62件中 31 - 40件表示
  • バックスクリーン3連発

    バックスクリーン3連発から見た吉見祐治吉見祐治

    2003年5月9日の横浜ベイスターズ(横浜)戦で4番濱中治・5番片岡篤史・6番ジョージ・アリアスが吉見祐治からレフト方向に3者連続本塁打。この日、マスメディアは「昭和の3連発の再来(=優勝だ)」と興奮気味にチーム関係者に取材していたところ、監督の星野仙一に一喝されている。バックスクリーン3連発 フレッシュアイペディアより)

  • 若田部健一

    若田部健一から見た吉見祐治吉見祐治

    に佐々木主浩が横浜に復帰し、吉見祐治が背番号を21へ変更するのを受け、自身のダイエー時代の背番号である14へ変更。しかし、この年は1勝を挙げたもの先発は1試合、リリーフを含めても13試合の登板にとどまった。若田部健一 フレッシュアイペディアより)

  • 有隅昭二

    有隅昭二から見た吉見祐治吉見祐治

    2006年8月10日に行われた横浜ベイスターズ対阪神タイガース戦(横浜スタジアム)の5回裏二死二・三塁、打者が石井琢朗の場面で3ボール2ストライクから阪神の投手・安藤優也が投じた低めのワンバウンド投球が逸れ、捕手の横のファウル地域に転がった。この投球が捕手に触れるより前に打者のバットに触れていたのならばファウルボールであり、その時点でボールデッド(プレイ停止)となるが、この試合で球審を務めていた有隅はこれに対してファウルボールの宣告をせず、ボールが逸れたのを見て本塁に走り出していた三塁走者の古木克明が生還した。捕手の矢野輝弘は「投球がバットに当たっており、ファウルボールだ」という旨の猛抗議を行うが、この際に矢野が有隅を小突いたとして、有隅は矢野に退場を宣告した(この抗議の間に、二塁走者の吉見祐治にも得点を許した。三塁走者・古木の得点とともに、記録上は安藤の暴投とされている)。責任審判の渡田均(一塁塁審)は、「4氏審判協議の結果、確認できない」として、有隅の判定を維持した。また、セントラル・リーグも阪神からの抗議文書を受けて、回答では誤審の存在を否定しなかった。有隅昭二 フレッシュアイペディアより)

  • 大矢明彦

    大矢明彦から見た吉見祐治吉見祐治

    前年の2006年から外野のレギュラーを務めていた吉村裕基を一塁手へ、牛島和彦監督時代に「クアトロK」と呼ばれていた中継ぎ投手陣の加藤武治と川村丈夫を先発へ、中継ぎ左腕不足の事情から那須野巧を先発から中継ぎへ、2008年のシーズン途中には吉見祐治を先発と中継ぎを掛け持ちさせ、同じくシーズン途中から先発の寺原隼人を、マーク・クルーンの移籍によって手薄になっていた抑えへ転向させるなど、第1期同様積極的なコンバート策を打っている。2007年の那須野はほぼ年間を通して左の中継ぎとして活躍したが、加藤と川村はローテーションを守れず、失敗に終わっている。また、吉村の一塁コンバートにより、前年2006年の不調から一転して開幕から復調したベテラン一塁手・佐伯貴弘は年間を通じて外野手として出場することになった。大矢明彦 フレッシュアイペディアより)

  • 川満寛弥

    川満寛弥から見た吉見祐治吉見祐治

    なお、2014年のプロ野球ドラフト会議では、大学の同期生で社会人野球に進んでいた竹下真吾・福地元春(いずれも左投手)が指名。指名後に竹下が東京ヤクルトスワローズ、福地が横浜DeNAベイスターズと契約したため、川満を含めた左投手3人がNPBでのプレーに至った。大学の同期生だった3人の左投手が、同じ時期にNPBの球団に在籍した事例は、東北福祉大学出身の吉見祐治・洗平竜也・歌藤達夫以来である。川満寛弥 フレッシュアイペディアより)

  • アーロム・バルディリス

    アーロム・バルディリスから見た吉見祐治吉見祐治

    初安打:2008年5月11日、対横浜ベイスターズ8回戦(阪神甲子園球場)、7回裏に吉見祐治から右翼線へ二塁打アーロム・バルディリス フレッシュアイペディアより)

