124件中 61 - 70件表示
  • 同志社大学

    同志社大学から見た短期大学

    同志社大学では1950年から1958年まで同志社大学短期大学部が存在し、学生募集は1953年度まで行なっていた。1954年度より、同志社大学の文・法・経済・商・工の各学部に第2部(夜間部)を設置するに伴い、短期大学の学生募集を停止し、1958年12月10日をもって廃止。それぞれ2部に改組させる。同志社大学 フレッシュアイペディアより)

  • 同志社大学

    同志社大学から見た施設

    同志社大学ではこうした学生が自主管理を行う考え方を「自治理念」と呼んでいる。「自治理念」とは、土地や建物は大学の施設であるものの、その管理・運営は、居住する寮生自身によって行うという考え方である。実際、寮の管理・運営における大学との関係においては、自治精神を重視し、一定の緊張感を保った交渉を行っている。同志社大学 フレッシュアイペディアより)

  • 同志社大学

    同志社大学から見た全国大学ラグビーフットボール選手権大会

    ラグビー部は関西学生ラグビー界では著名で、1980年代前半には全国大学ラグビーフットボール選手権大会において3連覇を含む4度の優勝を成し遂げた。同志社大学 フレッシュアイペディアより)

  • 同志社大学

    同志社大学から見たミッション系大学

    明治六大教育家の一人である新島襄によって1875年に創立された同志社英学校を前身とする大学である。キリスト教プロテスタント系の会衆派教会(組合教会)の流れをくむが、いわゆるミッションスクールとは性質が異なり、キリスト教伝道を主たる目的としない(教育そのものを伝道の手段としない)。同志社大学 フレッシュアイペディアより)

  • 同志社大学

    同志社大学から見たサッカー

    同志社大学で活動する団体は「学生支援センター登録団体」、「学友団公認団体」と「その以外」に分けられる。新入生入学時期には各団体のオリエンテーション期間が設けられており、各団体は校地内に設けたブースで新入生に参加を呼びかけている。こうした団体の紹介に専門のフリーペーパーを発行する団体も存在する。同一スポーツでも複数の団体が存在するため、同志社大学内の団体のみが加盟するDoshisha Tennis League (硬式テニス)、D-League(サッカー)などといった連盟が存在する。同志社大学 フレッシュアイペディアより)

  • 同志社大学

    同志社大学から見た冷泉家

    今出川キャンパスは旧薩摩藩邸の跡地で、同志社英学校時代から利用されている。隣接して冷泉家、南に京都御所、北に相国寺がある。今出川キャンパス内では同志社礼拝堂、クラーク記念館など、5棟が国の重要文化財に指定されている。これらの建物は現在でも講義・事務所・礼拝等に使用されている。同志社大学 フレッシュアイペディアより)

  • 同志社大学

    同志社大学から見た重要文化財

    ファイル:DoshishaChurch.jpg|同志社礼拝堂(重要文化財同志社大学 フレッシュアイペディアより)

  • 同志社大学

    同志社大学から見た旧制大学

    1875年に新島襄が創立した同志社英学校を前身とする大学。1920年、西日本の私立大学で初めての大学令に基づく旧制大学となった。同志社大学 フレッシュアイペディアより)

  • 同志社大学

    同志社大学から見た同立戦

    硬式野球部は関西学生野球連盟に加盟、同立戦は大学野球ファンにはよく知られている。同志社大学 フレッシュアイペディアより)

  • 同志社大学

    同志社大学から見たイスラーム

    1999年に神学部神学科と明示される。現在は、特定教派の牧師養成のみを目的とせず、一神教を中心に幅広く宗教を学べる学部となっている。キリスト教神学のみならず、ユダヤ教、イスラーム関連科目が設置されていることも特徴。卒業後の進路は他学部と変わらず一般企業への就職が多い。以前は1、2年次は京田辺校地で学び、3、4年次は今出川校地で学んだが、2009年度より全学年を今出川校地へ統合。同志社大学 フレッシュアイペディアより)

124件中 61 - 70件表示

「同志社大学」のニューストピックワード