1 2 次へ
13件中 11 - 13件表示
  • パナギオティス・ギオニス

    パナギオティス・ギオニスから見た吉田海偉吉田海偉

    世界選手権には1997年のマンチェスター大会から2009年の横浜大会にかけて11大会連続出場しており、2005年の上海大会では男子シングルスの1・2回戦で、それぞれプリモラッツと吉田海偉を破り、3回戦にまで進出。そして2009年の横浜大会では荘智淵などを破り4回戦まで進出し、ベスト16入りした。パナギオティス・ギオニス フレッシュアイペディアより)

  • 卓球

    卓球から見た吉田海偉吉田海偉

    通称ペンドラ。主にフォアハンドドライブによって攻める。回り込みや飛びつきなど、フットワークを活かしたダイナミックなプレーをする選手が多い。構造上シェークハンドドライブ型ほど強いバックハンドドライブを打つのは難しいといわれるが、それを十二分に補えるだけの得点力のある快速プッシュや、バックハンドスマッシュを得意とする選手もいる。しかし、基本的にペンホルダーの弱点はバックである。それ故、回り込んだところに逆コースを突かれて守勢に回ってしまうことも多い。しかし、最近は中国を中心に、裏面打法によって強力なバックハンドドライブ(いわゆる裏面ドライブ)を打つ選手もいる。韓国の柳承敏、中国の王皓や馬琳、日本の吉田海偉が有名。卓球 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見た吉田海偉吉田海偉

    男子シングルス優勝 : 吉田海偉 (日産自動車)2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
13件中 11 - 13件表示

「吉田海偉」のニューストピックワード