100件中 21 - 30件表示
  • 吉見一起

    吉見一起から見た谷繁元信

    ''、前年に痛めた肘を2度手術した影響でシーズン開幕には間に合わなかったが、一軍合流後は安定した活躍を見せ、オールスターゲームにも監督推薦で選出され、9月には自身初の月間MVPを獲得。最終的に内海哲也(巨人)と並ぶ18勝を挙げ2度目の最多勝を獲得し、4年連続の二桁勝利となった。防御率も1.65と自身2度目の防御率1点台を記録し、初の最優秀防御率のタイトルも獲得した。さらに、谷繁元信と共に、自身初の最優秀バッテリー賞も受賞した。その他、最高勝率(.857)、最多完封(3完封)、最多無四球試合(3試合)も達成している。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た阪神タイガース

    ''、それまでの中日のエースであった川上憲伸がMLB・アトランタ・ブレーブスに移籍した直後のシーズンとなった。前年の実績を糧に先発ローテーションを勝ち取り、4月4日の対横浜戦でシーズン初先発を95球完封勝利で飾った。順調に勝ち星を伸ばし、前半戦最後の登板となった7月18日の対横浜戦で、シーズン10勝目を早くもシーズン4度目の完封勝利にて達成し、自身初の2年連続二桁勝利を決めた。オールスターゲームにも監督推薦で選出され、第二戦に藤川球児(阪神タイガース)の後を継ぎ登板したが、敗戦投手となった。後半戦も更に勝ち星を伸ばし、10月3日の対横浜戦で16勝目を挙げ、最終的に館山昌平(ヤクルト)と共に16勝で最多勝利のタイトルを獲得した。防御率も1.996(同僚のチェンに次ぐリーグ2位)と、自身初の防御率1点台を記録した(記録上は四捨五入されるので2.00)。また、シーズン通算4完封はチェン、涌井秀章(埼玉西武ライオンズ)と並び両リーグ最多、無四球試合3試合は両リーグ通じて単独最多と、年間を通じて安定した投球を披露し、川上憲伸の抜けた穴を埋める活躍をした。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た最優秀バッテリー賞

    ''、前年に痛めた肘を2度手術した影響でシーズン開幕には間に合わなかったが、一軍合流後は安定した活躍を見せ、オールスターゲームにも監督推薦で選出され、9月には自身初の月間MVPを獲得。最終的に内海哲也(巨人)と並ぶ18勝を挙げ2度目の最多勝を獲得し、4年連続の二桁勝利となった。防御率も1.65と自身2度目の防御率1点台を記録し、初の最優秀防御率のタイトルも獲得した。さらに、谷繁元信と共に、自身初の最優秀バッテリー賞も受賞した。その他、最高勝率(.857)、最多完封(3完封)、最多無四球試合(3試合)も達成している。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た中日ドラゴンズ

    吉見 一起(よしみ かずき、1984年9月19日 - )は、京都府福知山市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。現在は中日ドラゴンズに所属。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た横浜スタジアム

    ''、オープン戦で3試合15イニングを無失点に抑え、初の開幕一軍入りを果たした。4月6日の対東京ヤクルトスワローズ戦で初完投・初完封勝利。4月13日の広島戦で被安打11ながら連続完封を記録した。なお被安打11以上の完封は、8月4日の対読売ジャイアンツ戦(横浜)で大洋ホエールズの新浦壽夫が13安打を打たれて以来の記録となった。開幕からの連続無失点イニングを24回2/3まで伸ばし、8連勝はチームタイ記録。また、同シーズンはウエスタン・リーグの開幕投手を務めた。一時期はチーム事情からセットアッパーに回ったが、右肩の故障によりチームから一時離脱、出場が決まっていたオールスターゲームは出場を辞退した。肩痛が癒えた夏以降は再び先発ローテーションに戻り、このシーズンは10勝を記録した。また、シーズン通算2完封はコルビー・ルイス(広島東洋カープ)と並びセ・リーグ最多であった。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た西田明央

    1000投球回:2016年8月9日、対東京ヤクルトスワローズ19回戦(ナゴヤドーム)、7回表3死目に西田明央を遊撃ゴロで打ち取って達成 ※史上344人目吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た涌井秀章

    ''、それまでの中日のエースであった川上憲伸がMLB・アトランタ・ブレーブスに移籍した直後のシーズンとなった。前年の実績を糧に先発ローテーションを勝ち取り、4月4日の対横浜戦でシーズン初先発を95球完封勝利で飾った。順調に勝ち星を伸ばし、前半戦最後の登板となった7月18日の対横浜戦で、シーズン10勝目を早くもシーズン4度目の完封勝利にて達成し、自身初の2年連続二桁勝利を決めた。オールスターゲームにも監督推薦で選出され、第二戦に藤川球児(阪神タイガース)の後を継ぎ登板したが、敗戦投手となった。後半戦も更に勝ち星を伸ばし、10月3日の対横浜戦で16勝目を挙げ、最終的に館山昌平(ヤクルト)と共に16勝で最多勝利のタイトルを獲得した。防御率も1.996(同僚のチェンに次ぐリーグ2位)と、自身初の防御率1点台を記録した(記録上は四捨五入されるので2.00)。また、シーズン通算4完封はチェン、涌井秀章(埼玉西武ライオンズ)と並び両リーグ最多、無四球試合3試合は両リーグ通じて単独最多と、年間を通じて安定した投球を披露し、川上憲伸の抜けた穴を埋める活躍をした。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た金城龍彦

    初奪三振:同上、1回裏に金城龍彦から見逃し三振吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た森岡良介

    小学校2年生の時に野球を始めた。高校時代は金光大阪のエースとしての第74回選抜大会に初出場するも1回戦で森岡良介(東京ヤクルトスワローズ)らを擁する明徳義塾に敗れる。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見たTAK-Z

    「My Stage」TAK-Z(2016年 - 2017年)吉見一起 フレッシュアイペディアより)

100件中 21 - 30件表示

「吉見一起」のニューストピックワード