  • 森本学

    森本学から見た吉見祐治吉見祐治

    初本塁打:2010年6月29日、対千葉ロッテマリーンズ10回戦(千葉マリンスタジアム)、3回表に吉見祐治から左越2ラン森本学 フレッシュアイペディアより)

  • 森祇晶

    森祇晶から見た吉見祐治吉見祐治

    2001年横浜ベイスターズ監督に就任。森は就任会見で「マシンガンという攻撃力は表立っているが、一本のヒットによる得点という意味ではリーグで一番効率が悪いのではないか。巨人の大砲にピストルで向かっていくのに、その巨人より犠打が少ないとは。大砲を持っているように錯覚して戦っていたのではないか。バントが多いと言われるが、競り合ったらそれも武器。面白いとか面白くないとかではない。谷繁(元信)をもう一度叩き直していく必要がある。」と次から次へ容赦なく前体制への批判とも取れる発言をした。コーチ陣は、ヘッドコーチには現役時代の同僚で、1990年から5年間西武でコンビを組んだ黒江透修が就き、OBからは高木豊が内野守備走塁コーチに就任し、投手コーチの遠藤一彦、打撃コーチの高木由一は留任した。1年目は主砲のロバート・ローズが退団・序盤から最下位に低迷するが中盤にオールスターを挟み10連勝したことで、勝率は4位の広島東洋カープより7厘低いも関わらずこの年のみ勝ち数優先というルール恩恵を受け三位になった。チーム防御率は3.92から3.75まで良化した。チームは5年連続Aクラス入りを果たすが10月6日の試合で相手ヤクルトが4年ぶり優勝となり西武の監督時代でも経験がない相手チームでのリーグ優勝を目の前で見届けることになる。8月16日のヤクルト戦では現役通して初の退場を受けた。2年目は共に西武時代の教え子の森繁和を投手コーチ、辻発彦を内野守備走塁コーチに招聘。森との確執で正捕手の谷繁 や前年のチーム最多勝投手の小宮山悟がFA移籍をするなど戦力が低下、開幕から記録的な低迷を続け16年ぶりの13連敗を喫するなど最下位を独走し全日程で最下位となり、シーズン途中の2002年9月25日に契約を一年残して解任が通告された。解任された翌日の9月26日森は「今日限りでユニフォームを脱ぐことになりました。ファンに対して申し訳ない成績で一番それに心痛めています。本当にわずかな期間でしたがお世話になり、ありがとうございました。」と質疑応答が一切認められない前代未聞の会見が一分ほど打ち切られた。メディアでは森監督更迭論が飛び交いセオリー通いの詰将棋でも見ているかのような重い采配、観客動員も大幅に減った(1998年約32万、前年15万減)。監督代行は森が横浜の監督になる際に横浜のコーチに就任したヘッド兼打撃コーチの黒江がシーズン最終戦まで務めた。チーム防御率は3.75から4.09、チーム失策も68から81に悪化した。投手陣は唯一11勝で新人王争った2年目の吉見祐治が唯一の明るい材料で、チーム防御率・失点リーグ5位、打率・得点・安打・本塁打はリーグ最下位に終わった。サヨナラ勝ちも12球団で唯一なかった。森祇晶 フレッシュアイペディアより)

  • 5月21日

    5月21日から見た吉見祐治吉見祐治

    1978年 - 吉見祐治、プロ野球選手5月21日 フレッシュアイペディアより)

  • 福地寿樹

    福地寿樹から見た吉見祐治吉見祐治

    は昨年に続いて二塁手のレギュラーの座を狙える状態だったが、開幕前に右足首靱帯断裂の重傷を負い、足が武器の福地にとって回復が大幅に遅れ、この年は0盗塁に終わった。ようやくシーズン最終戦の最終打席(10月14日、対横浜ベイスターズ戦の9回2死無走者)で吉見祐治からシーズン初安打となる二塁打を放ち、その試合でノーヒットノーラン献上を目前で阻止した。福地寿樹 フレッシュアイペディアより)

62件中 31 - 40件表示