1354件中 71 - 80件表示
  • 位田隆一

    位田隆一から見た同志社大学同志社大学

    位田 隆一(いだ りゅういち、1948年2月16日 - )は、兵庫県姫路市出身の法学者。同志社大学特別客員教授。専門は国際法、国際生命倫理法。位田隆一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田信弘

    前田信弘から見た同志社大学同志社大学

    丸亀市立飯野小学校の6年の時にサッカーを始めた。その後丸亀市立東中学校、香川県立丸亀高等学校、同志社大学を経て1997年にヴェルディ川崎に入団。1998年から2シーズン在籍したヴィッセル神戸では武田治郎と激しい正GK争いを演じた。その後は清水エスパルス、アルビレックス新潟に在籍するも試合出場はなく、2004年にアルビレックス新潟シンガポールに期限付き移籍(コーチ兼任)。同年限りで現役を引退した。前田信弘 フレッシュアイペディアより)

  • 21世紀COEプログラム

    21世紀COEプログラムから見た同志社大学同志社大学

    1件 北海道大学 政策研究大学院大学 大阪大学 東京都立大学 日本福祉大学 同志社大学 関西学院大学21世紀COEプログラム フレッシュアイペディアより)

  • 立命館大学

    立命館大学から見た同志社大学同志社大学

    協定ではないが、共同事業として2004年より「関関同立」の4校である、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学が主催し、読売新聞社が共催する各大学学長によるフォーラムが、全国の主要都市で年一回開催されている。同フォーラム会場では、4大学合同の入試説明会も開かれている。立命館大学 フレッシュアイペディアより)

  • 呉相淳

    呉相淳から見た同志社大学同志社大学

    1912年、渡日した呉は、京都の同志社大学宗教哲学科に入学する。1918年、同志社大学を卒業すると、帰国し、実家にしばらく戻ったものの、ソウル市鍾路区鍾路5街にあった亡くなった母の実家に身を寄せることになる。こうして呉の詩作はさすらいと共に始まった。1920年、金億、南宮璧、廉想渉、黄錫禹らと『廃墟』の同人となり、同誌に「時代苦とその犠牲()」(評論)で文壇に登場した。そこに込められたのは、3・1独立運動の失敗による植民地という現実に打ちひしがれる朝鮮人に、犠牲的精神を持って克服し、新しい時代の創造を建設することを呼びかけるものであったが、克服という努力よりも運命というむなしさが感じられる。呉は詩作の中で「虚無」を深化させていく。呉相淳 フレッシュアイペディアより)

  • 小川和久

    小川和久から見た同志社大学同志社大学

    中学卒業後、第7期自衛隊生徒として陸上自衛隊生徒教育隊に入隊。続いて、陸上自衛隊航空学校、同・霞ケ浦分校で航空機整備を学ぶ。この時期、神奈川県立湘南高等学校通信制で併学する。陸上自衛隊生徒教育隊・航空学校修了。同志社大学神学部除籍。小川和久 フレッシュアイペディアより)

  • 大学の略称

    大学の略称から見た同志社大学同志社大学

    同大(どうだい):同志社大学大学の略称 フレッシュアイペディアより)

  • 小藪修

    小藪修から見た同志社大学同志社大学

    小藪 修(こやぶ おさむ、1947年10月24日 - )は、大阪府立淀川工業高等学校を経て同志社大学、新日鐵釜石で活躍した元ラグビー選手・指導者である。現役時代のポジションはスタンドオフ。小藪修 フレッシュアイペディアより)

  • はしだのりひこ

    はしだのりひこから見た同志社大学同志社大学

    はしだ のりひこ(本名:端田宣彦、1945年1月7日 - )は日本のシンガーソングライター、フォークシンガー。京都府京都市生まれ。同志社高等学校、同志社大学神学部卒業。身長163cm。はしだのりひこ フレッシュアイペディアより)

  • 土佐ノ海敏生

    土佐ノ海敏生から見た同志社大学同志社大学

    土佐ノ海 敏生(とさのうみ としお、本名:山本 敏生(やまもと としお)、1972年2月16日 - )は、高知県安芸市出身で伊勢ノ海部屋に所属した元大相撲力士。現在は年寄・立川。得意手は右四つ、突き、押し、上手投げ。最高位は東関脇(1997年7月場所・同年9月場所、2004年1月場所)。安芸市立安芸中学校、高知高等学校、同志社大学商学部卒業。身長185cm、体重141kg、趣味は映画鑑賞、愛称は「トシオ」、好物はケーキ、星座はみずがめ座、血液型はB型、干支は子年。土佐ノ海敏生 フレッシュアイペディアより)

1354件中 71 - 80件表示

「同志社大学」のニューストピックワード