前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示
  • 山本悍右

    山本悍右から見た名古屋市美術館名古屋市美術館

    1932年4月、『独立』B・2号に発表された“或る人間の思想の発展 靄と寝室”(現・名古屋市美術館蔵)は山本悍右の発表された作品として現存する最も古い作品である。1938年、「青憧社」を結成し、会報『CARNET BLEU』を編輯、発行。戦時下、国策により出版物が日本名に改称させられて行く中、1942年8月、第5号(終刊)までタイトルにはフランス語を使用、刊行した。山本悍右 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤マンヤ

    加藤マンヤから見た名古屋市美術館名古屋市美術館

    「現代美術のポジション 2003」名古屋市美術館 / 名古屋(2003年)加藤マンヤ フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺幾春

    渡辺幾春から見た名古屋市美術館名古屋市美術館

    第二次世界大戦後は画壇とは没交渉となったが、絵は描き続け、再び温和かつ平明な画風に戻っている。幾春の作品数点は名古屋市美術館に収蔵されている。渡辺幾春 フレッシュアイペディアより)

  • あいちトリエンナーレ

    あいちトリエンナーレから見た名古屋市美術館名古屋市美術館

    2009年8月15日から10月25日にかけて、愛知県立芸術大学で教鞭を執り、数々の現代芸術家を教えた櫃田伸也と教え子の作品を展示する「放課後のはらっぱ -櫃田伸也とその教え子たち-」が愛知県美術館と名古屋市美術館で開かれた。あいちトリエンナーレ フレッシュアイペディアより)

  • 北川民次

    北川民次から見た名古屋市美術館名古屋市美術館

    1989年7月からは名古屋市美術館で回顧展「追悼 北川民次展」が開催された。1996年(平成8年)11月から1997年(平成9年)1月には愛知県美術館で「北川民次展」が開催された。1996年中は穏やかな客入りだったが、年を越してから入場者が増加し、結果的には約3万人の鑑賞者を集めた。北川民次 フレッシュアイペディアより)

  • 栄 (名古屋市)

    栄 (名古屋市)から見た名古屋市美術館名古屋市美術館

    File:Nagoya City Art Museum01-r.jpg|名古屋市美術館栄 (名古屋市) フレッシュアイペディアより)

  • 前衛写真協会

    前衛写真協会から見た名古屋市美術館名古屋市美術館

    『日本のシュールレアリスム展』展覧会カタログ(名古屋市美術館・1990年)192ページ?195ページ前衛写真協会 フレッシュアイペディアより)

  • 淵上白陽

    淵上白陽から見た名古屋市美術館名古屋市美術館

    平成18年度: 淵上白陽研究 : 写真画集『白陽』解題 : 時代と表現(竹葉丈、名古屋市美術館研究紀要14巻、2006年)淵上白陽 フレッシュアイペディアより)

  • アントワーヌ・シャントルイユ

    アントワーヌ・シャントルイユから見た名古屋市美術館名古屋市美術館

    日本では、1989年に『ル・サロンの巨匠たち フランス絵画の精華展』で「牝鹿のいる林間の空地」が出品された。また2004年に名古屋市美術館で開催された『ゴッホ、ミレーとバルビゾンの画家たち展』に「収穫」が出品された。ニューオータニ美術館が版画を所有している。アントワーヌ・シャントルイユ フレッシュアイペディアより)

  • 日本写真史展

    日本写真史展から見た名古屋市美術館名古屋市美術館

    この展覧会については、大部の展覧会カタログ(展覧会タイトルと同名、ISBN; 0300099258)が作成されている。このカタログには、木下直之、金子隆一、竹葉丈(名古屋市美術館学芸員)、飯沢耕太郎の4名が文章を寄せている。日本写真史展 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示

「名古屋市美術館」のニューストピックワード