301件中 51 - 60件表示
  • 吉野家

    吉野家から見たミスタードーナツ

    2003年(平成15年)までは牛丼のみの単品販売が特徴的で、2001年(平成13年)夏にはコスト削減による体制を整えた上で外食大手の低価格競争に追随し、牛丼並盛一杯280円という低価格と他のファストフード店と比べても一線を画す配給スピード(築地店店長の盛り付け速度は、1杯あたり15秒)で人気を集めた。バブル崩壊以降、ミスタードーナツやマクドナルドなどと共に、低価格路線を採った外食産業における代表的なチェーン店のひとつであった。吉野家 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野家

    吉野家から見た日本電気

    日本電気 - 通称NEC。本部と各店舗を結ぶ回線システムに「Clovernet(クローバーネット)」を導入している。また、POSシステムも長年NEC製を採用してきた(ただし、POSレジスターについては、現在はWAONの本格導入に伴い大半が東芝テック製に切り替わっている。一部でNEC製を併用)。吉野家 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野家

    吉野家から見たフォルクス

    株式会社どん(79.6%出資子会社) - 「ステーキのどん」「フォルクス」「しゃぶしゃぶどん亭」の運営。2008年(平成20年)2月28日の第三者割当増資により関連会社化。吉野家 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野家

    吉野家から見た郷伍郎

    『吉野家牛丼CMソング』(作詞・作曲:郷伍郎、JASRAC作品コード:063-8181-2)を使用したテレビCMが盛んに放送されていた。 「牛丼一筋80年」「やったねパパ。明日はホームランだ!」などのフレーズが知られているものである。この曲は、後の『あー、牛丼食いてー』編でも一部使われている。吉野家 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野家

    吉野家から見た安部修仁

    9月6日 - 安部修仁社長が記者会見を行い、2年7ヶ月ぶりに牛丼の販売を9月18日に限定再開する件を発表。吉野家 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野家

    吉野家から見たキン肉マン

    また、キン肉マン、ひだまりスケッチなどの作中で「吉野屋」の名が頻繁に出ていた事や、競合チェーンに「松屋」が存在する事による影響から、「吉野屋」と誤表記されることが多い。過去には吉野家の家を強調する新聞広告を出した事もあった。吉野家 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野家

    吉野家から見た厚生労働省

    4月21日・23日 - 伊藤忠商事が吉野家向けに2007年(平成19年)8月に輸入した米国産牛肉(ナショナルビーフ社カリフォルニア工場出荷)700箱中1箱から特定危険部位の脊柱が混入していた腰部の肉を吉野家の加工工場「東京工場」(埼玉県大利根町)で4月21日発見、農林水産省と厚生労働省は同月23日この事実を発表。問題の牛肉は工場でのチェック体制がきちんと働いたことにより、消費者には販売されていないため「吉野家の牛丼は安全だ」と同社は強調した。2009年(平成21年)春より順次展開し、2011年度(平成23年度)中に全店導入完了予定であり、吉野家WAONカードも発行する。吉野家 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野家

    吉野家から見た日本橋 (東京都中央区)

    吉野家は、1899年(明治32年)に東京・日本橋で創業。創業者・松田栄吉が大阪府西成郡野田村字吉野(上京時は大阪市北区西成野田字吉野。現在の同市福島区吉野)の出身だったことから屋号が吉野家になった。吉野家 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野家

    吉野家から見た駅ナカ

    代金は基本的にレジによる支払いであり、これは客とスタッフのコミュニケーションを重視しているため、伝統的に醸し出してきたひとつの文化、という意味合いがある。一部では「機会損失防止説」が券売機を置かない理由の定説として流布されているが、それは間違いであり逆に「労働生産性を徹底的に追求した場合、券売機は必然の道具」と吉野家側も認めているが、前述の理由にて収益が許す限りレジによる支払いを続ける方針としている。ただし、駅ナカテナントなどの一部店舗においては券売機が導入されている。また、2010年(平成22年)から通常店舗の一部において、店舗維持・利益確保の対応策として実験的に券売機を導入している。吉野家 フレッシュアイペディアより)

  • 吉野家

    吉野家から見たワシントン州

    他の牛丼店と同様、原料である牛肉のほとんどがアメリカ合衆国からの輸入であるため、2003年(平成15年)にワシントン州でBSE(牛海綿状脳症)感染牛が確認され米国からの輸入が停止されると牛肉の調達が不能になり、一時牛丼販売の休止に追い込まれ、営業の縮小や、牛カレー丼、豚丼などの代替商品の緊急投入を余儀なくされた。以降は多メニュー展開を行い、牛丼販売再開後も継続している。吉野家 フレッシュアイペディアより)

301件中 51 - 60件表示

「吉野家ホールディングス」のニューストピックワード