前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
90件中 1 - 10件表示
  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た吉見一起吉見一起

    ''、前年最多勝の吉見一起と共に「東日本大震災復興支援ベースボールマッチ」侍ジャパンのメンバーに選出された。しかし、シーズン前から原因不明のストレートの減速に悩まされ、シーズンに入っても調子が上がらず、開幕から38試合で21試合に登板して失点6。前年(開幕から37試合で21試合に登板して失点2)を上回るペースで失点を喫し、5月14日に登録抹消となった。契約更改では、4000万円減の2億2000万円で更改した。オフの12月4日に、第3回WBC日本代表候補選手34人が発表され候補入りした。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 川島慶三

    川島慶三から見た吉見一起吉見一起

    東京都内の病院で検査の結果、右手親指付け根の靭帯損傷と診断され、4月4日に一軍選手登録を抹消された。4月25日に再昇格すると、4月26日の対中日ドラゴンズ戦で小笠原孝から4打数3安打を放ってプロ入り初の猛打賞を記録した。翌4月27日には吉見一起から4回第2打席にレフトにソロ本塁打を放ち、これがプロ入り初本塁打となった。4月30日の対阪神タイガース戦でも猛打賞を記録し、4月終了時点では打率.333(42打数14安打)だった。6月29日の対阪神戦では7回同点一死一三塁の場面で代打起用され、ジェフ・ウィリアムスからレフトに決勝打となる犠牲フライを打ち、これが代打でのプロ入り初打点となった。6月21日以降ウィルソン・バルデスが足を故障した宮本慎也に代わる遊撃手として出場していたが、7月16日に川島が代打からプロ初の遊撃手の守備に付いたのをきっかけに、7月20日の対広島東洋カープ戦で遊撃手でプロ初の先発起用となり、その後正遊撃手の座を獲得した。8月31日から9月10日、9月12日から9月20日に8試合連続安打を2度記録するなど9月は月間打率.378(74打数28安打)と好調だった。規定打席に29打席足りなかったものの、自己最多の121試合(先発96試合)に出場し、初めてシーズンを通して一軍に定着。リーグ7位の20盗塁を記録し、盗塁成功率.952(企図数21)は同年の10盗塁以上の選手の中でリーグトップだった。川島慶三 フレッシュアイペディアより)

  • 細山田武史

    細山田武史から見た吉見一起吉見一起

    横浜は前年の正捕手・相川亮二がFA移籍し、阪神から野口寿浩がFA加入し、大矢明彦監督から正捕手候補として期待されていた。キャンプでアピールを重ね、新人ながら同期の松本啓二朗、山崎憲晴と共に開幕一軍入りを果たした。4月4日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)で5点ビハインドの5回裏の守備から途中出場し、4人の中継ぎ投手をリードして4イニングを1失点に抑え、プロ初出場を果たした。打撃は吉見一起の前に2打数無安打と抑えられた。野口が開幕マスク4連敗したため4月8日の対読売ジャイアンツ戦でプロ初となる先発マスクを被り、工藤公康とのバッテリーを組んだが、制球が定まらず本塁打を4本浴び、5イニング8失点で敗戦した。2打席目に福田聡志から二塁打を放ってプロ初安打、その後内藤雄太のゴロで生還して初得点を記録した。先発マスクで2連敗したため再び正捕手は野口に戻ったが、4月下旬から奪い返した。4月24日の対東京ヤクルトスワローズ戦では初めて横浜のエース・三浦大輔とバッテリーを組み8回2/3で無失点に抑え、代わった石井裕也で後続も断ち、捕手としてプロ入り初の完封勝利を果たした。4月26日の同カードでは由規から押し出し四球でプロ初打点を挙げた。4月28日の対阪神タイガース戦では6回1点ビハインド二死満塁の場面で走者一掃の二塁打を放ち、プロ初タイムリー打と初マルチヒットを記録した。5月8日の対阪神戦では三浦が完封勝利し、プロ入り初めて先発投手を完封に導いた。翌日5月9日の同カードでも完封リレーで自身初の連続完封勝利となり、投手陣や首脳陣の信頼を得た。5月18日から無期限休養となった大矢監督に代わって、湘南シーレックスの田代富雄が指揮を執り始めると、新沼慎二と武山真吾の起用機会も増え、6月以降は新沼とのスタメン併用、7月以降は黒羽根利規、武山との併用となっていった。田代体制ではスクイズや盗塁アシストなど小技を見せる機会が増えた。5月29日から6月26日の10試合で先発マスクで10連敗した。8月27日の対阪神戦の7回に見逃しと空振りでリーグ31人目となる1イニング2三振を記録した。8月下旬以降は打率.160前後で、被盗塁も多くバントミスもあり、三浦先発時に2試合連続チームが敗戦したことなどから9月9日に二軍降格となった。降格後の9試合で29打数10安打、打率.345を残したが、9月18日のイースタン・リーグ対千葉ロッテマリーンズ戦の5回フライ捕球守備の際に三塁手・村田修一と交錯し、左太腿を強打して筋挫傷となり、そのまま二軍でシーズンを終え、フェニックス・リーグも不参加となった。最終的にチーム捕手最多となる88試合に出場したが、盗塁阻止率はリーグワーストの.173、打率も.158と課題を残した。チームの盗塁阻止率.181とした張本人であり、セントラル・リーグのチームの盗塁阻止率が2割に満たなかったのは1997年の中日ドラゴンズ以来12年ぶりの失態となった。62試合で先発マスクを被り、フル出場した30試合では17勝13敗、3完封勝利だった。エース・三浦大輔との15試合では7勝6敗だったが、最も多く組んだレス・ウォーランドとのコンビでは18試合で5勝9敗、その他の先発とは29試合で3勝14敗と大幅に負け越し、チームがリーグ最下位(勝率.354)となる一因を作った。細山田武史 フレッシュアイペディアより)

