1354件中 81 - 90件表示
  • 鄭芝溶

    鄭芝溶から見た同志社大学同志社大学

    1918年、徽文高等普通学校に入学する。この頃から詩の創作活動を始め、この年の12月、『曙光』創刊号に小説「三人」を発表した。学業の成績は非常によく、一年のときは首席であった。この時期、金崋山、朴八陽、朴済瓉らと共に、同人誌『搖籃』を発刊している。1922年、徽文高等普通学校を卒業し、父の友人である柳宓永宅で生活する。1923年、徽文義塾派らで作る「文友会」の学芸部長を務め、機関紙『徽文』創刊号の編集委員長もこなした。その才能が認められ、徽文義塾の校費で日本に留学することになり、1923年に京都の同志社大学英文科に入学した。留学中も詩の創作を続け、日本語でも『近代風景』に「悲しき印象画」「早春の朝」「鴨川」などを発表し、北原白秋からも高い評価を受けた。鄭芝溶 フレッシュアイペディアより)

  • 岩倉 (京都市)

    岩倉 (京都市)から見た同志社大学同志社大学

    しかし程なくして本格化した1930年代前半の農業恐慌と、1935年の大水害は村民の生活を直撃し、岩倉村がこのダメージから回復するには長い時間を必要とした。その一方で同時期の1929年には同志社高等商業学校(現・同志社大学商学部)が京都市内から岩倉村に移転することとなり、その後岩倉が文教地区として開発される端緒が作られたが、この際多くの村民が集落から遠く農業に適さない盆地南部の湿地帯の農地を同志社に売却しており、これが現在の同志社岩倉校地の起源となっている。岩倉 (京都市) フレッシュアイペディアより)

  • 花の御所

    花の御所から見た同志社大学同志社大学

    現在の同志社大学今出川校地の烏丸通を挟んで向かい側の場所にある同志社大学・寒梅館以南に位置していた。名残としては、邸内に建てられた岡松殿に始まる大聖寺が現存する。花の御所 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部賢一

    阿部賢一から見た同志社大学同志社大学

    1903年(明治36年)から1908年(明治41年)までの5年間を同志社普通学校で学ぶ。同窓には湯浅八郎がいた。同志社を出た後早稲田大学大学部政治経済学科に進学。1912年(明治45年)同学科を首席卒業。同年設立された同志社大学に講師として赴任する。10年間同志社大学で講師、教授を務めた後請われて早稲田大学に移籍。1935年(昭和10年)まで政治経済学部で教鞭をとる。その一方でジャーナリストとしても活躍。岳父徳富蘇峰が主宰する『国民新聞』記者、『東京日日新聞』論説委員、主筆などを歴任した。戦後早稲田大学に復帰。1951年(昭和26年)から1961年(昭和36年)まで講師、常任理事、評議員会会長。1966年(昭和41年)5月には総長代行として再び復帰、同年9月総長就任。大学紛争の解決に粉骨砕身し、機動隊の手に委ねることなく封鎖解除を成し遂げることに成功した。1971年(昭和46年)、勲一等瑞宝章受章。阿部賢一 フレッシュアイペディアより)

  • 宗教系旧制専門学校

    宗教系旧制専門学校から見た同志社大学同志社大学

    同志社英学校(組合派系・1875年11月・同志社大学宗教系旧制専門学校 フレッシュアイペディアより)

  • 山本覚馬

    山本覚馬から見た同志社大学同志社大学

    山本 覚馬(山本 覺馬、やまもと かくま、文政11年1月11日(1828年2月25日) - 明治25年(1892年)12月28日)は、江戸時代末期の会津藩士、砲術家。明治維新後は地方官・政治家として初期の京都府政を指導した。また、同志社英学校(現同志社大学)の創立者・新島襄の協力者として、現在の同志社大学今出川校地の敷地を譲った人物としても知られている。山本覚馬 フレッシュアイペディアより)

  • 村田晃嗣

    村田晃嗣から見た同志社大学同志社大学

    村田 晃嗣(むらた こうじ、1964年7月13日 - )は、兵庫県神戸市出身の国際政治学者、同志社大学法学部教授。法学部長。専攻はアメリカ外交、安全保障政策の研究であり、テレビなどの各種メディアへの出演が多いこともあって、その方面の論客としても知られている。村田晃嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 横井軍平

    横井軍平から見た同志社大学同志社大学

    横井 軍平(よこい ぐんぺい、1941年9月10日 - 1997年10月4日)は、日本の技術者、ゲームクリエイター。京都府京都市出身。同志社大学工学部電子工学科卒。横井軍平 フレッシュアイペディアより)

  • 坂元要介

    坂元要介から見た同志社大学同志社大学

    ユース日本代表として、アトランタオリンピック・アジア一次予選メンバーへ選出されたが、本大会メンバーへは選出されなかった。同志社大学の同期に、吉田恵、前田信弘がいる。1996年、Jリーグ・京都パープルサンガへ加入。公式戦出場も果たしたが、わずか1年で退団した。その後、佐川急便大阪SC、FC京都BAMB1993を経て、2002年に現役を引退している。坂元要介 フレッシュアイペディアより)

  • 中田哲雄

    中田哲雄から見た同志社大学同志社大学

    中田哲雄(なかた てつお 1941年11月6日-)は、日本の官僚。元中小企業庁長官、同志社大学教授。中田哲雄 フレッシュアイペディアより)

1354件中 81 - 90件表示

「同志社大学」のニューストピックワード