前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示
  • 中川裕貴

    中川裕貴から見た吉見祐治吉見祐治

    2010年6月5日の対ロッテ戦(ナゴヤドーム)にて吉見祐治からプロ初本塁打となる2ランを放つ。最終的に自己最高の13試合に出場し、この本塁打を含む4本の安打を放った。中川裕貴 フレッシュアイペディアより)

  • 小久保裕紀

    小久保裕紀から見た吉見祐治吉見祐治

    からは松田宣浩が頭角を現したこともあり、守備の負担が少ない一塁手に転向した。前年オフには三角線維軟骨複合体の治療のため左手首を手術し、キャンプ・オープン戦に全く出られず、ウエスタン・リーグでの調整を経て、同年4月8日にようやく自身の開幕戦を5番・一塁手で迎える。この試合では2安打を放つと、交流戦でも対横浜ベイスターズ戦(北九州市民球場)では吉見祐治から場外本塁打を放ったり、球団初の交流戦優勝のウイニングボールを掴むなど、同年限りで勇退する王貞治のために貢献したが、終盤にチームごと大失速し、12年ぶりの最下位に終わった。自身も2年連続20本塁打を記録するが、打率.253・56打点、得点圏打率.260の成績に終わった。小久保裕紀 フレッシュアイペディアより)

  • 米野智人

    米野智人から見た吉見祐治吉見祐治

    は、初安打を放ち、8月11日の対横浜ベイスターズ戦で初の先発出場。その試合で吉見祐治からプロ初本塁打を放ち、初打点を記録する。翌は一軍出場なしに終わる。翌は15試合に出場。は34試合出場と出場機会を増やした。シーズン末に、退任する若松勉監督から指導を受け、それまで打率0 - 1割台後半と低迷した打撃面での成長を評価された。米野智人 フレッシュアイペディアより)

  • 志田宗大

    志田宗大から見た吉見祐治吉見祐治

    初打席・初安打:同上、9回裏に吉見祐治から左前安打志田宗大 フレッシュアイペディアより)

  • 山田真介

    山田真介から見た吉見祐治吉見祐治

    初安打:同上、2回裏に吉見祐治から左翼フェンス直撃二塁打山田真介 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た吉見祐治吉見祐治

    ロ:マーフィー (3回) - 渡辺俊 (3回2/3) - 薮田 (1回) - 吉見 (0回1/3) - H伊藤 (1回1/3) - ○内 (0回2/3) - S小林宏 (1回)2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 洗平竜也

    洗平竜也から見た吉見祐治吉見祐治

    高校卒業後は東北福祉大学に進学。吉見祐治がエースを張るなど、層の厚い大学ゆえ当初は登板機会が与えられなかったが、3,4年次にはエースクラスの働きを見せ、仙台六大学リーグ通算10勝0敗。4年の秋、明治神宮野球大会出場を決めるための北海道・東北地区王座決定戦では北海学園大学から19奪三振を記録してスカウトの注目を集めた。洗平竜也 フレッシュアイペディアより)

  • バックスクリーン3連発

    バックスクリーン3連発から見た吉見祐治吉見祐治

    2003年5月9日の横浜ベイスターズ(横浜)戦で4番濱中治・5番片岡篤史・6番ジョージ・アリアスが吉見祐治からレフト方向に3者連続本塁打。この日、マスメディアは「昭和の3連発の再来(=優勝だ)」と興奮気味にチーム関係者に取材していたところ、監督の星野仙一に一喝されている。バックスクリーン3連発 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山県立星林高等学校

    和歌山県立星林高等学校から見た吉見祐治吉見祐治

    吉見祐治 - プロ野球選手(横浜?ロッテ)。和歌山県立星林高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦大輔の輝け!ベイスターズ

    三浦大輔の輝け!ベイスターズから見た吉見祐治吉見祐治

    2010年2月2日〜5日 吉見祐治三浦大輔の輝け!ベイスターズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
51件中 1 - 10件表示

「吉見祐治」のニューストピックワード