前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • 2013年の日本プロ野球

    2013年の日本プロ野球から見た吉見祐治吉見祐治

    4月29日 - ソフトバンクの内川聖一が対ロッテ6回戦(QVCマリン)の第1打席で吉見祐治から本塁打を放ち、通算100号本塁打、プロ野球史上267人目2013年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本プロ野球

    2004年の日本プロ野球から見た吉見祐治吉見祐治

    2月3日 - シアトル・マリナーズを退団した佐々木主浩が横浜ベイスターズに復帰。背番号は22。これに伴い、吉見祐治の背番号が22から21へ、若田部健一の背番号が21から14に変更。2004年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 米野智人

    米野智人から見た吉見祐治吉見祐治

    は初安打を放ち、8月11日の対横浜ベイスターズ戦で初の先発出場。その試合で吉見祐治からプロ初本塁打を放ち、初打点を記録する。8月19日の阪神戦では11回裏2死満塁からプロ初サヨナラ打を放った。米野智人 フレッシュアイペディアより)

  • 中川裕貴

    中川裕貴から見た吉見祐治吉見祐治

    2010年6月5日の対ロッテ戦(ナゴヤドーム)にて吉見祐治からプロ初本塁打となる2ランを放つ。最終的に自己最高の13試合に出場し、この本塁打を含む4本の安打を放った。中川裕貴 フレッシュアイペディアより)

  • 中村武志

    中村武志から見た吉見祐治吉見祐治

    は開幕から相川亮二との併用を前提とし、中村本人の肩の調子が思わしくなかった為に球団は急きょ光山英和を獲得したが、相川が怪我で長期離脱している間に当時プロ2年目だった吉見祐治とのバッテリーで、ヤクルト石川雅規と吉見との新人王争いをサポートした。なお新人王こそ逃したものの、吉見はこの年11勝をマークし、翌年の開幕投手となる。中村武志 フレッシュアイペディアより)

  • 内川聖一

    内川聖一から見た吉見祐治吉見祐治

    シーズンでは、4月29日の対千葉ロッテマリーンズ戦で、吉見祐治から史上267人目となる100号本塁打を放った。8月は打率3割5分、5本塁打、21打点を記録し通算3度目となる月間MVPを受賞。本塁打(19本)・打点(92打点)は自己最高をマーク、打率も6年連続となる3割越えを記録する活躍で3年連続5度目のベストナインを受賞した。この年の契約更改では、4年契約の3年目であったが、球団はこの契約を結び直す形で、新たに2014年からの4年契約を提示、内川もこれに合意した。内川聖一 フレッシュアイペディアより)

  • 洗平竜也

    洗平竜也から見た吉見祐治吉見祐治

    高校卒業後は東北福祉大学に進学。吉見祐治がエースを張るなど、層の厚い大学ゆえ当初は登板機会が与えられなかったが、3,4年次にはエースクラスの働きを見せ、仙台六大学リーグ通算10勝0敗。4年の秋、明治神宮野球大会出場を決めるための北海道・東北地区王座決定戦では北海学園大学から19奪三振を記録してスカウトの注目を集めた。洗平竜也 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ2010

    プロ野球スピリッツ2010から見た吉見祐治吉見祐治

    吉見祐治(横浜ベイスターズ→千葉ロッテマリーンズ)※金銭トレードプロ野球スピリッツ2010 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦大輔の輝け!ベイスターズ

    三浦大輔の輝け!ベイスターズから見た吉見祐治吉見祐治

    2010年2月2日〜5日 吉見祐治三浦大輔の輝け!ベイスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 玉山健太

    玉山健太から見た吉見祐治吉見祐治

    初打席・初安打・初打点:2004年4月25日、対横浜ベイスターズ6回戦(横浜スタジアム)、2回表に吉見祐治から中前適時打玉山健太 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示