1 2 3 4 5 6 次へ
59件中 51 - 59件表示
  • TOICA

    TOICAから見た名古屋臨海高速鉄道名古屋臨海高速鉄道

    名古屋鉄道・名古屋市交通局・名古屋臨海高速鉄道・豊橋鉄道との間では、TOICAまたはmanacaによる連絡定期券を、近畿日本鉄道との間ではTOICAまたはICOCAによる連絡定期券を発行することができる。その他の鉄道・バス事業者との連絡定期券としては使用できない。また、2枚以上の定期券(区間の分割購入など)を利用する場合は、従来通り磁気定期券を使用する必要がある。TOICA フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海高速鉄道1000形電車

    名古屋臨海高速鉄道1000形電車から見た名古屋臨海高速鉄道名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道1000形電車(なごやりんかいこうそくてつどう1000がたでんしゃ)は、名古屋臨海高速鉄道に在籍する通勤形電車である。名古屋臨海高速鉄道1000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 駅ナンバリング

    駅ナンバリングから見た名古屋臨海高速鉄道名古屋臨海高速鉄道

    名古屋市営地下鉄、名古屋ガイドウェイバス、名古屋臨海高速鉄道の名古屋地区3事業者では、地下鉄名城線名古屋大学駅 - 新瑞橋駅間開業・環状運転開始の日、および西名古屋港線(あおなみ線)の旅客営業開始日である2004年10月6日に一斉に導入された。駅ナンバリング フレッシュアイペディアより)

  • 東海旅客鉄道

    東海旅客鉄道から見た名古屋臨海高速鉄道名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道株式会社 - あおなみ線を運営している会社東海旅客鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋市営地下鉄東山線

    名古屋市営地下鉄東山線から見た名古屋臨海高速鉄道名古屋臨海高速鉄道

    名古屋市で最初に開業した地下鉄路線である。同市内を東西に横断し、都心部の名駅地区(地下鉄のほかJR東海の新幹線・在来線・名鉄線・近鉄線・名古屋臨海高速鉄道の名古屋駅周辺)と栄を通って市東部を結んでいる。一社駅 - 上社駅間から藤が丘駅までは地上区間で高架線となり、本郷駅 - 藤が丘駅間で東名高速道路を跨ぐ。東端の藤が丘駅では愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)に接続し、名古屋市営地下鉄の路線で唯一、名東区を通っている。名古屋市営地下鉄の中で最も利用者が多いだけでなく、純利益額は日本の公営地下鉄では大阪市営地下鉄御堂筋線に次ぐ第2位である(参照:日本の地下鉄)。名古屋市営地下鉄東山線 フレッシュアイペディアより)

  • 東海道本線

    東海道本線から見た名古屋臨海高速鉄道名古屋臨海高速鉄道

    2004年(平成16年)10月6日:【海】西名古屋港線 名古屋駅 - 名古屋貨物ターミナル駅間が名古屋臨海高速鉄道に転換。東海道本線 フレッシュアイペディアより)

  • 関西本線

    関西本線から見た名古屋臨海高速鉄道名古屋臨海高速鉄道

    名古屋駅を出発した列車は右に曲がり東海道本線などから離れる。進行方向右側には名古屋車両区が広がる。最初に関西鉄道が開業した「愛知駅」はここに位置した。一方、左側にはかつて笹島駅(貨物)であった跡地が広がる。名古屋高速5号万場線をアンダークロスした後、高架となり、名古屋貨物ターミナル駅への貨物線(名古屋臨海高速鉄道あおなみ線)が分岐すると間もなく八田駅に着く。その後、庄内川橋梁の手前で近鉄名古屋線をアンダークロスし、国道302号を乗り越えると2001年に新設された春田駅に着く。その後、蟹江駅、永和駅を経て弥富駅に到着する。弥富駅では名鉄尾西線と接続する。同駅から桑名駅までは近鉄線と並行する。木曽川を渡ると三重県に入り、長島駅を経て長良川と揖斐川を渡る。この区間は1959年の伊勢湾台風で甚大な被害を受けた。また、この付近で近鉄名古屋線の旧線跡が垣間見える。桑名駅に着く手前で関西本線が近鉄線を潜る。関西本線 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋駅

    名古屋駅から見た名古屋臨海高速鉄道名古屋臨海高速鉄道

    名古屋駅(なごやえき)は、愛知県名古屋市中村区名駅にある、東海旅客鉄道(JR東海)・日本貨物鉄道(JR貨物)・名古屋臨海高速鉄道・名古屋市交通局(名古屋市営地下鉄)の駅である。名古屋駅 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知大学図書館

    愛知大学図書館から見た名古屋臨海高速鉄道名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)ささしまライブ駅下車、徒歩2分。愛知大学図書館 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
59件中 51 - 59件表示

「名古屋臨海高速鉄道」のニューストピックワード