28件中 11 - 20件表示
  • 吉田雄人

    吉田雄人から見た横須賀市

    吉田 雄人(よしだ ゆうと、1975年(昭和50年)12月3日 - )は、日本の政治家。神奈川県横須賀市長(2期)、横須賀市議会議員(2期)を歴任した。吉田雄人 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田雄人

    吉田雄人から見た早稲田大学政治経済学部

    東京都北区生まれ。神奈川県立横須賀高等学校卒業。1999年(平成11年)3月、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。早大在学中は雄弁会に所属していた。同年7月、アクセンチュア株式会社に入社。2002年(平成14年)、同社を退職。2006年(平成18年)、早稲田大学大学院政治学研究科修士課程を修了。大学院では地方自治を専攻した。吉田雄人 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田雄人

    吉田雄人から見た大学院

    東京都北区生まれ。神奈川県立横須賀高等学校卒業。1999年(平成11年)3月、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。早大在学中は雄弁会に所属していた。同年7月、アクセンチュア株式会社に入社。2002年(平成14年)、同社を退職。2006年(平成18年)、早稲田大学大学院政治学研究科修士課程を修了。大学院では地方自治を専攻した。吉田雄人 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田雄人

    吉田雄人から見た神奈川県立横須賀高等学校

    東京都北区生まれ。神奈川県立横須賀高等学校卒業。1999年(平成11年)3月、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。早大在学中は雄弁会に所属していた。同年7月、アクセンチュア株式会社に入社。2002年(平成14年)、同社を退職。2006年(平成18年)、早稲田大学大学院政治学研究科修士課程を修了。大学院では地方自治を専攻した。吉田雄人 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田雄人

    吉田雄人から見た日本財団

    2015年、日本財団とともに日本初のソーシャルインパクトボンド事業を実施、横須賀市での特別養子縁組の推進の取り組みを開始する。吉田雄人 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田雄人

    吉田雄人から見た日本

    吉田 雄人(よしだ ゆうと、1975年(昭和50年)12月3日 - )は、日本の政治家。神奈川県横須賀市長(2期)、横須賀市議会議員(2期)を歴任した。吉田雄人 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田雄人

    吉田雄人から見た辞職勧告決議

    3月24日には、市議会において、「名刺を配布し続けたことの道義的責任は極めて重い」として市長に対する問責決議案が賛成多数で可決された。5月10日には市議会においてさらに辞職勧告決議案を賛成多数で可決されているが、決議に法的拘束力はなく吉田市長は「辞職しない」と話している。吉田雄人 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田雄人

    吉田雄人から見たインターネットアーカイブ

    横須賀市長吉田雄人のユーティング・ブログ! - 閉鎖。(2012年7月12日時点のアーカイブ吉田雄人 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田雄人

    吉田雄人から見た修士課程

    東京都北区生まれ。神奈川県立横須賀高等学校卒業。1999年(平成11年)3月、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。早大在学中は雄弁会に所属していた。同年7月、アクセンチュア株式会社に入社。2002年(平成14年)、同社を退職。2006年(平成18年)、早稲田大学大学院政治学研究科修士課程を修了。大学院では地方自治を専攻した。吉田雄人 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田雄人

    吉田雄人から見た神奈川県第11区

    同年6月28日執行の横須賀市長選には、特定政党の推薦や支持を受けずに無所属で出馬。自民・公明・民主3党の推薦に加え、横須賀市を含む神奈川県第11区選出の小泉純一郎元首相の支援も受けて出馬した現職の蒲谷亮一横須賀市長、および弁護士の呉東正彦らを破り、初当選した。得票数は、吉田:68,628票、蒲谷:64,147票、呉東:23,134票。投票率は、45.22%。同年7月10日、市長に就任。吉田雄人 フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「吉田雄人」のニューストピックワード