61件中 41 - 50件表示
  • 2010年の日本シリーズ

    2010年の日本シリーズから見た吉見一起吉見一起

    投手:12清水昭信、13岩瀬仁紀、14朝倉健太、17川井雄太、19吉見一起、20中田賢一、21チェン、23鈴木義広、29山井大介、33平井正史、34山本昌、39三瀬幸司、41浅尾拓也、49マキシモ・ネルソン、60河原純一、61久本祐一、67高橋聡文、69小林正人2010年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • かよえ!チュー学

    かよえ!チュー学から見た吉見一起吉見一起

    吉見ヨシミ(由来:吉見一起かよえ!チュー学 フレッシュアイペディアより)

  • 金本 知憲

    金本知憲から見た吉見一起吉見一起

    セ・リーグ最年長二塁打:44歳4か月?2012年8月22日、対中日ドラゴンズ16回戦(京セラドーム大阪)、2回裏に吉見一起から二塁打金本知憲 フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見た吉見一起吉見一起

    6月5日の対日本ハム戦で開幕からの連勝を6に伸ばし、沢村栄治の球団記録とレオ・カイリーの外国人投手記録に並んだ。なお、6月26日の対ヤクルト戦に先発した際には、尊敬してきたマイケル・ジャクソンの急逝報道の当日であったため、登場のテーマソングをジャクソンの「スリラー」に変更した。前半戦の活躍が評価され、オールスターゲームに監督推薦で初選出され、札幌ドームで行われた第1戦の先発投手を務めた。8月11日の広島戦(マツダスタジアム)で自身初のシーズン10勝目をマーク。その後も安定したピッチングを続け、シーズン終盤まで吉見一起(中日)、館山昌平(ヤクルト)と最多勝を争いを繰り広げた。最多勝こそ逃したが、最終的にチームトップとなる15勝(2敗)、防御率2.11の成績を残した。シーズンを通じて大崩れした試合はほとんどなく、自責点が5以上だった試合は1度も無かった。また、日本ハムとの日本シリーズでは第1戦に先発して勝利投手となり、優秀選手賞を受賞。リーグ優勝・日本一に大きく貢献した。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • ドーピング

    ドーピングから見た吉見一起吉見一起

    2009年10月22日、プロ野球・中日ドラゴンズの吉見一起投手に対し、日本プロ野球組織医事委員会が反ドーピング規定に抵触する可能性があるとして、東京都内で本人に事実確認をし、23日に球団にカルテなどの資料の提出を求め、詳細に検討する意向を示した。これは中日新聞が同年10月22日付で、吉見がインタビューで、「今年7月途中から、登板前後にナゴヤドーム内の医務室で30分程度の時間をかけ、点滴を受けていた。」と答えた『吉見 決戦に備えニンニク注射』という記事を掲載したことによるものであり、即日NPB側が事実確認に乗り出したものである。。この一件はクライマックスシリーズ直前の、しかもWBCにおける原監督と落合監督の因縁の対決ともあり、マスコミは大々的に報道した。その後同席した球団代表が「問題ないと思っている。正当な医療行為だと証明する。」と発表。24日、NPB側が調査の結果、「医学的に正当な治療行為の範ちゅうにある。複数回行われていたが、日常的に行われていたわけではない」と違反はなかったとの判断を示した。ドーピング フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た吉見一起吉見一起

    2009年は前年退団したタイロン・ウッズの代わりとして獲得したトニ・ブランコが本塁打王と打点王の二冠に輝く活躍を見せ、前年は不振だった立浪和義も代打で好成績を残して勝利に貢献した。川上が移籍したことによって生じた先発投手陣の穴も吉見一起やチェン・ウェインの活躍により埋まった。また川井雄太が球団新記録の開幕11連勝を達成した。シーズン序盤は下位に低迷したが、交流戦辺りから追い上げを見せ、一時は首位巨人とのゲーム差を1.5まで縮めた。しかし、巨人に8勝16敗と大きく負け越したのが最後まで響き、最終的には首位巨人に12ゲーム差をつけられて2位に終わった。3位・ヤクルトとのクライマックスシリーズ第1ステージは2勝1敗で制したが、巨人と対戦した第2ステージは初戦こそ勝利したものの2戦目以降は3戦で計19失点と投手陣が打ち込まれて1勝4敗で敗退し、シーズンを終えた。この年限りで立浪が引退した。ワールド・ベースボール・クラシック日本代表の候補にドラゴンズから4選手が選ばれたが全員が辞退したことが話題となった。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 9月19日

    9月19日から見た吉見一起吉見一起

    1984年 - 吉見一起、プロ野球選手(中日ドラゴンズ)9月19日 フレッシュアイペディアより)

  • 上野弘文

    上野弘文から見た吉見一起吉見一起

    高校時代、1998年のセンバツ(初戦敗退)、1999年の夏の甲子園(準決勝進出)に出場。高校では鶴岡慎也(現・日本ハム)が同級生、青野毅(現・ロッテ)が一学年下にいた。社会人時代は安藤優也(現・阪神)、川岸強(現・楽天)、金子千尋(現・オリックス)、吉見一起(現・中日)らと同僚であった。2006年には抑えのエースとして都市対抗野球大会に出場。2006年11月21日の大学生・社会人ドラフトで、広島東洋カープより3巡目指名を受ける。強行指名だったため、上野を説得すべくブラウン監督は会議終了を待たずにすぐ交渉へと大阪へ向かった。12月1日に仮契約。最速151キロの速球に、力でねじふせる剛腕で、精神面もタフ。目標の投手は、トヨタ自動車の先輩でもある阪神・安藤優也。上野弘文 フレッシュアイペディアより)

  • 2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た吉見一起吉見一起

    1月7日 - 吉見一起が「昨年痛めた右肘の不安が完全には消えない」ことを理由に、日本代表を辞退。2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た吉見一起吉見一起

    は高木守道新監督が山本昌を復活させると明言し、自主トレ中に高木から開幕投手を告げられる。実際は吉見一起でほぼ確定していたが、山本の復活を奮起するためのものだった。この言葉で山本はハイペースで調整をするようになり、オープン戦で好投した。3月2日のオープン戦(対広島)で2回を投げ終えて降板すると高木は握手で迎え、「昌、(開幕)3戦目な」と告げられた。開幕ローテーションに入っていることがモチベーションになったという。4月1日の開幕3戦目の広島戦で先発。満員のナゴヤドームで5回を3安打に抑えた。野村克也に並ぶ歴代2位タイの実働26年となる(同1位は工藤の29年)。また、46歳7ヵ月の登板で、セ・リーグ最年長登板記録を達成。4月15日の対阪神戦でのシーズン初勝利は自身通算211勝目となり、この勝利で杉下の持つ中日球団の投手通算勝利記録に並び、同時に工藤の持っていたセ・リーグ最年長勝利記録・プロ野球史上最年長先発勝利記録を更新した。山本昌 フレッシュアイペディアより)

61件中 41 - 50件表示

「吉見一起」のニューストピックワード