51件中 41 - 50件表示
  • 和歌山市

    和歌山市から見た吉見祐治吉見祐治

    吉見祐治 - プロ野球選手和歌山市 フレッシュアイペディアより)

  • 新垣渚

    新垣渚から見た吉見祐治吉見祐治

    初安打:2007年6月19日、対横浜ベイスターズ3回戦(横浜スタジアム)、3回表に吉見祐治から右中間二塁打新垣渚 フレッシュアイペディアより)

  • 大矢明彦

    大矢明彦から見た吉見祐治吉見祐治

    前年の2006年から外野のレギュラーを務めていた吉村裕基を一塁手へ、牛島和彦監督時代に「クアトロK」と呼ばれていた中継ぎ投手陣の加藤武治と川村丈夫を先発へ、中継ぎ左腕不足の事情から那須野巧を先発から中継ぎへ、2008年のシーズン途中には吉見祐治を先発と中継ぎを掛け持ちさせ、同じくシーズン途中から先発の寺原隼人を、マーク・クルーンの移籍によって手薄になっていた抑えへ転向させるなど、第1期同様積極的なコンバート策を打っている。2007年の那須野はほぼ年間を通して左の中継ぎとして活躍したが、加藤と川村はローテーションを守れず、失敗に終わっている。また、吉村の一塁コンバートにより、前年2006年の不調から一転して開幕から復調したベテラン一塁手・佐伯貴弘は年間を通じて外野手として出場することになった。大矢明彦 フレッシュアイペディアより)

  • ケツメイシ

    ケツメイシから見た吉見祐治吉見祐治

    有名人にもファンが多く、石川亜沙美(現在はRyojiの妻)、ベッキー、島谷ひとみ、上戸彩、安田美沙子、安田大サーカス、ダイノジ、サッカー選手の大黒将志、田中達也、平川忠亮、アンタッチャブルの柴田英嗣などが有名である。柴田英嗣がプライベートで後輩の芸人達と組んでいるシバメイシとは番組の中でも共演をするなど交流も深い。また広島東洋カープの梵英心は人気プロ野球雑誌プロ野球aiの中で「気分転換にケツメイシを聴く」、「ケツメ歌いますよ。ラップの部分は歌いません。」などと発言している。千葉ロッテマリーンズの吉見祐治は大蔵と交流があり、ケツメイシの曲を登場曲として使用している。ケツメイシ フレッシュアイペディアより)

  • 1978年

    1978年から見た吉見祐治吉見祐治

    5月21日 - 吉見祐治、プロ野球選手1978年 フレッシュアイペディアより)

  • 広島東洋カープ

    広島東洋カープから見た吉見祐治吉見祐治

    ノーヒットノーランに関しても球団創設以来9度も献上しており、この献上回数もまた日本プロ野球チームで最多である。2004年10月には阪神の井川慶にノーヒットノーランを許した直後の横浜戦でも9回裏2死までノーヒットであと一人で吉見祐治投手にまでノーヒットノーランを許してしまう事態となり、あわや日本プロ野球初となる1シーズン2度ノーヒットノーランを相手球団の先発投手に許すという不名誉な記録を作るところであったが、そこから福地寿樹が二塁打を放ち、ぎりぎりの所でこの記録から免れたが、この試合での広島の安打はこの福地の二塁打1本のみであった。広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 古田 敦也

    古田敦也から見た吉見祐治吉見祐治

    神宮球場における最後の出場となった10月7日の対広島24回戦、古田の引退試合が行われた。8回裏の第4打席では、前日に広島市民球場で引退試合を行ったばかりの佐々岡真司が登板し(前日、佐々岡が自ら登板を志願していた。これが現役最後の登板となった)、遊ゴロに終わった。8回には石井一、また9回には高津とバッテリーを組んで現役最後のマスクを被った。この翌々日の10月9日ヤクルトのシーズン最終戦(横浜スタジアム)、アダム・リグスの代打として最後のバッターボックスに立ち、吉見祐治からレフト前に現役通算2097本目のヒットを放って有終の美を飾った。古田敦也 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た吉見祐治吉見祐治

    初奪三振:同上、1回表に吉見祐治から大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 上原浩治

    上原浩治から見た吉見祐治吉見祐治

    初本塁打:2003年7月20日、対横浜ベイスターズ20回戦(横浜スタジアム)、3回表に吉見祐治から左越ソロ上原浩治 フレッシュアイペディアより)

  • セドリック・バワーズ

    セドリック・バワーズから見た吉見祐治吉見祐治

    、シーズン途中にフロリダ・マーリンズ傘下3Aアルバカーキから横浜ベイスターズに移籍。入団時は山中正竹球団専務曰く「マイナー契約」での入団、専属通訳無しで寮住まいだった。登録名は「セドリック」(2001?02年にシェーン・バワーズ投手が在籍していた為)。6月26日、対広島戦で初登板、2回無失点4奪三振のデビュー。7月17日、同じく広島戦で初先発、初完投、初勝利をあげた。最終的には吉見祐治、スコット・マレンと共にチーム最多となる7勝をあげ、途中入団ながらエース級の活躍だった。セドリック・バワーズ フレッシュアイペディアより)

51件中 41 - 50件表示

「吉見祐治」のニューストピックワード