49件中 31 - 40件表示
  • 竹葉丈

    竹葉丈から見た名古屋市美術館名古屋市美術館

    2009年現在、名古屋市美術館学芸員であり、各種写真展の企画を行っている。竹葉丈 フレッシュアイペディアより)

  • 上田備山

    上田備山から見た名古屋市美術館名古屋市美術館

    『日本のシュールレアリスム』展カタログ(名古屋市美術館・1990年)上田備山 フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡堅二

    吉岡堅二から見た名古屋市美術館名古屋市美術館

    山田論 中村暁子 保崎裕徳編集 『「画家たちと戦争:彼らはいかにして生きぬいたのか」展』 名古屋市美術館、2015年吉岡堅二 フレッシュアイペディアより)

  • 河口龍夫

    河口龍夫から見た名古屋市美術館名古屋市美術館

    2007年10月より、日本人では初めて同時期、別会場での個展を名古屋市美術館と兵庫県立美術館でそれぞれ開催。タイトルは「河口龍夫?見えないものと見えるもの?」The Invisible and The Visible。河口龍夫 フレッシュアイペディアより)

  • 赤瀬川原平

    赤瀬川原平から見た名古屋市美術館名古屋市美術館

    赤瀬川原平の冒険 脳内リゾート開発大作戦 1995年1月21日〜4月2日 名古屋市美術館赤瀬川原平 フレッシュアイペディアより)

  • 辰巳琢郎

    辰巳琢郎から見た名古屋市美術館名古屋市美術館

    名古屋市美術館「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」(2011年) - 音声ガイド辰巳琢郎 フレッシュアイペディアより)

  • 美人画

    美人画から見た名古屋市美術館名古屋市美術館

    吉田俊英 「郷土の・美人画・考」(『郷土の美人画考』展図録所収、名古屋市美術館、1997年。同著 『尾張の絵画史研究』に再録 清文堂、2008年 ISBN 978-4-7924-0663-9)美人画 フレッシュアイペディアより)

  • 小清水漸

    小清水漸から見た名古屋市美術館名古屋市美術館

    東京国立近代美術館、東京都美術館、原美術館、名古屋市美術館、国立国際美術館、広島市現代美術館、テート・モダン、ダラス美術館ほか。小清水漸 フレッシュアイペディアより)

  • 明日の神話

    明日の神話から見た名古屋市美術館名古屋市美術館

    10月 132.5×728センチ 名古屋市美術館所蔵明日の神話 フレッシュアイペディアより)

  • 長篠の戦い

    長篠の戦いから見た名古屋市美術館名古屋市美術館

    大阪城天守閣や徳川美術館(公式サイトに解説)も「長篠合戦図屏風」を所蔵しているが、これらは成瀬家本を写したもので、自然描写から大阪城天守閣本は成瀬家本からさほど下らない時期、徳川美術館本は江戸時代後期に描かれたと推測される。なお、名古屋市美術館本(文化庁オンラインに解説)は、合戦の情報量が少なく、絵画様式から見て成瀬本より古い17世紀前半元和から寛永前期頃の制作と見られる。作者は大和絵系の絵師。元は六曲一双で長篠合戦図を構成していたと考えられ、これを六曲一隻にまとめつつ内容を充実させ、更に左隻に小牧長久手合戦図を加えたのが成瀬本だと推測される。長篠の戦い フレッシュアイペディアより)

49件中 31 - 40件表示

「名古屋市美術館」のニューストピックワード