819件中 61 - 70件表示
  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た山本コウタロー山本 コウタロー

    前述の南田勝也は、日本に於けるボブ・デュランの役割を果たした二人の人物、岡林信康と吉田拓郎を対比させて「商業主義に反対する岡林信康と折り合いをつける吉田拓郎、もしくは、政治的なものを背負う岡林信康と非政治的にふるまう吉田拓郎。フォロワーたちは、自分が作品生産をおこなっていく日本のポピュラー音楽の空間で、岡林と拓郎のどちらかのタイプを選ぶかという問題に直面する。前の世代の苦しみを背負う必要のない世代が強みを持っていた1970年代には、当然ながら吉田拓郎が選ばれ『売れて何が悪い』という言葉の正当性は全面的に認められる。そして『政治状況に積極的な関わる』岡林の資質は全否定されるのである」「以降、コマーシャリズムやビジネス優先の問題に関しては『こだわること自体が愚かしい』ことになっていく。拓郎自身は、勝手気ままにメッセージソングや辛辣な人生ソングもレパートリーとする。しかし先述した象徴的効果によって、彼は脱政治性を肯定した代表人物として取り扱われる。数年のうちに、彼の開いた扉をくぐりぬけるようにして、ガロの『学生街の喫茶店』、チューリップの『心の旅』、かぐや姫の『神田川』、井上陽水の『夢の中へ』、ウィークエンドの『岬めぐり』などがセールス的に成功を収め、新しい潮流が形成される。その多くは情緒的な心情描写や風景描写を想起させる作風を持ち『プロテストフォーク』とは対比的に『抒情派フォーク』と呼ばれる。こうして若者文化に理解を示す大手企業の管轄下にあるフォークレーベルの設立や、新興プロダクションの参入を経て、フォークは完全にマーケットを確立するのである。貧病苦の重さを一切背負わないことを歌世界の約束事とするニューミュージックやシティミュージックが、1970年代から1980年代に渡ってポピュラー音楽のメインストリームを形成していったのである」と論じている。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た河合楽器製作所

    広島市内のカワイ楽器を練習拠点にし定期的にここでコンサートを開く。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た資生堂

    さらに同年、りりぃに資生堂?フェミニンのCMソングを提供し、スバル・レックス(富士重工)のCMで「僕らの旅」を自作歌唱した。このスバル・レックスのCMもテレビ・ラジオで大量露出し、当初はソノシートの非売品だったが反響が大きく、後にレコード盤が製作された。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たオリコン

    4月25日 - カバーアルバム『ぷらいべえと』を発売。カバーアルバムとして史上初のオリコン1位を獲得。この年のフォーライフのアルバムの中で最大のセールスを記録する。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た富士重工

    だが、この時期マスコミの拓郎に対する敵意がバッシングという形で現れ、ツアーのキャンセル、曲の放送禁止、他人への提供曲も放送禁止、CM(スバル・レックス(富士重工)、テクニクス(松下電器))の自粛といった処置がとられた。また無罪で無く不起訴だったためか各種媒体からの謝罪はほとんど無かった 。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た学研ホールディングス

    8月 - 立風書房から出した初めての自著・エッセイ集「気ままな絵日記」はベストセラーとなった。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見たぴあ

    この事は、従来、地元の興行師が仕切って来た運営が縮小し、地方のイベンターや、ぴあに代表されるチケット事業、情報サービス事業など、新たな産業を生み出した。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た梓みちよ梓 みちよ

    9月21日 - 楽曲提供した梓みちよ「メランコリー」発売。オリコン週間11位、1977年度年間59位を記録。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た四角佳子

    鹿児島県大口市(現:伊佐市)生まれ、広島県広島市南区西霞町育ち。学歴は鹿児島市立谷山小学校→広島市立皆実小学校→広島市立翠町中学校→広島県立広島皆実高等学校→広島商科大学(現:広島修道大学)。夫人は四角佳子→浅田美代子→森下愛子。おひつじ座。血液型A型。身長176.5cm。竹田企画所属。レコード会社はエレックレコード→CBSソニー→フォーライフ・レコード→インペリアルレコード→エイベックス。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た岡林信康

    1972年4月22日に日本武道館で行われた「フォーク・オールスター夢の競演音搦大歌合戦」なるイベントでは、岐阜の山から降りて久しぶりにステージに立った岡林信康の後に登場した拓郎に激しい“帰れコール”が浴びせられ歌が聞こえないほどであった。またビール瓶などモノを投げつけられ本当に帰る事もあったという(慶應三田祭事件(後述))。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

819件中 61 - 70件表示

「吉田拓郎」のニューストピックワード