819件中 31 - 40件表示
  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た近藤真彦

    4月21日 - シングル『ふざけんなよ/夏が見えれば』発売。「ふざけんなよ」は近藤真彦主演の連続ドラマ『ニッポン親不孝物語』(日本テレビ系)の主題歌。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た泉谷しげる泉谷 しげる

    6月1日 - CBSソニーの拓郎が、ポリドールの井上陽水、エレックの泉谷しげる、ベルウッドの小室等と共にフォーライフ・レコードを発起した。これを記に「吉田拓郎」と改名。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た加賀まりこ

    作詞家・安井かずみの自宅は「川口アパート(プール付き)」(川口松太郎が造った高級マンション)と呼ばれ加賀まりこ、野際陽子、コシノジュンコや当時のトップモデル・シャロン宮田、ナンシー村井ら多くの業界人が集った。そこは大使館のような世界で、拓郎はカルチャー・ショックを受けた。誰にも紹介してもらえず、「絶対に東京に負けてはならない」との思いを更に強くした。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たかぐや姫 (フォークグループ)

    4月20日 - 南こうせつに頼まれてプロデュースした、かぐや姫のデビューアルバム『はじめまして』が発売。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た小室等

    6月1日 - CBSソニーの拓郎が、ポリドールの井上陽水、エレックの泉谷しげる、ベルウッドの小室等と共にフォーライフ・レコードを発起した。これを記に「吉田拓郎」と改名。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た原田真二

    このオーディション(1975年9月 - 10月まで募集実施)には、全国から2483本のテープが集まり川村の他、原田真二、小林倫博、長戸大幸ら、10人が最終選考に残った。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た篠原ともえ篠原 ともえ

    ワールドカウントダウンスーパースペシャル24時間まるごとライブLOVE LOVE2000〜世界中の子供たちに僕らが愛でできること(フジテレビ、1999年12月31日 - 2000年1月1日)KinKi Kids、篠原ともえと共にメインパーソナリティを担当。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た富澤一誠

    田家秀樹は、『それまでの関西フォークなどと違い、拓郎の曲は明るく、言葉にスピード感があって、それに誰でも歌えるという親しみやすさがあったと話している。拓郎は「関西フォーク」を嫌っており、「関西フォーク」と自身の音楽の違いを"私たち"の歌と"私"の歌と話している。富澤一誠は、1970年以前の岡林信康らのフォークが「今俺が歌わなければならない」的使命感があったのに対し、拓郎は「俺は歌いたいから歌うんだ」という、もっと自由な発想な、個人の自己主張が大きな特徴で、それは"私たちの歌"から"私の歌"へ、つまり、"三人称"から"一人称"への移行だった』と述べている。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た南沙織

    今でこそ異色とも何とも感じないが、当時の感覚からすれば、フォークの拓郎と元グループサウンズのかまやつとの共演は事件であった。かまやつはロック仲間から嫌味や批判を受けたと話している。こうしたロック、先の演歌やアイドル歌手を含む歌謡曲、子供番組などとのコラボレーションを含めて異種組み合わせの突破口を開いた先駆者でもあった。「シンシア」は、拓郎がファンだった南沙織へのオマージュ曲で、同時代に活躍したアイドルの名前・愛称をタイトルに付けて唄うという珍しい楽曲 。『ミュージックフェア』で共演もしている。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た仲井戸麗市

    古井戸の金崎芳樹(加奈崎芳太郎)も、『拓郎が「パックインミュージック」で「花言葉」をかけてくれたときには、チャボ(仲井戸麗市)と夜中電話し合って泣いた。自分たちも担当番組(ラジオ関東・ナイト・トゥゲザー)で、他のフォークシンガーの紹介役になれればいい』と話していた。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

819件中 31 - 40件表示

「吉田拓郎」のニューストピックワード