前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示
  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た吉見一起吉見一起

    、前年最多勝の吉見一起と共に「東日本大震災復興支援ベースボールマッチ」侍ジャパンのメンバーに選出された。シーズンではセットアッパーとして起用されるも、5月13日の時点で既に21試合6失点(自責点5)と昨年を上回る失点を喫し、5月14日に登録抹消となった 。9月17日に一軍に復帰し、復帰後はシーズン終盤からクライマックスシリーズ終了まで山井大介、田島慎二とともにリリーフで活躍した。11月10日に第1子となる長男が誕生。契約更改では、4000万円減の2億2000万円で更改。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本シリーズ

    2011年の日本シリーズから見た吉見一起吉見一起

    投手:13岩瀬仁紀、16小川龍也、17川井雄太、19吉見一起、21チェン、23鈴木義広、26山内壮馬、29山井大介、33平井正史、39三瀬幸司、41浅尾拓也、49マキシモ・ネルソン、60河原純一、61久本祐一、64小熊凌祐、67高橋聡文、69小林正人、70エンジェルベルト・ソト2011年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 久本祐一

    久本祐一から見た吉見一起吉見一起

    2005年不調で二軍暮らしが長く、防御率6点台と低迷した。同年オフに入団した吉見一起が背番号19をつけることになり、61に変更となった。久本祐一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た吉見一起吉見一起

    6月4日対西武戦の5回の守備の際、高山久とのクロスプレーで左ひざ内側側副靭帯を損傷し約2カ月間登録抹消。谷繁不在の間、チームは15勝21敗1分けと大きく負け越したが、谷繁はその間リハビリと上半身のトレーニングに懸命に取り組み、7月29日に一軍復帰した後は打率.301、打点23と打撃面でも活躍して不在の穴を埋めた。9月末には球団記録にあと1つに迫る10試合連続打点もマークするなど、ペナントレース終盤の逆転優勝劇に大きく貢献し、2年ぶりのゴールデングラブ賞を、吉見一起と共に5年ぶりに最優秀バッテリー賞を受賞。8月25日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)で、プロ23年目、通算2594試合目にしてプロ入り初めて一塁手としてスタメン出場をした。なお、一塁手に限らず公式戦で捕手以外の守備に就いたのも初めてである。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た吉見一起吉見一起

    セ:東野(巨人)、久保康(阪神)、浅尾(中日)、吉見(中日)、山口(横浜)、林昌勇(ヤクルト)、 - 城島(阪神)、相川(ヤクルト)2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 梅原伸亮

    梅原伸亮から見た吉見一起吉見一起

    京都・寺戸中学時代の同級生にロッテの今江敏晃がいる。金光大阪高等学校では3年春からベンチ入りで、1年後輩には中日の吉見一起がいる。梅原伸亮 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た吉見一起吉見一起

    勝利投手:杉内(ソフトバンク) 、敗戦投手:吉見(中日)2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た吉見一起吉見一起

    中:○吉見(8回) - S岩瀬(1回)2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 西川健太郎

    西川健太郎から見た吉見一起吉見一起

    石川という土地柄もあり、中日ファンである。ドラフト指名時には「中日は小さいころから憧れだった。若い投手が育っている球団という印象がある。肘をしなやかに使えるフォームには、自信を持っている。プロでは結果にこだわり、勝てる投手になる」と発言している。ちなみに2010年末、名古屋の治療院で後にチームメイトとなる吉見一起と偶然顔を合わせたが、「プライベートだと思ったので声はかけませんでした」。西川健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 森繁和

    森繁和から見た吉見一起吉見一起

    投手交代などのタイミングが絶妙である上、口が堅く絶対に投手の調子などを外に漏らさないなど、各首脳陣から絶大な信頼を受けている。選手に対して指導が厳しく、西武投手コーチ時代に駒澤大学の後輩でもある竹下潤がふがいないピッチングでKOされた際には、当時バッテリーコーチだった大宮龍男(大学時代にバッテリーを組んでいた)とステレオで竹下を怒鳴りつけたこともある。しかし、兄貴分として慕われ、人望が厚い。吉見一起はトークショーで「森コーチは怖かったですか?」という質問に対して「あの人は怖くないんです。すごくいいお父さんという感じ。テレビで見る姿と本当の森さんは違う。本当にいい人」と答えていた。但し、「1度だけメチャクチャ怒られた事がある」とも答えている。森繁和 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示

「吉見一起」のニューストピックワード