95件中 61 - 70件表示
  • 吉見一起

    吉見一起から見た投手

    吉見 一起(よしみ かずき、1984年9月19日 - )は京都府福知山市出身の中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(投手)。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見たスリー・クォーター

    現役の先発投手としては武田勝と石川雅規に次ぐ通算与四球率1.53と抜群の制球力を誇る。ノーワインドアップのスリー・クォーターから速球と同じ腕の振りで投げるスライダーとシュート、フォークボール、チェンジアップを投げ分ける。カットボールやパームボールも投げることができるが、基本的な球種であるカーブは投げられない。ストレートの球速はかつては平均球速141km/h、最速151km/hを計測していたが、アマチュア時代を含め肩や肘を数回痛めた影響からか2011年以降は平均球速は139km/hに満たず、最速でも147km/h程度になっている。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た2006年の日本シリーズ

    ルーキーイヤーのこの年は、9月10日に一軍昇格し、対広島戦でプロ初登板を果たす。1イニング1/3を無失点で抑える。9月18日の対横浜戦で5回2失点で初勝利。また日本シリーズにも中継ぎとして登板した。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見たリリーフ

    ルーキーイヤーのこの年は、9月10日に一軍昇格し、対広島戦でプロ初登板を果たす。1イニング1/3を無失点で抑える。9月18日の対横浜戦で5回2失点で初勝利。また日本シリーズにも中継ぎとして登板した。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た防御率

    中日のエースであった川上憲伸がアトランタ・ブレーブスに移籍した直後のシーズンとなった。前年の実績を糧に先発ローテーションを勝ち取り、4月4日の対横浜戦でシーズン初先発を95球完封勝利で飾った。順調に勝ち星を伸ばし、前半戦最後の登板となった7月18日の対横浜戦で、シーズン10勝目を早くもシーズン4度目の完封勝利にて達成し、自身初の2年連続二桁勝利を決めた。オールスターゲームにも監督推薦で選出され、第二戦に藤川球児(阪神)の後を継ぎ登板したが、敗戦投手となった。後半戦も更に勝ち星を伸ばし、10月3日の対横浜戦で16勝目を挙げ、最終的に館山昌平(ヤクルト)と共に16勝で最多勝利のタイトルを獲得した。防御率も1.996(同僚のチェン・ウェインに次ぐリーグ2位)と、自身初の防御率1点台を記録した(記録上は四捨五入されるので2.00)。また、シーズン通算4完封はチェン、涌井秀章(西武)と並び両リーグ最多、無四球試合3試合は両リーグ通じて単独最多と、年間を通じて安定した投球を披露し、川上憲伸の抜けた穴を埋める活躍をした。10月22日付け中日スポーツ掲載の吉見の治療に関する報道について、10月24日にNPB医事委員会は診療録のコピー等の詳細検討の結果「医学的に正当な適応による治療行為の範疇に入るものと判断」と公式発表を行い、潔白が正式に証明された。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見たウエスタン・リーグ

    オープン戦で3試合15イニングを無失点に抑え、初の開幕一軍入りを果たした。4月6日の対ヤクルト戦で初完投・初完封勝利。4月13日の広島戦で被安打11ながら連続完封を記録した。なお被安打11以上の完封は、8月4日の対巨人戦(横浜)で大洋ホエールズの新浦壽夫が13安打を打たれて以来の記録となった。開幕からの連続無失点イニングを24回2/3まで伸ばし、8連勝はチームタイ記録。また、同シーズンはウエスタン・リーグの開幕投手を務めた。一時期はチーム事情からセットアッパーに回ったが、右肩の故障によりチームから一時離脱、出場が決まっていたオールスターゲームは出場を辞退した。肩痛が癒えた夏以降は再び先発ローテーションに戻り、このシーズンは10勝を記録した。また、シーズン通算2完封はコルビー・ルイス(広島東洋カープ)と並びセ・リーグ最多であった。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た完封

    オープン戦で3試合15イニングを無失点に抑え、初の開幕一軍入りを果たした。4月6日の対ヤクルト戦で初完投・初完封勝利。4月13日の広島戦で被安打11ながら連続完封を記録した。なお被安打11以上の完封は、8月4日の対巨人戦(横浜)で大洋ホエールズの新浦壽夫が13安打を打たれて以来の記録となった。開幕からの連続無失点イニングを24回2/3まで伸ばし、8連勝はチームタイ記録。また、同シーズンはウエスタン・リーグの開幕投手を務めた。一時期はチーム事情からセットアッパーに回ったが、右肩の故障によりチームから一時離脱、出場が決まっていたオールスターゲームは出場を辞退した。肩痛が癒えた夏以降は再び先発ローテーションに戻り、このシーズンは10勝を記録した。また、シーズン通算2完封はコルビー・ルイス(広島東洋カープ)と並びセ・リーグ最多であった。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見たドミニカ共和国

    ローテーションの谷間で昇格することがあったが、打ち込まれるなど不調に終わった。ファーム日本選手権では最優秀選手賞を得た。その後ドミニカ共和国のウィンターリーグに参加した。帰国後の12月16日に結婚。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た敗戦投手

    中日のエースであった川上憲伸がアトランタ・ブレーブスに移籍した直後のシーズンとなった。前年の実績を糧に先発ローテーションを勝ち取り、4月4日の対横浜戦でシーズン初先発を95球完封勝利で飾った。順調に勝ち星を伸ばし、前半戦最後の登板となった7月18日の対横浜戦で、シーズン10勝目を早くもシーズン4度目の完封勝利にて達成し、自身初の2年連続二桁勝利を決めた。オールスターゲームにも監督推薦で選出され、第二戦に藤川球児(阪神)の後を継ぎ登板したが、敗戦投手となった。後半戦も更に勝ち星を伸ばし、10月3日の対横浜戦で16勝目を挙げ、最終的に館山昌平(ヤクルト)と共に16勝で最多勝利のタイトルを獲得した。防御率も1.996(同僚のチェン・ウェインに次ぐリーグ2位)と、自身初の防御率1点台を記録した(記録上は四捨五入されるので2.00)。また、シーズン通算4完封はチェン、涌井秀章(西武)と並び両リーグ最多、無四球試合3試合は両リーグ通じて単独最多と、年間を通じて安定した投球を披露し、川上憲伸の抜けた穴を埋める活躍をした。10月22日付け中日スポーツ掲載の吉見の治療に関する報道について、10月24日にNPB医事委員会は診療録のコピー等の詳細検討の結果「医学的に正当な適応による治療行為の範疇に入るものと判断」と公式発表を行い、潔白が正式に証明された。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見たパームボール

    現役の先発投手としては武田勝と石川雅規に次ぐ通算与四球率1.53と抜群の制球力を誇る。ノーワインドアップのスリー・クォーターから速球と同じ腕の振りで投げるスライダーとシュート、フォークボール、チェンジアップを投げ分ける。カットボールやパームボールも投げることができるが、基本的な球種であるカーブは投げられない。ストレートの球速はかつては平均球速141km/h、最速151km/hを計測していたが、アマチュア時代を含め肩や肘を数回痛めた影響からか2011年以降は平均球速は139km/hに満たず、最速でも147km/h程度になっている。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

95件中 61 - 70件表示

「吉見一起」のニューストピックワード