819件中 51 - 60件表示
  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た加藤和彦

    加藤和彦とのデュエット「ジャスト・ア・RONIN」は、安井かずみ作詞・加藤作曲。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た忌野清志郎

    拓郎は、1971年7月からライブハウス・渋谷ジァン・ジァンで定期コンサートを始めたが、当時拓郎の前座をよく務めていたのが「僕の好きな先生」や「2時間35分」などをアコースティックでやっていたRCサクセションだった。忌野清志郎は当時、拓郎が嫌いで出番が終わると顔も見ないで帰っていたという。とは言っても、特に確執があったわけではない。拓郎はこの頃の事を振り返り、「RCとはあの頃よく同じステージに立ってたよ。弾き語りで歌も暗いイメージのフォークソングが多い中で、アコースティックでもポップでR&B的な存在は見ていて楽しかった」と語っている。(オールナイトニッポンGOLD 2012年10月8日放送分)吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た山口百恵

    この年には他人への提供曲に多くのヒット曲を残した。先述のようにかまやつひろしのアルバム『我が良き友よ』のタイトル曲はオリコン1位を記録し、他に「歌ってよ夕陽の歌を」(森山良子)、「いつか街で会ったなら」(中村雅俊)、「あゝ青春」(トランザム)、「風の街」(山田パンダ)、「明日の前に」(堺正章)、「寺内貫太郎一家2」(1974年、TBS)の挿入歌「ひとりだち」(白鳥哲)、「両国橋」(松平純子)、「今夜はごきげんな夜」(ケイ・アンナ)、フジカラーのCMソング『私は小鳥』(山口百恵歌、ソノシート、非売品)などを手掛ける。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た松本隆松本 隆

    作詞やラジオパーソナリティとして多く用いた「〜なのです」「〜なのだ」「〜であります」「〜でありまして」「〜でありました」などの言い回しは、です・ます調(デス・マス調)と呼ばれ、松本隆とともにその普及者といわれる。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た高見沢俊彦

    T×2 SHOW (テレビ朝日、2000年10月〜2002年9月)高見沢俊彦と共に司会を担当。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たチューリップ (バンド)

    前述の南田勝也は、日本に於けるボブ・デュランの役割を果たした二人の人物、岡林信康と吉田拓郎を対比させて「商業主義に反対する岡林信康と折り合いをつける吉田拓郎、もしくは、政治的なものを背負う岡林信康と非政治的にふるまう吉田拓郎。フォロワーたちは、自分が作品生産をおこなっていく日本のポピュラー音楽の空間で、岡林と拓郎のどちらかのタイプを選ぶかという問題に直面する。前の世代の苦しみを背負う必要のない世代が強みを持っていた1970年代には、当然ながら吉田拓郎が選ばれ『売れて何が悪い』という言葉の正当性は全面的に認められる。そして『政治状況に積極的な関わる』岡林の資質は全否定されるのである」「以降、コマーシャリズムやビジネス優先の問題に関しては『こだわること自体が愚かしい』ことになっていく。拓郎自身は、勝手気ままにメッセージソングや辛辣な人生ソングもレパートリーとする。しかし先述した象徴的効果によって、彼は脱政治性を肯定した代表人物として取り扱われる。数年のうちに、彼の開いた扉をくぐりぬけるようにして、ガロの『学生街の喫茶店』、チューリップの『心の旅』、かぐや姫の『神田川』、井上陽水の『夢の中へ』、ウィークエンドの『岬めぐり』などがセールス的に成功を収め、新しい潮流が形成される。その多くは情緒的な心情描写や風景描写を想起させる作風を持ち『プロテストフォーク』とは対比的に『抒情派フォーク』と呼ばれる。こうして若者文化に理解を示す大手企業の管轄下にあるフォークレーベルの設立や、新興プロダクションの参入を経て、フォークは完全にマーケットを確立するのである。貧病苦の重さを一切背負わないことを歌世界の約束事とするニューミュージックやシティミュージックが、1970年代から1980年代に渡ってポピュラー音楽のメインストリームを形成していったのである」と論じている。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たみうらじゅん

    中学の時、「吉田拓郎になろう」と決めたという浦沢直樹やみうらじゅんは、拓郎を通してボブ・ディランを知ったと話している。なおソニーは1973年に拓郎の選曲でボブ・ディランのベスト盤『BOB DYLAN; Gift Pack Series10』を発売している。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た北山修

    フォークシンガーをパーソナリティに起用した先駆の番組で、前任はフォーク・クルセダーズの北山修、後任が南こうせつ 。毎週解説を加えて自分の曲をかけたり、フォーク仲間を呼んでバカ話をしたり、「今日はやる気がない」など、言いたい放題の自由奔放な放送が大人気を呼んだ。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たNHK紅白歌合戦

    シングル曲、アルバムの大ヒットにマスメディアに大きな話題の提供、と大活躍の1年だったが日本歌謡大賞、日本レコード大賞、NHK紅白歌合戦の3大行事は、まともに扱ってもらえなかった。唯一レコード大賞の歌唱賞の対象で残ったが最終的に落選。大衆賞に回され最終投票で橋幸夫24票、井上順21票、天地真理17票に次ぎ16票で最下位となった。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たTBSテレビ

    7月〜10月 - 若尾文子主演の連続ドラマ『おはよう』(TBS)にレギュラー出演。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

819件中 51 - 60件表示

「吉田拓郎」のニューストピックワード