90件中 21 - 30件表示
  • ダン・ジョンソン

    ダン・ジョンソンから見た吉見一起吉見一起

    初打席:同上、1回表に吉見一起から空振り三振ダン・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • 1984年のスポーツ

    1984年のスポーツから見た吉見一起吉見一起

    9月19日 - 吉見一起(京都府、野球)1984年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉光雄

    稲葉光雄から見た吉見一起吉見一起

    引退後は1年間東海ラジオの野球解説者を務めた後、1986年から1996年まで中日二軍投手コーチ、1997年は中日育成チーフコーチ、1998年から2001年までは日本ハムの投手コーチを務めた。2002年から2008年までの7年間テレビ愛知・東海ラジオ野球解説者を務め、2009年に再び中日の投手コーチとして復帰。若手投手の育成に力を注ぎ、吉見一起や山内壮馬やマキシモ・ネルソンなど多くの投手を育て、就任前年に低迷した投手陣の再建と球団史上初の連覇に大きく貢献した。稲葉光雄 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の中日ドラゴンズ

    2011年の中日ドラゴンズから見た吉見一起吉見一起

    最優秀防御率:吉見一起(1.65、初受賞)2011年の中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た吉見一起吉見一起

    4月21日 - ヤクルトのアレックス・ラミレスが対中日戦(神宮)の5回に吉見一起からNPB史上244人目の通算1000安打2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見た吉見一起吉見一起

    1月13日、読売ジャイアンツが1年契約での獲得を発表した。外国人枠の関係で開幕を2軍で迎えるが、この間に2軍投手コーチ小谷正勝の指導でチェンジアップを習得。不振のエドガルド・アルフォンゾと入れ替わる形で5月に1軍昇格すると、5月3日の阪神戦で移籍後初勝利。そこから5連勝、34イニング連続無四球という抜群の安定感を見せ、すぐにローテーションの軸となる。しかし、右肘靭帯手術という経歴を考慮し、どんなに好投しても100球前後で降板していた。5月は5勝0敗・防御率1.56の成績で、自身初の月間MVPを広島の大竹寛と同時受賞した。6月5日の対日本ハム戦で開幕からの連勝を6に伸ばし、沢村栄治の球団記録とレオ・カイリーの外国人投手記録に並んだ。なお、6月26日の対ヤクルト戦に先発した際には、尊敬してきたマイケル・ジャクソンの急逝報道の当日であったため、登場のテーマソングをジャクソンの「スリラー」に変更した。前半戦の活躍が評価され、オールスターゲームに監督推薦で初選出され、札幌ドームで行われた第1戦の先発投手を務めた。8月11日の広島戦(マツダスタジアム)で自身初のシーズン10勝目をマーク。その後も安定したピッチングを続け、シーズン終盤まで吉見一起(中日)、館山昌平(ヤクルト)と最多勝を争いを繰り広げた。最多勝こそ逃したが、最終的にチームトップとなる15勝(2敗)、防御率2.11の成績を残した。シーズンを通じて大崩れした試合はほとんどなく、自責点が5以上だった試合は1度も無かった。中日とのCSファイナルステージ第1戦では先発を任されたが初回に5失点するなど不調で敗戦投手となるもチームがそこから3連勝して日本シリーズに進出した。そして日本ハムとの日本シリーズでは第1戦に先発して勝利投手となり、第5戦でも勝利投手にこそならなかったが好投を見せ、第6戦にチームは勝利して日本一を達成し、優秀選手賞を受賞。リーグ優勝・日本一に大きく貢献した。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の中日ドラゴンズ

    2013年の中日ドラゴンズから見た吉見一起吉見一起

    前年まで11年連続Aクラス入りしていた中日は、エース吉見が開幕直後に怪我で離脱したのもあり、当初から優勝戦線から離脱してAクラス入り争いに終始した。8月終了時点で3位広島に1.5ゲーム差とシーズン終盤までAクラス入りの望みを繋いだが、広島が9月以降に貯金7を重ねたのに対して、中日は勝率5割に留まり、シーズンを4位で終了し、連続Aクラス入りが11年で止まった。新加入のルナが7月に怪我で離脱するまで4割近い高打率でチームを牽引したが、荒木・井端・和田らベテラン選手が振るわず、リーグ最下位の得点力に終わった。2013年の中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 館山 昌平

    館山昌平から見た吉見一起吉見一起

    に千葉県館山市の「スポーツ大使」に就任。館山市が同じ名前であることにちなんで館山にオファーを出し、それを快諾したもの。2009年1月24日に任命式があり、翌25日には館山若潮マラソンのスターターを務め、10キロの部に飛び入り参加している。4月28日の中日戦で4年ぶりの無四球完投勝利(被安打7、失点1)。5月28日のオリックス戦で2008年8月から続く連勝を12に伸ばし、57 - 58年の金田正一による球団記録を51年ぶりに更新、記録は14まで伸ばしたものの6月26日の巨人戦で7失点を喫し記録は止まった。7月22日の阪神戦で4年ぶりの完封勝利。昨年に続けて2度目のオールスターに出場した。後半戦は8月にマメをつぶして1度登録抹消となったが、それ以外は年間通してローテーションを守り、10月8日の阪神戦(神宮)で完封勝利して16勝目を挙げ、吉見一起と共にセ・リーグ最多勝のタイトルを初受賞。チームが借金1でシーズンを終えた中、館山1人で貯金10を稼ぎ、ヤクルト球団初のクライマックス・シリーズ出場に貢献した。館山昌平 フレッシュアイペディアより)

  • 精密機械

    精密機械から見た吉見一起吉見一起

    野球界の例として、優れた絶妙な投球コントロールを見せる投手(小山正明、北別府学、グレッグ・マダックス、小宮山悟、吉見一起など)が精密機械と呼ばれる。精密機械 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の野球

    2013年の野球から見た吉見一起吉見一起

    1月7日 - 【WBC】WBC日本代表の候補だった中日ドラゴンズの吉見一起が右肘の不安を理由に代表を辞退2013年の野球 フレッシュアイペディアより)

90件中 21 - 30件表示

「吉見一起」のニューストピックワード

  • 日本新三大夜景都市

  • jp/i/35491/18/resize/d35491−18−616954−3.jpg

  • こうしたトラブル