65件中 11 - 20件表示
  • 名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道から見た総務省

    開業当初の一日利用客数の予想は66,000人であったが、2009年の実績では26,000人程度にとどまっており、予想を大きく下回っている。収入実績は、2006年3月期以降1,708百万円、1,644百万円、1,823百万円、1,876百万円と推移しているのに対し、毎期2,200百万円以上の減価償却費が発生しているため、営業赤字となっている。支払利息の負担も毎期640百万円以上発生しており、キャッシュ・フローベースでも赤字が継続していた。名古屋市では、総務省のガイドラインに基づき経営が著しく悪化している外郭団体の改革プラン(仮称)を作成することになり、名古屋臨海高速鉄道もこの対象となった。2009年7月より外部の有識者会議を開き、経営改革策の検討を進めていくことになった。名古屋臨海高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道から見た名古屋市

    名古屋臨海高速鉄道株式会社(なごやりんかいこうそくてつどう)は、愛知県名古屋市港区十一屋一丁目46番に本社を置き、同市で鉄道路線(西名古屋港線、通称あおなみ線)を経営する第三セクター鉄道事業者である。名古屋市の外郭団体(住宅都市局所管)。名古屋臨海高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道から見た蒸気機関車

    2009年より名古屋市長に就任した河村たかしは、あおなみ線で蒸気機関車 (SL) を走らせ当線の活性化を図る構想を発表した。当時、早ければ2012年度から名古屋 - 中島間で試験運行を行う予定とも表明した。その際、必要となる蒸気機関車は西日本旅客鉄道(JR西日本)からC56 160あるいはC57 1のいずれかを借り受ける予定としていた。なお、運行区間が中島までにとどまる理由は、中島以南の新線区間の高架橋が旅客線専用であることを前提として建設されているため軸重の重い蒸気機関車の入線が困難であるため、と説明されている。名古屋臨海高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道から見た株式

    19団体が出資している。筆頭株主は名古屋市で、半数を超える76.9%の株式を保有している。他に愛知県の保有率が12.6%で、市・県だけで約90%を占めており、公的資本の比率がきわめて高い。県に続いて東海旅客鉄道(JR東海)が3.25%で、民間筆頭となっている。後述の事業再生ADRによる減資等により出資比率が2010年度末に変動したので、市の出資比率が上昇し、JR東海の出資比率が10%から3.25%まで下がった。名古屋臨海高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道から見たSuica

    2013年(平成25年)3月23日 - ICカード乗車券Suicaの相互利用を開始(この時点では全国相互利用サービスの対象外)。名古屋臨海高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道から見た2009年

    2009年より名古屋市長に就任した河村たかしは、あおなみ線で蒸気機関車 (SL) を走らせ当線の活性化を図る構想を発表した。当時、早ければ2012年度から名古屋 - 中島間で試験運行を行う予定とも表明した。その際、必要となる蒸気機関車は西日本旅客鉄道(JR西日本)からC56 160あるいはC57 1のいずれかを借り受ける予定としていた。なお、運行区間が中島までにとどまる理由は、中島以南の新線区間の高架橋が旅客線専用であることを前提として建設されているため軸重の重い蒸気機関車の入線が困難であるため、と説明されている。名古屋臨海高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道から見た愛知高速交通

    愛知高速交通 - 愛知県が筆頭株主。名古屋臨海高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道から見たレゴランド・ジャパン

    その後、赤字額は年々減少しており、特に路線南部の中島駅や荒子川公園駅付近への商業施設や高層マンション新築が相次ぎ、ここ数年で沿線の人口が増加したこともあり、JR東海の博物館「リニア・鉄道館」がオープンした2011年頃から右肩上がりで利用者数の増加を記録している。さらに2017年4月1日にはデンマーク王国発祥のレゴ社が、あおなみ線の終点でもある金城ふ頭に日本初のレゴ社による大型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」をオープンし、その集客効果により、将来的にさらなる利用者数の増加が期待されている。名古屋臨海高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道から見たレゴ

    その後、赤字額は年々減少しており、特に路線南部の中島駅や荒子川公園駅付近への商業施設や高層マンション新築が相次ぎ、ここ数年で沿線の人口が増加したこともあり、JR東海の博物館「リニア・鉄道館」がオープンした2011年頃から右肩上がりで利用者数の増加を記録している。さらに2017年4月1日にはデンマーク王国発祥のレゴ社が、あおなみ線の終点でもある金城ふ頭に日本初のレゴ社による大型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」をオープンし、その集客効果により、将来的にさらなる利用者数の増加が期待されている。名古屋臨海高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋臨海高速鉄道

    名古屋臨海高速鉄道から見た名古屋ガイドウェイバス

    名古屋ガイドウェイバス - 名古屋市外郭団体(住宅都市局所管)名古屋臨海高速鉄道 フレッシュアイペディアより)

65件中 11 - 20件表示

「名古屋臨海高速鉄道」のニューストピックワード