1 2 3 4 5 6 次へ
58件中 51 - 58件表示
  • 吉見祐治

    吉見祐治から見た打席

    はロングリリーフ、および先発ローテーションの谷間での先発起用が主だった。6月19日の対ソフトバンク戦では猛打賞を放ち、投げては3年ぶりの完封勝利を記録し、投打にわたり自身の持ち味を発揮した。同年の最終試合では引退する古田敦也の現役最終打席の対戦相手となった(記録は安打)。吉見祐治 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見祐治

    吉見祐治から見た東北福祉大学

    和歌山県立星林高等学校を経て東北福祉大学に進学。大学の同期には洗平竜也と歌藤達夫がおり、投手としての位置付けは吉見がエース、洗平が二番手、歌藤が三番手だった。に第49回全日本大学野球選手権大会で準優勝、シドニーオリンピック野球日本代表に選出。同年のドラフト会議で横浜ベイスターズを逆指名して2位指名で入団。東北福祉大の先輩でシアトル・マリナーズへFA移籍した佐々木主浩の背番号「22」を用意されるなど期待されての入団だった。吉見祐治 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見祐治

    吉見祐治から見た和歌山県立星林高等学校

    和歌山県立星林高等学校を経て東北福祉大学に進学。大学の同期には洗平竜也と歌藤達夫がおり、投手としての位置付けは吉見がエース、洗平が二番手、歌藤が三番手だった。に第49回全日本大学野球選手権大会で準優勝、シドニーオリンピック野球日本代表に選出。同年のドラフト会議で横浜ベイスターズを逆指名して2位指名で入団。東北福祉大の先輩でシアトル・マリナーズへFA移籍した佐々木主浩の背番号「22」を用意されるなど期待されての入団だった。吉見祐治 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見祐治

    吉見祐治から見た2000年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    和歌山県立星林高等学校を経て東北福祉大学に進学。大学の同期には洗平竜也と歌藤達夫がおり、投手としての位置付けは吉見がエース、洗平が二番手、歌藤が三番手だった。に第49回全日本大学野球選手権大会で準優勝、シドニーオリンピック野球日本代表に選出。同年のドラフト会議で横浜ベイスターズを逆指名して2位指名で入団。東北福祉大の先輩でシアトル・マリナーズへFA移籍した佐々木主浩の背番号「22」を用意されるなど期待されての入団だった。吉見祐治 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見祐治

    吉見祐治から見た先発投手

    1年目は左肩の故障もあり7試合の登板に終わったが、はチームが最下位に沈む中、先発投手としてチーム唯一の二桁勝利を挙げ、ヤクルトスワローズの石川雅規投手と新人王を争った。吉見祐治 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見祐治

    吉見祐治から見た高知県

    吉見 祐治(よしみ ゆうじ、1978年5月21日 - )は、高知県生まれ、和歌山県和歌山市出身の元プロ野球選手(投手)。現在は横浜DeNAベイスターズの打撃投手。吉見祐治 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見祐治

    吉見祐治から見た和歌山県

    吉見 祐治(よしみ ゆうじ、1978年5月21日 - )は、高知県生まれ、和歌山県和歌山市出身の元プロ野球選手(投手)。現在は横浜DeNAベイスターズの打撃投手。吉見祐治 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見祐治

    吉見祐治から見た月間MVP (日本プロ野球)

    月間MVP:1回 (2002年9月)吉見祐治 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
58件中 51 - 58件表示