59件中 11 - 20件表示
  • 稲沢線

    稲沢線から見た名古屋臨海高速鉄道名古屋臨海高速鉄道

    名古屋駅の名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線(あおなみ線)ホーム付近が起点。名古屋駅構内は単線になっており、在来線13番線と新幹線14番線間の線路のうち、一番14番線寄りの線路を通る。名古屋駅構内の北側で中央本線の延長線上の貨物線と合流して複線になり、次の枇杷島駅までは東海道本線の西側を通る。名古屋駅 - 枇杷島駅間の庄内川橋梁北側に東海道本線下り線から稲沢線下り線に転線するための渡り線があり、稲沢線を経由する東海道本線下り列車は原則としてこの渡り線を使用する。この渡り線は枇杷島駅構内に含まれている。枇杷島駅の稲沢線上には東海交通事業城北線のホームがあり、城北線が複線内側から分岐している。稲沢線 フレッシュアイペディアより)

  • 高畑車庫

    高畑車庫から見た名古屋臨海高速鉄道名古屋臨海高速鉄道

    高畑車庫は高い壁で囲まれているため、周囲からは車両の頭が見える程度である。東側に名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線(あおなみ線)が通っており、小本駅と荒子駅の間で車内から高畑車庫を望むことが可能である。高畑車庫 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋市営みなと荘1棟

    名古屋市営みなと荘1棟から見た名古屋臨海高速鉄道名古屋臨海高速鉄道

    同じ野跡地区にあり、1999年(平成11年)とほぼ同時期に建設されたシティファミリー鴨浦と高さもほぼ同じ為、遠くから見るとツインタワーの様に見える。1棟から7棟まで建てられている。最寄りの駅は、名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線(あおなみ線)の野跡駅。名古屋市営みなと荘1棟 フレッシュアイペディアより)

  • いこまいきっぷ

    いこまいきっぷから見た名古屋臨海高速鉄道名古屋臨海高速鉄道

    名古屋鉄道・名古屋ガイドウェイバス・名古屋臨海高速鉄道・愛知高速交通は利用できない。いこまいきっぷ フレッシュアイペディアより)

  • 日本独楽博物館

    日本独楽博物館から見た名古屋臨海高速鉄道名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道あおなみ線「稲永駅」または、名古屋市営地下鉄名城線「築地口駅」より徒歩約15分。日本独楽博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 都市高速鉄道

    都市高速鉄道から見た名古屋臨海高速鉄道名古屋臨海高速鉄道

    都市交通の整備の際に地下鉄やモノレールおよび新交通システムなどを「路面電車(市電)より高速の交通機関」という定義づけをする場合に、それらの運営事業体が「高速」を称した名称(「高速鉄道」「高速交通」など)を採用することがある。なお、法的には都市計画法第11条第1項で、都市施設の一つとしてこれらを「都市高速鉄道」と称している(例:東京高速鉄道→帝都高速度交通営団(現:東京地下鉄)、埼玉高速鉄道、名古屋臨海高速鉄道、京都市高速鉄道、京都高速鉄道(前記の京都市高速鉄道とは別)、泉北高速鉄道、神戸高速鉄道、北九州高速鉄道など)。都市高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 直行便

    直行便から見た名古屋臨海高速鉄道名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線(あおなみ線)では、金城ふ頭駅最寄りの名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)で大規模なイベントがあるときは臨時列車を運行することがあり、2014年頃より一部の臨時列車において名古屋駅 - 金城ふ頭駅間をノンストップとして運行するようになった。直行便 フレッシュアイペディアより)

  • ユリカ

    ユリカから見た名古屋臨海高速鉄道名古屋臨海高速鉄道

    あおなみカード - 名古屋臨海高速鉄道が発売していた、トランパス対応の乗車カード。ユリカ フレッシュアイペディアより)

  • あおなみカード

    あおなみカードから見た名古屋臨海高速鉄道名古屋臨海高速鉄道

    あおなみカードは、名古屋臨海高速鉄道が発行していた乗車カードである。あおなみ線各駅の乗車券自動券売機で販売していた。ストアードフェアシステムに対応しており、トランパス加盟各社局で使用できた。あおなみカード フレッシュアイペディアより)

  • ドニチエコきっぷ

    ドニチエコきっぷから見た名古屋臨海高速鉄道名古屋臨海高速鉄道

    名古屋鉄道・名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)・愛知高速交通(リニモ)は利用できない。なお、名鉄との直通運転で乗り越した場合は、地下鉄の終点(上小田井駅・赤池駅・上飯田駅)からの運賃を支払う必要がある。ドニチエコきっぷ フレッシュアイペディアより)

59件中 11 - 20件表示

「名古屋臨海高速鉄道」のニューストピックワード