819件中 21 - 30件表示
  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た郷ひろみ

    この年5月から翌年にかけて放送されたTBSのドラマ『ムー一族』で、郷ひろみが演じた役名・宇崎拓郎は、拓郎からとったもの。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た坂崎幸之助

    この番組では坂崎幸之助と共にKinKi Kidsにギターを指導し、彼らの音楽活動に多大な影響を与えた。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たフォーク・クルセダーズ

    フォークシンガーをパーソナリティに起用した先駆の番組で、前任はフォーク・クルセダーズの北山修、後任が南こうせつ 。毎週解説を加えて自分の曲をかけたり、フォーク仲間を呼んでバカ話をしたり、「今日はやる気がない」など、言いたい放題の自由奔放な放送が大人気を呼んだ。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たYO-KING

    YO-KINGは「拓郎さんの男っぽさが魅力でした。独特の拓郎節とでもいうべきメロディー。そして、あの声はやっぱり凄いですよ。説得力というか、迫力というか。きれいに歌おうと思ってない。大声でしゃべっているような感じで歌っちゃうのが、かっこいいじゃんという提示を受けた気がする」と述べている。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た甲斐よしひろ

    フォーライフ2年目の赤字を解消するために制作された1977年のアルバム『ぷらいべえと』では、石原裕次郎の「夜霧よ今夜もありがとう」、渡哲也の「くちなしの花」と演歌、 セルフカバー「メランコリー」、フォーク・クルセダーズのスタンダード「悲しくてやりきれない」ほか、年々評価を上げた郷ひろみの代表曲「よろしく哀愁」などの歌謡曲が取り上げられている。これも近年増えるカバーアルバムの先駆的なもので、現在では考えられないが、当時は"創作力のダウン"とか"売らんかな主義"とか酷評されるなど賛否両論が出た 。しかしながらメロディ・メーカーとしての才気やボーカリスト・吉田拓郎としての魅力も発揮したといえる。オリコンで2週連続で1位を記録、カバーアルバム最初のNo.1ヒットでもあった。パート2を作ってくれという営業サイドからの注文には頑強に断った。前述のように批判的な論調が多かったこともあってカバーアルバムは、当時は現在のように大流行することは無く、この次のカバーアルバムといえるものは、甲斐よしひろがソロ名義で出した1978年5月のアルバム『翼あるもの』となる。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たKinKi Kids

    10月19日 - 音楽バラエティー番組『LOVE LOVEあいしてる』(フジテレビ系列)スタート。レギュラー出演しKinKi Kidsと共に司会を担当した。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たTHE ALFEE

    8月5日 - 覆面バンド・ビートボーイズ(BEAT BOYS、1988年以降はBE∀T BOYS)が「スターズオン23 吉田拓郎」(後に「ショック!!TAKURO 23」に改題)発売。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た日本テレビ放送網

    この年は『あさひが丘の大統領』(日本テレビ、1979年-1980年)主題歌、小出正則「新しい空」、岩崎宏美のアルバム『ライブ&モア』に松任谷由実(呉田軽穂名義)作詞と初コンビ作「時の女神」、男性ボーカルデュオ・DUOに「放課後」を提供。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たテレビ朝日

    10月 - 高見沢俊彦と共にテレビ朝日『T×2 SHOW』司会を担当(〜2002年9月まで)。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たパナソニック

    だが、この時期マスコミの拓郎に対する敵意がバッシングという形で現れ、ツアーのキャンセル、曲の放送禁止、他人への提供曲も放送禁止、CM(スバル・レックス(富士重工)、テクニクス(松下電器))の自粛といった処置がとられた。また無罪で無く不起訴だったためか各種媒体からの謝罪はほとんど無かった 。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

819件中 21 - 30件表示

「吉田拓郎」のニューストピックワード