271件中 131 - 140件表示
  • 箱入り息子の恋

    箱入り息子の恋から見た吉野家吉野家

    2人は奈穂子の父に黙ってデートを重ねる。健太郎行きつけの吉野家に行ったり、公園を散歩したり、外でのんびりジュースを飲んだり、交際を認めてもらえるよう昇任試験を受けようとしたり、健太郎の日常は彼女の存在によって徐々に変わっていく。箱入り息子の恋 フレッシュアイペディアより)

  • 宇美町

    宇美町から見た吉野家ホールディングス吉野家

    安部修仁(株式会社吉野家ホールディングスで会長と社長を歴任)宇美町 フレッシュアイペディアより)

  • 古市コータロー

    古市コータローから見た吉野家吉野家

    好きな食べ物としてラーメン、カツ丼、ハンバーガーなどを挙げている。ラーメンはかなり食べ尽くしてきたらしく、ザ・コレクターズのオンデマンド番組「Amazing Street」では、河原でラーメンを作る企画まで行われた。また吉野家が好きで、ライブのMCやポッドキャスト「池袋交差点24時」などで再三話を取り上げている。酒も好きで、本人のブログでは頻繁に池袋の「いつものやきとん屋」に寄って一杯飲んだことが書かれている。古市コータロー フレッシュアイペディアより)

  • 日本とインドネシアの関係

    日本とインドネシアの関係から見た吉野家吉野家

    インドネシアに対する日本企業の直接投資の新しい傾向は、収入、人口、消費者製品の消費の増加となって表れている。日本企業の直接投資はもはや伝統的な分野だけでなく、小売やメディア、日用品の分野にも及んでいる。近年、日本の大戸屋、吉野家、えびすカレーなどのレストランチェーン、セブンイレブン、ファミリーマートなどのコンビニエンスストア、そごうや無印良品、ユニクロなどのファッション、小売、百貨店および紀伊國屋書店などが次々とインドネシアに出店した。大正製薬は最近、ブリストル・マイヤーズ・スクイブのインドネシア法人を買収した。より多くの日本企業がインドネシア市場に参入するための投資を準備している。これらの企業による新たな投資によっていくつかの日本企業は成功を収めている。味の素は5000万ドルをかけてインドネシアに新しい工場を建設することを計画している。日本とインドネシアの関係 フレッシュアイペディアより)

  • 栗原幹雄

    栗原幹雄から見た吉野家吉野家

    2016年現在、飲食業プランニング会社のフライドグリーントマト株式会社(2012年10月から)を設立し代表を務めるほか、ファーストフード業の株式会社グリーンズプラネット(吉野家ホールディングス完全子会社)の代表を務めている。栗原幹雄 フレッシュアイペディアより)

  • 大浜史太郎

    大浜史太郎から見た吉野家吉野家

    英国ロイター通信社の「Seven Samurai of new Japan Inc.」で“新しい日本の七人の侍”の一人にDeNAや吉野家等と共に選出された。大浜史太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の経済

    2012年の経済から見た吉野家ホールディングス吉野家

    吉野家ホールディングスが20年ぶりに社長交代。2012年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 割り箸

    割り箸から見た吉野家吉野家

    中国では2006年11月より資源保護政策の一環として輸出関税10%が付加されるようになった。このため、割り箸を大量に使用する飲食業界では、値上がりや輸入中止などのリスクが危惧されている。松屋フーズ・吉野家・ワタミフードサービス・ゼンショーなどのような大手・中堅飲食チェーンでは、割り箸を取りやめ樹脂製の箸(従来学生食堂や社内食堂などで使われていたもの)に切り替えた飲食チェーンが多いが、これは一般に向けてのエコアピールによる企業イメージ向上の目的も強い。木製の割り箸に比較して樹脂製の箸は再利用できるものの費用が割高な上に劣化による定期的な更改が必要なことや、洗浄で大量の上水道の使用と洗剤を含んだ排水が発生すること、製造に石油系資源を使うことによる反エコ的側面、医療現場などでの衛生の観点から進んでいるディスポーザブル(使い切り)の流れに反する側面、洗浄の手間がかかることといった事業者側の事情、さらに金属製のスプーンやフォーク等と同様に他者が口に入れた用具を再利用することへの嫌悪感、麺類・揚げ物が食べにくいといった顧客側の要望から割り箸の使用を継続または樹脂製箸と併置して客の選択肢に任せる事業者も個人店を中心に多く見られる。割り箸 フレッシュアイペディアより)

  • 亀山エコー

    亀山エコーから見た吉野家吉野家

    2003年(平成15年) - エコータウン内に吉野家がオープン亀山エコー フレッシュアイペディアより)

  • イブニング・ファイブ

    イブニング・ファイブから見た吉野家吉野家

    2006年9月18日開始。サブキャスターが「きょう1日の情報を手短に・テンポ良く」伝えるコーナー。同コーナーではアップテンポのBGMが流れ、キャスターの後ろに右から項目が並べられた縦長CG(以前は液晶モニタ)が登場。それらにあわせ情報を伝えていく。内容は、様々。「マジメに重要な情報」が流れたり、これまでラサールが担当していたコーナー同様「オトナ気ない情報」も流れ、吉野家の「テラ豚丼」を布袋寅泰の『スリル』の前奏部分をアレンジしてBGMに流すなどの冗談半分とも取れる報道もあった。また芸能ネタも流れる場合もある。時間の都合上、放送されない項目もある。なお、このコーナーのタイトルコールは産休前の小倉弘子のものが引き続き使われている。イブニング・ファイブ フレッシュアイペディアより)

271件中 131 - 140件表示