前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示
  • 2017年の政治

    2017年の政治から見た吉田雄人吉田雄人

    24日 - 吉田雄人横須賀市長が自身の名刺を提示すると観光ツアーの料金割引が受けられると記載していた問題で、市議会において市長に対する問責決議案が賛成多数で可決された。2017年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀美術館

    横須賀美術館から見た吉田雄人吉田雄人

    谷内六郎は生前、横須賀市内にアトリエを構えるなどゆかりがあり、1998年に遺族が『週刊新潮』の表紙絵約1300点をはじめとする作品を横須賀市に寄贈。谷内六郎館で常設展示されている。当初、作品の保存管理などを助言する専門委員として遺族に報酬(月額22万8700円)が12年間支払われていたが、横須賀市の吉田雄人市長は財政難を理由に2010年度予算に計上せず契約を打ち切った。遺族は寄贈した作品の返還を求め提訴したが、横浜地方裁判所は原告の請求を棄却した。横須賀美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 仲川元庸

    仲川元庸から見た吉田雄人吉田雄人

    2009年3月10日、奈良市長の藤原昭が奈良市議会本会議において、JR奈良駅前のホテル誘致計画の失敗に関する責任を取り、同年7月の奈良市長選挙に再選を目指して出馬しない意向を表明した。民主党奈良県連代表の馬淵澄夫衆議院議員から要請を受け、民主党の推薦を得て奈良市長選挙への立候補を表明する。選挙戦では自身の陣営が作成した政策集「奈良マニフェスト」に基づき、3大ゼロ「行政のムダゼロ」「生活の不安ゼロ」「観光の渋滞ゼロ」を掲げ、大型公共事業の見直しや特別職の退職金廃止による財源確保、待機児童解消や病院のたらい回しが起きない地域医療体制の構築による教育、医療、生活分野の安定及び拡充、奈良市政の情報公開による市役所機能の向上等を公約した。当初は衆議院議員を辞職して出馬した元奈良市長の鍵田忠兵衛(自由民主党・公明党)に比べて知名度が劣っており、また仲川の政治経験の少なさを懸念する意見も存在したが、前月に千葉市(熊谷俊人市長)や横須賀市(吉田雄人市長)で相次いで30代前半の市長が誕生した「世代交代」の機運に乗って、7月12日投開票の奈良市長選で次点の鍵田に約1万4千票の差をつけ、2人の対立候補を破って初当選した。当選時の年齢は33歳5ヶ月で、現職の市長では三重県松阪市長の山中光茂(1976年1月15日生)を下回り、2009年6月に当選した千葉市長の熊谷俊人(1978年2月18日生)に次いで2番目に若い市長であった。市長就任後、奈良市の土地開発公社を解散させて負債の利子総額を今後20年間で約86億円カットし、また大型公共工事の入札制度の見直しや事業の整理統合、人件費の削減等、行財政改革を推進した。仲川元庸 フレッシュアイペディアより)

  • 寺田周平

    寺田周平から見た吉田雄人吉田雄人

    2009年6月に横須賀市長となった吉田雄人とは県立横須賀高校での同級生である。吉田は横須賀市議時代の2008年4月に寺田が日本代表候補に選ばれた際に自分のブログで祝辞を送り、寺田は吉田が市長選挙で当選した際に共通の知人を通じてメールを送っている。寺田周平 フレッシュアイペディアより)

  • 早稲田大学雄弁会

    早稲田大学雄弁会から見た吉田雄人吉田雄人

    吉田雄人(神奈川県・横須賀市市長)早稲田大学雄弁会 フレッシュアイペディアより)

  • 上地克明

    上地克明から見た吉田雄人吉田雄人

    2017年3月28日、横須賀市役所で記者会見を開き、6月の横須賀市長選に出馬する意向を表明した。地元選出の小泉進次郎からも支援を受けたほか、自民・民進・公明3党の推薦を受けて無所属で立候補し、3選を目指した現職の吉田雄人市長らを破り、当選した。上地克明 フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀市

    横須賀市から見た吉田雄人吉田雄人

    35 - 36代 吉田雄人(2009年7月10日 - 2017年7月9日 )横須賀市 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県立横須賀高等学校

    神奈川県立横須賀高等学校から見た吉田雄人吉田雄人

    吉田雄人 (元横須賀市長)神奈川県立横須賀高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 樋渡啓祐

    樋渡啓祐から見た吉田雄人吉田雄人

    そうした負の側面に留まらず、言動や政治手法には批判もあった。他の首長の選挙における応援演説では、対立候補を徹底的にこき下ろしたとされる。2013年1月27日投票の松阪市長選挙で樋渡は現職の山中光茂を応援し、対立候補を応援した当時の自民党幹事長石破茂について「政権与党の幹事長なんかが、地方の首長選に肩入れするなっての。」とブログに記した。また2013年6月30日投票の横須賀市長選挙でも樋渡は現職の吉田雄人を応援する上で自公推薦、小泉進次郎が選対本部長を務めた対立候補に対して「談合相乗り」と非難し、この応援を歓迎した吉田ともども横須賀市議会議員の藤野英明から抗議されたが、吉田も樋渡も謝罪することはなかった。樋渡啓祐 フレッシュアイペディアより)

  • 一新塾

    一新塾から見た吉田雄人吉田雄人

    吉田雄人 (第35代横須賀市長・アクセンチュア出身) 21期生一新塾 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
11件中 1 - 10件表示

「吉田雄人」のニューストピックワード