん、南こうせつさん、さだまさしさん、松山千春さんといった、非常にしゃべりのうまい方をラジオのパーソナリティに起用したんですね。深夜放送ブームが去ってからも彼らの力によってラジオ番組は生き延びていったと言えるでしょう」と述べている吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たフジテレビジョン

    4月 - フジテレビの幼児向けバラエティ『ひらけ!ポンキッキ』から市販された第1弾シングル・「たべちゃうぞ」の作曲を担当する。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
819件中 1 - 10件表示

「吉田拓郎」のニューストピックワード