90件中 41 - 50件表示
  • 2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た吉見一起吉見一起

    セ:東野(巨人)、久保康(阪神)、浅尾(中日)、吉見(中日)、山口(横浜)、林昌勇(ヤクルト)、 - 城島(阪神)、相川(ヤクルト)2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本プロ野球

    2016年の日本プロ野球から見た吉見一起吉見一起

    中日ドラゴンズの吉見一起が史上344人目の1000投球回を達成。2016年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・リベロ

    カルロス・リベロから見た吉見一起吉見一起

    初打点・初本塁打:2017年7月25日、対中日ドラゴンズ14回戦(明治神宮野球場)3回裏に吉見一起から左越ソロカルロス・リベロ フレッシュアイペディアより)

  • 金光教

    金光教から見た吉見一起吉見一起

    吉見一起 (プロ野球中日ドラゴンズ) - 金光大阪高校出身。金光教 フレッシュアイペディアより)

  • 強竜打線

    強竜打線から見た吉見一起吉見一起

    この年から導入された統一球の影響で森野・和田をはじめとする打撃陣が絶不調に陥り、打線もシーズン終盤まで固定できず12球団ワーストのチーム打率・総得点を記録した年。一時前半戦から首位を独走したヤクルトと10ゲーム差以上をつけられたものの、吉見一起・浅尾拓也ら投手陣の奮起と夏場以降離脱していた谷繁・井端・ブランコが復帰、打線が固定され少ないチャンスを生かして確実に点を取ることができるようになったことで、落合の突然の退任発表もありながら大逆転で球団史上初の連覇を決めた。シーズンMVPはリリーフエースの浅尾拓也が選ばれた(ゴールデングラブ賞もリリーフ投手として初受賞)。日本シリーズではソフトバンクに3勝4敗で敗退。強竜打線 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村裕基

    吉村裕基から見た吉見一起吉見一起

    100本塁打:2009年10月3日、対中日ドラゴンズ24回戦(横浜スタジアム)、6回裏に吉見一起から左中間越2ラン ※史上257人目吉村裕基 フレッシュアイペディアより)

  • 本多雄一

    本多雄一から見た吉見一起吉見一起

    日本シリーズも2番・二塁手として全7試合にフル出場した。11月13日第2戦では吉見一起からシリーズ初安打を記録した。11月17日第5戦では初回に先制決勝点に繋がる犠打を決めた。11月20日第7戦は自身初のチームの日本一をグラウンドで迎えた。本多雄一 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋三千丈

    高橋三千丈から見た吉見一起吉見一起

    プロ入り間もない吉見一起や浅尾拓也らを指導した。情熱的な指導には定評があり、20年以上も指導者として中日投手陣を支え続けた。高橋三千丈 フレッシュアイペディアより)

  • サブロー

    サブローから見た吉見一起吉見一起

    2011年6月30日に支配下選手登録され、巨人への入団会見を行った。球団側の方針により登録名は本名の「大村三郎」、背番号は交換相手の工藤が着用していた0に決まった。翌7月1日に一軍合流、即出場選手登録され、同日の対中日戦(東京ドーム)の8回裏に代打で出場、吉見一起から左翼席にソロ本塁打を放った。7月2日に東京ドームで移籍後初のスタメンで6番で試合に出場した。その後は、対戦チームの先発投手に左投手が見込まれる際の先発出場があった以外は代打としての出場が主で調子が上がらず、一時期は2軍落ちになるなど、48試合の出場に終わった。クライマックスシリーズファーストステージ第1戦では代打で出場し本塁打を放ったが、チームはファーストステージで敗れ、シーズンを終えた。日本シリーズ終了後、出場機会を求めてフリーエージェント権を行使した。巨人在籍はわずか154日だった。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • 中東直己

    中東直己から見た吉見一起吉見一起

    初打席:同上、8回裏に吉見一起の前に空振り三振中東直己 フレッシュアイペディアより)

90件中 41 - 50件表示

「吉見一起」のニューストピックワード

  • 日本新三大夜景都市

  • jp/i/35491/18/resize/d35491−18−616954−3.jpg

  • こうしたトラブル