61件中 31 - 40件表示
  • 2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た吉見一起吉見一起

    吉見一起は右肩関節炎のため出場辞退、代わりに小笠原孝が選出2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・フィオレンティーノ

    ジェフ・フィオレンティーノから見た吉見一起吉見一起

    初安打:同上、4回表に吉見一起から二塁内野安打ジェフ・フィオレンティーノ フレッシュアイペディアより)

  • 堂林翔太

    堂林翔太から見た吉見一起吉見一起

    初打席:同上、3回表に吉見一起から捕邪飛堂林翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 小林正人

    小林正人から見た吉見一起吉見一起

    2007年は、角度のあるサイドスローにさらに磨きをかけ、ルール改定で「ピッチャーズプレートに足の一部が触れていれば良い」という条項を上手く利用し、中継ぎとして積極的に使われ、シーズン前半で18試合に登板したものの結果を出せず球宴直前に二軍落ちし、その後は一軍への再浮上は叶わず、クライマックスシリーズ・セ、日本シリーズでも、ベンチ入り、登板の機会は与えられなかった。シーズン終了後は久本祐一、吉見一起らと共にドミニカ・ウィンターリーグに派遣され、日本一パレードには参加できなかった。小林正人 フレッシュアイペディアより)

  • 川島慶三

    川島慶三から見た吉見一起吉見一起

    初本塁打:2008年4月27日、対中日ドラゴンズ6回戦(明治神宮野球場)、4回裏無死に吉見一起から左越ソロ川島慶三 フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・ヒューバー

    ジャスティン・ヒューバーから見た吉見一起吉見一起

    初打席・初安打:同上、2回表に吉見一起から左前安打ジャスティン・ヒューバー フレッシュアイペディアより)

  • 金光教

    金光教から見た吉見一起吉見一起

    吉見一起 (プロ野球中日ドラゴンズ) - 金光大阪高校出身。金光教 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ自動車硬式野球部

    トヨタ自動車硬式野球部から見た吉見一起吉見一起

    吉見一起投手(2005年中日希望入団枠)トヨタ自動車硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た吉見一起吉見一起

    マツダオールスターゲーム2008に出場予定だった吉見一起投手(中日)、コルビー・ルイス投手(広島)、柴原洋外野手(ソフトバンク)が怪我のため辞退した。3選手は、オールスター明け10試合の出場選手登録が不可となる。代わりに小笠原孝投手(中日)、大竹寛投手(広島)、大松尚逸外野手(ロッテ)の3選手が出場する。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 館山 昌平

    館山昌平から見た吉見一起吉見一起

    に千葉県館山市の「スポーツ大使」に就任。館山市が同じ名前であることにちなんで館山にオファーを出し、それを快諾したもの。2009年1月24日に任命式があり、翌25日には館山若潮マラソンのスターターを務め、10キロの部に飛び入り参加している。4月28日の中日戦で4年ぶりの無四球完投勝利(被安打7、失点1)。5月28日のオリックス戦で2008年8月から続く連勝を12に伸ばし、57〜58年の金田正一による球団記録を51年ぶりに更新、記録は14まで伸ばしたものの6月26日の巨人戦で7失点を喫し記録は止まった。7月22日の阪神戦で4年ぶりの完封勝利。昨年に続けて2度目のオールスターに出場した。後半戦は8月にマメをつぶして1度登録抹消となったが、それ以外は年間通してローテーションを守り、10月8日の阪神戦(神宮)で完封勝利し、16勝目を挙げ、吉見一起と共にセ・リーグ最多勝のタイトルを初受賞。チームが借金1でシーズンを終えた中、館山1人で貯金10を稼ぎ、ヤクルト球団初のクライマックス・シリーズ出場に貢献した。館山昌平 フレッシュアイペディアより)

61件中 31 - 40件表示

「吉見一起」のニューストピックワード