32件中 11 - 20件表示
  • 吉田沙保里

    吉田沙保里から見た津市

    三重県津市(旧一志郡一志町)に三人兄妹の末っ子として生まれる。吉田沙保里 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田沙保里

    吉田沙保里から見たロンドンオリンピック (2012年)

    2012年6月、JOCはロンドンオリンピック開会式の旗手に吉田を選出した。吉田は「旗手は熱望していた。金メダルをとれないというジンクスを打ち破る」と述べ、8月10日(現地時間8月9日)に行われた55kg競技では予選・準決勝と勝ち上がり、決勝戦ではカナダのトーニャ・バービークと対戦。2-0で金メダルを獲得し、3大会連続五輪金メダルを達成、公約どおりジンクスを打ち破った。なお、ロンドンオリンピックでは閉会式でも旗手を務めた。吉田沙保里 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田沙保里

    吉田沙保里から見た日本スポーツ賞

    2007年5月、アジア選手権優勝。9月の世界選手権でも優勝し、女子として史上初の5連覇を達成する。同年12月5日、「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」受賞。12月18日、JOCシンボルアスリートに選出される(2008年1月1日 - 2008年12月31日)、12月20日、第57回「日本スポーツ賞」(読売新聞社制定)のグランプリ受賞。12月22日、北京オリンピックのレスリング女子55kg級の日本代表に正式決定した。吉田沙保里 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田沙保里

    吉田沙保里から見た国民栄誉賞

    2012年9月の世界選手権において、男女通じて史上最多となる世界選手権10連覇及び世界大会(五輪+世界選手権)13大会連続優勝を達成した。また、「13大会連続世界一」を達成した事を受けギネス世界記録に認定された。さらに、この功績を称え2012年11月7日に日本政府より国民栄誉賞を授与された(個人受賞としては1977年の栄誉賞創設以来19人目であり、女子スポーツ界からの受賞は高橋尚子、2011 FIFA女子ワールドカップ日本女子代表に次いで3例目)。吉田沙保里 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田沙保里

    吉田沙保里から見た日本大学

    2001年の全日本女子選手権56kg級準決勝で山本聖子(日本大学=当時)に判定(2-3)で負けて以来、公式戦119連勝を記録。また1996年より国際大会における27大会連続優勝も記録した。しかし2008年1月19日に中国の太原で開催された女子ワールドカップ団体戦においてマルシー・バンデュセン(アメリカ)に判定で敗れ連勝記録がストップ、また国際大会における初黒星を喫した。その後再び連勝街道を突き進み58連勝を記録したが、4年後の2012年5月27日に東京で開催された女子ワールドカップ団体戦決勝においてロシアのワレリア・ジョロボワに2-1の逆転負けを喫した。吉田沙保里 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田沙保里

    吉田沙保里から見た北京オリンピック

    2007年5月、アジア選手権優勝。9月の世界選手権でも優勝し、女子として史上初の5連覇を達成する。同年12月5日、「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」受賞。12月18日、JOCシンボルアスリートに選出される(2008年1月1日 - 2008年12月31日)、12月20日、第57回「日本スポーツ賞」(読売新聞社制定)のグランプリ受賞。12月22日、北京オリンピックのレスリング女子55kg級の日本代表に正式決定した。吉田沙保里 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田沙保里

    吉田沙保里から見た至学館大学

    吉田 沙保里(よしだ さおり、女性、1982年10月5日 - )は、日本のレスリング選手。身長156cm、体重56kg。背筋力は200kg超(高校時180kg)。称号は名誉修士(中京女子大学)。吉田沙保里 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田沙保里

    吉田沙保里から見た一志郡

    三重県津市(旧一志郡一志町)に三人兄妹の末っ子として生まれる。吉田沙保里 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田沙保里

    吉田沙保里から見た称号

    吉田 沙保里(よしだ さおり、女性、1982年10月5日 - )は、日本のレスリング選手。身長156cm、体重56kg。背筋力は200kg超(高校時180kg)。称号は名誉修士(中京女子大学)。吉田沙保里 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田沙保里

    吉田沙保里から見た中華人民共和国

    2001年の全日本女子選手権56kg級準決勝で山本聖子(日本大学=当時)に判定(2-3)で負けて以来、公式戦119連勝を記録。また1996年より国際大会における27大会連続優勝も記録した。しかし2008年1月19日に中国の太原で開催された女子ワールドカップ団体戦においてマルシー・バンデュセン(アメリカ)に判定で敗れ連勝記録がストップ、また国際大会における初黒星を喫した。その後再び連勝街道を突き進み58連勝を記録したが、4年後の2012年5月27日に東京で開催された女子ワールドカップ団体戦決勝においてロシアのワレリア・ジョロボワに2-1の逆転負けを喫した。吉田沙保里 フレッシュアイペディアより)

32件中 11 - 20件表示

「吉田沙保里」のニューストピックワード