64件中 21 - 30件表示
  • 吉見祐治

    吉見祐治から見た小林幹英

    初打点:同上、4回表に小林幹英から左前適時打吉見祐治 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見祐治

    吉見祐治から見たジョージ・アリアス

    には開幕投手を務めたが、結局3勝10敗と負け越し。また、この年阪神タイガースの4番濱中おさむ、5番片岡篤史、6番ジョージ・アリアスに3連続本塁打を浴びた。同じ和歌山の南部高等学校出身である濱中とは相性が悪く、高校時代には場外本塁打を浴び、プロ入り後も10打数5本塁打(2008年終了時)と打たれている。吉見祐治 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見祐治

    吉見祐治から見た片岡篤史

    には開幕投手を務めたが、結局3勝10敗と負け越し。また、この年阪神タイガースの4番濱中おさむ、5番片岡篤史、6番ジョージ・アリアスに3連続本塁打を浴びた。同じ和歌山の南部高等学校出身である濱中とは相性が悪く、高校時代には場外本塁打を浴び、プロ入り後も10打数5本塁打(2008年終了時)と打たれている。吉見祐治 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見祐治

    吉見祐治から見たシアトル・マリナーズ

    和歌山県立星林高等学校を経て東北福祉大学に進学。大学の同期には洗平竜也と歌藤達夫がおり、投手としての位置付けは吉見がエース、洗平が二番手、歌藤が三番手だった。に第49回全日本大学野球選手権大会で準優勝、シドニーオリンピック野球日本代表に選出。同年のドラフト会議で横浜ベイスターズを逆指名して2位指名で入団。東北福祉大の先輩でシアトル・マリナーズにFA移籍した佐々木主浩の背番号「22」を用意されるなど期待されての入団だった。吉見祐治 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見祐治

    吉見祐治から見たトレード

    3月31日、最も苦手としている読売ジャイアンツ戦にシーズン初先発したが、2回途中5安打4失点でKOされた。敗戦投手は免れたものの、尾花高夫監督から二軍への降格を命じられた。5月9日、金銭トレードで千葉ロッテマリーンズへ移籍。吉見祐治 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見祐治

    吉見祐治から見たオープン戦

    オープン戦で好調だったが、開幕後は一転して不振に陥り防御率は9点台にまで悪化し一軍登録抹消。6月に復帰後は好投を続けたが打線の援護がなく勝ち星が伸びなかった。9月に入ると再び打ち込まれ二軍落ちし、そのままシーズンを終えた。吉見祐治 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見祐治

    吉見祐治から見た開幕投手

    には開幕投手を務めたが、結局3勝10敗と負け越し。また、この年阪神タイガースの4番濱中おさむ、5番片岡篤史、6番ジョージ・アリアスに3連続本塁打を浴びた。同じ和歌山の南部高等学校出身である濱中とは相性が悪く、高校時代には場外本塁打を浴び、プロ入り後も10打数5本塁打(2008年終了時)と打たれている。吉見祐治 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見祐治

    吉見祐治から見た福岡ソフトバンクホークス

    投手ながら、打撃が得意なことで知られる。2003年5月3日の中日ドラゴンズ戦では初の猛打賞を記録。2007年は交流戦のソフトバンク戦で新垣渚相手に猛打賞を記録し、同年は通算打率.333(18打数6安打)を記録した。2008年8月17日の阪神タイガース戦でも猛打賞を記録。横浜時代は通算打率.233(215打数50安打、23打点)で、二軍では本塁打を打ったこともある。吉見祐治 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見祐治

    吉見祐治から見た広島市民球場 (初代)

    初先発:2001年8月2日、対広島東洋カープ16回戦(広島市民球場)、4回2/3を4失点吉見祐治 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見祐治

    吉見祐治から見た和歌山市

    吉見 祐治(よしみ ゆうじ、1978年5月21日 - )は、千葉ロッテマリーンズに所属するプロ野球選手(投手)。高知県生まれ、和歌山県和歌山市出身。吉見祐治 フレッシュアイペディアより)

64件中 21 - 30件表示

「吉見祐治」のニューストピックワード