1959件中 21 - 30件表示
  • 松好貞夫

    松好貞夫から見た同志社大学同志社大学

    滋賀県生まれ。1925年、同志社大学法学部卒。大阪市職員として「明治経済市史」の編纂にあたり、次いで、大蔵省明治財政史編纂所に勤務した。1949年、「新田の研究」で、同志社大学経済学博士。東京都立大学教授。1966年、定年退官、名誉教授、流通経済大学教授。松好貞夫 フレッシュアイペディアより)

  • 関西六大学野球連盟 (旧連盟)

    関西六大学野球連盟 (旧連盟)から見た同志社大学同志社大学

    1929年には京都帝国大学と関西大学、同志社大学の3校対抗戦が開始され、1930年には京都五大学野球連盟から離脱した立命館大学が3校対抗戦へ加わる形で関西四大学野球連盟(関西大学、京都帝国大学、同志社大学、立命館大学)を設立した。関西六大学野球連盟 (旧連盟) フレッシュアイペディアより)

  • 関西文化学術研究都市

    関西文化学術研究都市から見た同志社大学同志社大学

    1986年4月 同志社大学,同志社女子大学が田辺地区に田辺キャンパス(現・京田辺キャンパス)を開設。関西文化学術研究都市 フレッシュアイペディアより)

  • 梶井基次郎

    梶井基次郎から見た同志社大学同志社大学

    1921年(大正10年)1月、基次郎は「江戸カフェー」で同志社大学の猛者・渡辺と出くわし、喧嘩を売られる気がしてびくびくし、矢野繁を先に歩かせようと考えた自身の弱小と卑劣さを反省し草稿を書いた(のち習作「卑怯者」などになる)。3月、京都公会堂でエルマンのヴァイオリン演奏を聴いた基次郎は、公演終了後、車で立ち去ろうとするエルマンに駆け寄り、握手してもらい感涙した。梶井基次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 水崎基一

    水崎基一から見た同志社大学同志社大学

    水崎 基一(みずさき もといち、1871年(明治4年)9月28日 - 1937年(昭和12年)11月29日)は、日本の経済学者、教育者。同志社大学経済学部教授を経て、浅野綜合中学校(現・浅野中学校・高等学校)初代校長。クリスチャン。なお、書、漢詩、短歌の雅号は濃川。水崎基一 フレッシュアイペディアより)

  • 井辺八幡山古墳

    井辺八幡山古墳から見た同志社大学同志社大学

    1969年(昭和44年)、発掘調査(同志社大学考古学研究室の森浩一ら、1972年に報告書刊行)。井辺八幡山古墳 フレッシュアイペディアより)

  • 新島襄

    新島襄から見た同志社大学同志社大学

    新島 襄(にいじま じょう 英字表記:、天保14年1月14日(1843年2月12日) - 明治23年(1890年)1月23日)は日本の宗教家、教育者。学位は理学士。同志社英学校(後の同志社大学)を興した。明治六大教育家の1人に数えられている。新島襄 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤優 (作家)

    佐藤優 (作家)から見た同志社大学同志社大学

    佐藤 優(さとう まさる、1960年〈昭和35年〉1月18日 - )は、日本の外交官、作家。学位は神学修士(同志社大学・1985年)。同志社大学神学部客員教授、静岡文化芸術大学招聘客員教授。佐藤優 (作家) フレッシュアイペディアより)

  • 西澤由隆

    西澤由隆から見た同志社大学同志社大学

    西澤 由隆(にしざわ よしたか、1957年 - )は、日本の政治学者。専門は、投票行動、計量政治。同志社大学では三宅一郎、イェール大学ではダグラス・レイに師事した。西澤由隆 フレッシュアイペディアより)

  • 片町線

    片町線から見た同志社大学同志社大学

    起点である木津駅は京都府の最南部木津川市に位置し、片町線(学研都市線)の列車は1線のみを使用している。木津駅を出ると大きく左にカーブし、住宅地の合間をカーブしながら抜けると右側にのみホームのある西木津駅、その先で右にカーブして近鉄京都線をくぐってしばらく近鉄線と並走し、精華町に入り関西文化学術研究都市の玄関口である祝園駅に着く。左側にホームのある下狛駅を過ぎると京田辺市に入って、しだいに右手には近鉄西大寺検車区宮津車庫の横を走行し、行き違い設備を持つJR三山木駅、続いて同志社大学京田辺キャンパスの最寄り駅である同志社前駅に着き、さらにミツマンボと呼ばれるレンガ橋の天井川をくぐって京田辺駅に着く。2010年3月12日まで京田辺駅では全列車の車両の増解結が行われていたが、これは京田辺駅以南は4両編成しか運転できなかったためである。片町線 フレッシュアイペディアより)

1959件中 21 - 30件表示

「同志社大学」のニューストピックワード