前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示
  • 名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道から見た名古屋市交通局

    市については交通局所管ではなく住宅都市局所管である一方、交通局分掌の市営地下鉄との共通施策も多く、当初あおなみ線が市営地下鉄路線であると間違えられるほどであった。いずれにせよ市とは資本・経営面できわめて密接な関係にある。名古屋臨海高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道から見た東海旅客鉄道

    19団体が出資している。筆頭株主は名古屋市で、半数を超える76.9%の株式を保有している。他に愛知県の保有率が12.6%で、市・県だけで約90%を占めており、公的資本の比率がきわめて高い。県に続いて東海旅客鉄道(JR東海)が3.25%で、民間筆頭となっている。後述の事業再生ADRによる減資等により出資比率が2010年度末に変動したので、市の出資比率が上昇し、JR東海の出資比率が10%から3.25%まで下がった。名古屋臨海高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道から見た河村たかし

    2009年より名古屋市長に就任した河村たかしは、あおなみ線で蒸気機関車 (SL) を走らせ当線の活性化を図る構想を発表した。当時、早ければ2012年度から名古屋 - 中島間で試験運行を行う予定とも表明した。その際、必要となる蒸気機関車は西日本旅客鉄道(JR西日本)からC56 160あるいはC57 1のいずれかを借り受ける予定としていた。なお、運行区間が中島までにとどまる理由は、中島以南の新線区間の高架橋が旅客線専用であることを前提として建設されているため軸重の重い蒸気機関車の入線が困難であるため、と説明されている。名古屋臨海高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道から見た西日本旅客鉄道

    2009年より名古屋市長に就任した河村たかしは、あおなみ線で蒸気機関車 (SL) を走らせ当線の活性化を図る構想を発表した。当時、早ければ2012年度から名古屋 - 中島間で試験運行を行う予定とも表明した。その際、必要となる蒸気機関車は西日本旅客鉄道(JR西日本)からC56 160あるいはC57 1のいずれかを借り受ける予定としていた。なお、運行区間が中島までにとどまる理由は、中島以南の新線区間の高架橋が旅客線専用であることを前提として建設されているため軸重の重い蒸気機関車の入線が困難であるため、と説明されている。名古屋臨海高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道から見た名古屋鉄道

    名古屋市営地下鉄、名古屋市営バス、名古屋鉄道、JR東海との連絡定期券は、当線の駅では発売していない。地下鉄・市バスとの連絡定期券は開業当初は名古屋市営地下鉄の名古屋駅・栄駅・金山駅にある名古屋市交通局のサービスセンター3か所のみで発売されていたが、manaca導入後は名古屋市交通局のすべてのサービスセンター並びに一部の駅(上小田井駅・上飯田駅)をのぞく地下鉄各駅の駅長室でも発売されるようになった。名古屋鉄道との連絡定期券は名鉄各駅のみ、JR東海との連絡定期券はJR東海の各駅(いずれも係員窓口)のみでの発売である。なお、JR東海との連絡定期券はTOICAのみによる発売である。名古屋臨海高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道から見たリニア・鉄道館

    一方、経営再建にあたり2010年、代表取締役にJR東海出身者を迎えている。JR東海は、出資比率こそ低いものの名古屋 - 名古屋貨物ターミナル間の鉄道資産を譲渡したり、あおなみ線開業後は電車の検査を神領車両区や名古屋工場で受託したり社員を出向させるなどの協力を行っているほか、同社の博物館「リニア・鉄道館」をあおなみ線金城ふ頭駅前に開業させており、事実上の集客支援を行っている。名古屋臨海高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道から見た裁判外紛争解決手続

    2010年(平成22年)7月6日 - 事業再生ADR(裁判外紛争解決手続)の適用申請。名古屋臨海高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道から見たmanaca

    2011年(平成23年)2月11日 - ICカード乗車券manacaを導入名古屋臨海高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道から見た日本貨物鉄道

    名古屋市港区南部の旅客鉄道空白地帯を解消するため、西臨港貨物線(西名古屋港線)を旅客線化して「あおなみ線」と愛称を付け、第一種鉄道事業者として営業している。鉄道事業では社名に代わり「あおなみ線」の名で旅客案内を統一している。また、同時に貨物線として第二種鉄道事業を行う日本貨物鉄道(JR貨物)に施設を貸与している。2011年に事実上経営破綻しているが、県と市によって、440億円の公的資金を投入して事業再建計画中である(「開業後の動向」節も参照)。名古屋臨海高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道から見た自動改札機

    2005年3月18日から9月25日までささしまライブ駅前で開催された愛知万博ささしまサテライト会場「デ・ラ・ファンタジア」の利用者向けに、名古屋駅 - ささしまライブ駅間フリー乗車の「名古屋・ささしまライブ1日フリーきっぷ」を発売した。料金は大人300円・子供150円で、乗車券の裏面にはデ・ラ・ファンタジアのパビリオンの一つ「ポケパーク」にちなんで同年7月16日に公開された映画『ポケットモンスター ミュウと波導の勇者ルカリオ』のイラストイメージが描かれていた。なお、これは自動改札機を通すことができず、改札窓口で駅員に見せる仕様になっていたため、名古屋駅とささしまライブ駅でしか販売されていなかった。名古屋臨海高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示

「名古屋臨海高速鉄道」のニューストピックワード