  • 久本祐一

    久本祐一から見た吉見一起吉見一起

    不調で二軍暮らしが長く、防御率6点台と低迷した。同年オフに入団した吉見一起が背番号19をつけることになり、61に変更となった。久本祐一 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本シリーズ

    2011年の日本シリーズから見た吉見一起吉見一起

    投手:13岩瀬仁紀、16小川龍也、17川井雄太、19吉見一起、21チェン、23鈴木義広、26山内壮馬、29山井大介、33平井正史、39三瀬幸司、41浅尾拓也、49マキシモ・ネルソン、60河原純一、61久本祐一、64小熊凌祐、67高橋聡文、69小林正人、70エンジェルベルト・ソト2011年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 福田秀平

    福田秀平から見た吉見一起吉見一起

    ''、1月は田中浩康に弟子入りして海外自主トレを行い、春季キャンプはA組スタートとなったが、練習試合の守備でミスを連発してB組降格となった。同年の二軍公式戦では3月から一塁手、5月7日から外野手として出場した。4月29日に、4年目にして初めて出場選手登録され、4月30日の対千葉ロッテマリーンズ戦(福岡 Yahoo! JAPANドーム)で8回1点リード一死満塁の場面で李ボム浩の代走として出場し、プロ初出場を記録した。その後は代走で出場し、5月12日の対中日ドラゴンズ戦の6回にプロ初打席を代打で迎えたが吉見一起の前に空振り三振に倒れた。5月22日の対広島戦では8番中堅手でプロ初の先発出場を果たし、4点リードの3回第2打席・一死満塁の場面で梅津智弘からレフト線へ2点エンタイトルツーベースで初安打・初打点を記録した。中堅手としては二軍で2試合しか守った事が無かったため、7回5点リード一死二三塁の守備では石原慶幸の打球を追う際に転倒し、これが2点タイムリー打となって直後に先発・和田毅は降板、自身も城所龍磨と交代した。6月6日に長谷川勇也に代わり二軍降格となったが、6月22日再昇格し、7月19日の対埼玉西武ライオンズ戦の5回2点リード一死一塁の場面で許銘傑?上本達之バッテリーからプロ初盗塁を記録して得点も挙げた。その後は代走要員としてシーズン終了まで一軍に残り、最終的に44試合で15得点を挙げたが、盗塁は3つにとどまった。一軍では先発出場はわずか4試合、守備時は外野の全ポジションと一塁で起用された。福田秀平 フレッシュアイペディアより)

  • 陳偉殷

    陳偉殷から見た吉見一起吉見一起

    は速球のキレが冴え、ストレート(フォーシーム)の被打率は藤川球児を抑えて球界トップの.183をマークした。開幕3戦目の4月5日の対横浜ベイスターズ戦で今季初先発し、6回3安打無失点で初勝利を挙げた。8月の月間成績は4試合33イニングで1完封を含む3勝0敗、防御率0.82、WHIP0.79の活躍で自身初の月間MVPを受賞。クオリティ・スタート(6回3失点以内)を19回記録したが、そのうち11回で勝ち星がつかないなど打線の援護に恵まれず、6月の故障離脱もあり8勝に終わった。二桁勝利には届かなかったものの、シーズンを通して安定感を誇り、防御率1.54と2位以下に大差をつけ最優秀防御率のタイトルを獲得した。また、シーズン通算4完封は吉見一起・涌井秀章と並び両リーグ最多であった。陳偉殷 フレッシュアイペディアより)

  • 吹田市立片山中学校

    吹田市立片山中学校から見た吉見一起吉見一起

    吉見一起 - プロ野球選手吹田市立片山中学校 フレッシュアイペディアより)

  • ニック・スタビノア

    ニック・スタビノアから見た吉見一起吉見一起

    初打席:同上、1回表に吉見一起から左飛ニック・スタビノア フレッシュアイペディアより)

  • ただ、ありがとう

    ただ、ありがとうから見た吉見一起吉見一起

    中日ドラゴンズ吉見一起選手登場曲(2011年 - )ただ、ありがとう フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
90件中 1 - 10件表示

「吉見一起」のニューストピックワード