61件中 21 - 30件表示
  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た吉見一起吉見一起

    ファーム日本選手権が山形県野球場で行われ、ウエスタン・リーグ優勝の中日がイースタン・リーグ優勝の巨人を7?2で破り、3年ぶり4回目のファーム日本一に輝いた。最優秀選手は、中盤5イニングのロングリリーフを見せた吉見一起投手(中日)が獲得。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 強竜打線

    強竜打線から見た吉見一起吉見一起

    森野・和田をはじめとする打撃陣が絶不調に陥り、打線もシーズン終盤まで固定できず12球団ワーストのチーム打率・総得点を記録した年。一時前半戦から首位を独走したヤクルトと10ゲーム差以上をつけられたものの、吉見一起・浅尾拓也ら投手陣の奮起と夏場以降離脱していた谷繁・井端・ブランコが復帰、打線が固定され少ないチャンスを生かして確実に点を取ることができるようになったことで、落合の突然の退任発表もありながら大逆転で球団史上初の連覇を決めた。打撃の記録こそ低かったが、平田良介の2試合連続サヨナラホームランや小池正晃の代打満塁逆転ホームランなどファンの記憶に多く残る活躍もあった。シーズンMVPはリリーフエースの浅尾拓也(ゴールデングラブ賞もリリーフ投手として初受賞)。強竜打線 フレッシュアイペディアより)

  • 下園辰哉

    下園辰哉から見た吉見一起吉見一起

    初盗塁:2009年7月18日、対中日ドラゴンズ11回戦(横浜スタジアム)、4回裏に二盗(投手:吉見一起、捕手:谷繁元信)下園辰哉 フレッシュアイペディアより)

  • 陳偉殷

    陳偉殷から見た吉見一起吉見一起

    は速球のキレが冴え、ストレートの被打率は藤川球児(阪神)を抑え球界トップの.183をマークした。開幕3戦目の4月5日の対横浜ベイスターズ戦で今季初先発し、6回3安打無失点で初勝利を挙げた。8月の月間成績は4試合33イニングで1完封を含む3勝0敗、防御率0.82、WHIP0.79の活躍で自身初の月間MVPを受賞。この年の月間防御率は最も悪かった9・10月でさえ2.15であり、年間通じて安定感を維持した。クオリティ・スタート(6回3失点以内)を19回記録したが、そのうち11回で勝ち星がつかないなど打線の援護に恵まれず、6月の故障離脱もあり8勝に終わった。二桁勝利には届かなかったものの、シーズンを通して抜群の安定感を誇り、防御率1.54と2位以下に大差をつける驚異的な数値で最優秀防御率のタイトル(セ・リーグ歴代10位)を獲得した。また、シーズン通算4完封は吉見一起・涌井秀章と並び両リーグ最多であった。陳偉殷 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村裕基

    吉村裕基から見た吉見一起吉見一起

    100本塁打:2009年10月3日、対中日ドラゴンズ24回戦(横浜スタジアム)、6回裏に吉見一起から左中間へ2ラン ※史上257人目吉村裕基 フレッシュアイペディアより)

  • 柳田悠岐

    柳田悠岐から見た吉見一起吉見一起

    初打席:2011年6月16日、対中日ドラゴンズ4回戦(ナゴヤドーム)、5回表に吉見一起から一ゴロ柳田悠岐 フレッシュアイペディアより)

  • 金子千尋

    金子千尋から見た吉見一起吉見一起

    風水に凝っており、トヨタ自動車の後輩である吉見一起にも影響を与えている。金子千尋 フレッシュアイペディアより)

  • 福田秀平

    福田秀平から見た吉見一起吉見一起

    初打席:2010年5月12日、対中日ドラゴンズ1回戦(ナゴヤドーム)、6回表に吉見一起の前に三振福田秀平 フレッシュアイペディアより)

  • 内海哲也

    内海哲也から見た吉見一起吉見一起

    は開幕投手こそ東野に譲ったが、春先から好調を維持。4月13日の対ヤクルト戦(北九州市民球場)でシーズン初勝利を挙げると、5月6日の対中日戦から6月18日の対西武戦まで7連勝した。この期間中、5月28日の対ロッテ戦(QVCマリンフィールド)で完封勝利、前述の西武戦では1失点完投勝利を挙げ、同年5月の月間MVP(月間MVP受賞は自身2度目)と交流戦優秀選手をそれぞれ受賞した。その後も新たに習得したフォークを武器に安定した投球を続け、前年の不調を断ち切るエース級の働きをみせ、7月19日の対中日戦(新潟県立野球場)でセリーグ投手最速で10勝目に到達。9月25日の対阪神戦(甲子園)では自己新記録となる15勝目を挙げた。巨人の左腕投手の15勝到達は1979年の新浦寿夫以来、32年ぶりであった。最終戦となった10月22日の対横浜戦では、長野久義の代打逆転サヨナラ満塁本塁打で18勝目をあげ吉見一起(中日)とともに、巨人の左腕投手としては1969年の高橋一三以来42年ぶりとなる最多勝を獲得。防御率も自己最高となる1.70の好成績を残した。内海哲也 フレッシュアイペディアより)

  • マット・マートン

    マット・マートンから見た吉見一起吉見一起

    後半戦は前半戦を挟んで5試合安打が出なかったが、最終的にシーズンを通して2試合以上安打が出なかったのはこの1回限りで、以降はこれまでと同じく安打を量産していった。9月5日の対広島戦の8回表1死2塁から、この日3本目の安打となる中前適時打を打ち、来日1年目の外国人史上最多となるシーズン175安打(それまでは1997年にフィル・クラークが記録した174安打)を記録し、16日の対横浜ベイスターズ戦の8回には加賀繁からこの試合3安打目となる右前打を打ち、藤村富美男の球団記録に並ぶ191安打を記録。18日には3安打を放ち、194安打と球団記録を更新すると共にシーズン安打歴代5位の記録となり、マルチ安打も60度目と球団新記録となった。19日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦で球団新記録となる22回目の猛打賞を記録。23日の対中日ドラゴンズ戦第4打席では吉見一起から史上4人目となるシーズン200安打目のソロホームランを放ち、28日の対巨人戦第3打席で内海哲也からシーズン最多安打のセ・リーグ新記録となる205安打目のヒットを放ち、プロ野球史上3人目となるシーズン200安打以上・100得点も達成し、29歳の誕生日である10月3日の対広島戦の第4打席ではレフトへヒットを打ち、イチローに並ぶ日本記録の210安打を達成。10月5日の対東京ヤクルトスワローズ戦第2打席で中澤雅人からセンター前ヒットを打って日本プロ野球新記録のシーズン211安打を達成し、この試合で24回目の猛打賞を記録。最終的にリーグ3位の打率.349, 両リーグ通じて最多の214安打を放ち、最多安打のタイトルを獲得し、ベストナインにも選ばれた。また、『週刊ベースボール』誌上の読者投票「今年最も活躍した外国人選手」では、77%の得票で1位となった。マット・マートン フレッシュアイペディアより)

61件中 21 - 30件表示

「吉見一起」のニューストピックワード