前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示
  • 松平賢二

    松平賢二から見た吉田海偉吉田海偉

    世界選手権直前の4月12日に行われた第18回日本リーグ・ビッグトーナメントでは木方慎之介、吉田海偉、韓陽、水谷隼を破り優勝した。松平賢二 フレッシュアイペディアより)

  • 小西杏

    小西杏から見た吉田海偉吉田海偉

    2010年5月、チーム松下がマネージメントしていた岸川聖也、吉田海偉、高木和卓とともにテイクバックにマネージメントされることとなった。また同年6月5日、グランドプリンスホテル高輪で吉田海偉と結婚した。小西杏 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田安夫

    吉田安夫から見た吉田海偉吉田海偉

    吉田 安夫(よしだ やすお)は卓球指導者。埼玉県立熊谷商業高等学校、埼玉工業大学深谷高等学校、青森山田高等学校の卓球部で監督を務め、インターハイ優勝を何度も果たし全国優勝回数は100回以上を数える。渡辺武弘、斎藤清、岩崎清信、渋谷浩、吉田海偉、水谷隼、松平健太など全日本代表選手も多く輩出しており2006年1月に行われた第6回日本卓球人賞の指導者賞を受賞している。現在は青森山田高等学校で総監督をしている。吉田安夫 フレッシュアイペディアより)

  • ペンホルダー

    ペンホルダーから見た吉田海偉吉田海偉

    シェークハンドの柄を短く切り落とした形に近いラケットで、主に中国の選手が使用している。以前(1960年頃?)は表ソフトを貼った前陣速攻の代名詞のラケットであった。前述のようにペンホルダーながら裏面での打球も比較的容易となっているため、日本でもその理由から中国式を使用する場合もある。また、吉田海偉のように裏面には貼らず、片面のみで打つ選手もいる。ペンホルダー フレッシュアイペディアより)

  • 第50回世界卓球選手権個人戦

    第50回世界卓球選手権個人戦から見た吉田海偉吉田海偉

    日本からは男子シングルスに韓陽、水谷隼、吉田海偉、大矢英俊、松平賢二、松平健太、丹羽孝希の7名、女子シングルスに福原愛、藤沼亜衣、田勢美貴江、平野早矢香、福岡春菜、石川佳純、石垣優香の7名、男子ダブルスに水谷隼、岸川聖也組、松平健太、丹羽孝希組、松平賢二、上田仁組、女子ダブルスに福原愛、平野早矢香組、藤井寛子、石川佳純組、樋浦令子、藤沼亜衣組、混合ダブルスに田勢邦史、田勢美貴江組、水谷隼、平野早矢香組、岸川聖也、石川佳純組、松平健太、福原愛組、松平賢二、若宮三紗子組、上田仁、福岡春菜組、丹羽孝希、森薗美咲組が選ばれた。混合ダブルスの田勢、田勢組は世界選手権日本代表としては初の夫婦によるダブルスであった。第50回世界卓球選手権個人戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第50回世界卓球選手権団体戦

    第50回世界卓球選手権団体戦から見た吉田海偉吉田海偉

    男子 水谷隼(11位), 吉田海偉(21位), 岸川聖也(31位), 松平健太(33位), 張一博(154位), 監督:宮崎義仁第50回世界卓球選手権団体戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第48回世界卓球選手権個人戦

    第48回世界卓球選手権個人戦から見た吉田海偉吉田海偉

    吉田海偉(72位)2回戦でパナイオティス・イオニス(101位)に敗退。第48回世界卓球選手権個人戦 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見た吉田海偉吉田海偉

    男子シングルス優勝 : 吉田海偉(2年連続2回目)2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 岸川聖也

    岸川聖也から見た吉田海偉吉田海偉

    北九州市立引野中学校を卒業後故郷を離れ東北にスポーツ留学し、2006年仙台育英学園高等学校卒業。在学中日本人として初めて夏のインターハイの男子シングルスで3連覇を達成した。日本人以外を含めてもこれを達成したのは岸川と宋海偉(1997-1999年の3連覇。現吉田海偉)だけである。岸川聖也 フレッシュアイペディアより)

  • 水谷隼

    水谷隼から見た吉田海偉吉田海偉

    2006年(平成18年)度の全日本では男子シングルス、男子ダブルス、男子ジュニアの部シングルスを制し3冠を達成した。このうち男子シングルスでは3連覇を狙った吉田海偉を決勝で破り、史上最年少の17歳7ヶ月での優勝であった。この優勝で2007年クロアチア・ザグレブでの世界選手権(シングルス)の出場が決定した。水谷隼 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示

「吉田海偉」のニューストピックワード