819件中 11 - 20件表示
  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た石野真子

    3月 - 阿久悠からの依頼で石野真子のデビュー曲「狼なんか怖くない」「わたしの首領」他を作曲。石野は「狼なんか怖くない」で同年の日本歌謡大賞新人賞等を受賞した。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た浅田美代子

    鹿児島県大口市(現:伊佐市)生まれ、広島県広島市南区西霞町育ち。学歴は鹿児島市立谷山小学校→広島市立皆実小学校→広島市立翠町中学校→広島県立広島皆実高等学校→広島商科大学(現:広島修道大学)。夫人は四角佳子→浅田美代子→森下愛子。おひつじ座。血液型A型。身長176.5cm。竹田企画所属。レコード会社はエレックレコード→CBSソニー→フォーライフ・レコード→インペリアルレコード→エイベックス。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た中村雅俊中村 雅俊

    この年には他人への提供曲に多くのヒット曲を残した。先述のようにかまやつひろしのアルバム『我が良き友よ』のタイトル曲はオリコン1位を記録し、他に「歌ってよ夕陽の歌を」(森山良子)、「いつか街で会ったなら」(中村雅俊)、「あゝ青春」(トランザム)、「風の街」(山田パンダ)、「明日の前に」(堺正章)、「寺内貫太郎一家2」(1974年、TBS)の挿入歌「ひとりだち」(白鳥哲)、「両国橋」(松平純子)、「今夜はごきげんな夜」(ケイ・アンナ)、フジカラーのCMソング『私は小鳥』(山口百恵歌、ソノシート、非売品)などを手掛ける。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たボブ・ディラン

    審査委員長だった福田一郎が「あれはボブ・ディランの物真似ですよ」と評したのが順位に影響したともいわれる。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た浜田省吾

    10月22日 - 浜田省吾がカバーした「イメージの詩」が発売。拓郎はリズムギターとして参加。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た小室哲哉

    7月26日 - フジテレビ系『TK MUSIC CLAMP』出演。小室哲哉と対談。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た中島みゆき

    拓郎が担当すると、それまでカレッジフォーク中心の曲構成ががらりと変わった。番組テーマ曲も拓郎に変更。内容はリスナーの詞に曲を付け歌う企画やアマチュアのコンテストなどがあった。これに応募してきた人たちに中塚正人や、拓郎自身が "女岡林" と評した中島みゆきらがいる。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た矢沢永吉

    小田和正が、1982年に"日本グラミー賞"を作ろうと奔走し、六本木で拓郎やユーミンや矢沢永吉、さだまさしらを集めて飲み会をした時、加藤が「拓郎は生意気なのは許せるけど松山千春が生意気なのは許せない」と怒って帰ったというエピソードがある。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た安井かずみ

    加藤和彦とのデュエット「ジャスト・ア・RONIN」は、安井かずみ作詞・加藤作曲。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た松山千春松山 千春

    1971年10月にパックインミュージックのパーソナリティに就任したのを皮切りに、担当した多くのラジオ番組と合わせ深夜放送のミュージシャン・パーソナリティのスタイルを確立した。深夜放送のDJを"パーソナリティと"いう呼び方に変え始めたこの頃から、各局はこぞってフォークシンガーを起用。これは巨大メディア化するテレビに対して、若者のパーソナル・メディアとしての存在に生き残りをかけていたラジオと、この後テレビを出演拒否する拓郎を始めとするフォークシンガー達が、ステータスを維持するための利害関係が一致した結果であった。それは商業的にも大きな可能性を秘めた市場の開拓であった。亀渕昭信は「深夜放送ブームと並行しまして、ちょうどフォークソングも全盛期を迎えました。吉田拓郎さん、南こうせつさん、さだまさしさん、松山千春さんといった、非常にしゃべりのうまい方をラジオのパーソナリティに起用したんですね。深夜放送ブームが去ってからも彼らの力によってラジオ番組は生き延びていったと言えるでしょう」と述べている吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

819件中 11 - 20件表示

「吉田拓郎」のニューストピックワード