2370件中 21 - 30件表示
  • 土川元夫

    土川元夫から見た名古屋鉄道名古屋鉄道

    1903年6月、愛知県一宮町(現在の一宮市)に生まれる。旧制愛知県第一中学校(現在の愛知県立旭丘高等学校)・第四高等学校(現在の金沢大学)を経て、1928年京都帝国大学を卒業し、(旧)名古屋鉄道(後に名岐鉄道、愛知電気鉄道との合併を経て(現)名古屋鉄道となる)へ入社。1945年11月には運輸部長、同年12月に運輸部長の職責のまま名鉄労組の初代執行委員長に就任。土川元夫 フレッシュアイペディアより)

  • 美濃電気軌道セミシ64形電車

    美濃電気軌道セミシ64形電車から見た名古屋鉄道名古屋鉄道

    美濃電気軌道セミシ64形電車(みのでんききどうセミシ64がたでんしゃ)は、名古屋鉄道(名鉄)の前身事業者の一つである美濃電気軌道が、1926年(大正15年)に導入した電車(制御電動車)である。美濃電気軌道セミシ64形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 名岐鉄道デボ600形電車

    名岐鉄道デボ600形電車から見た名古屋鉄道名古屋鉄道

    名岐鉄道デボ600形電車(めいぎてつどうデボ600がたでんしゃ)は、現・名古屋鉄道(名鉄)の前身事業者の一つである旧・名古屋鉄道が導入した1500形電車のうち1519 - 1525の7両について、旧・名古屋鉄道の後身である名岐鉄道当時の1935年(昭和5年)に実施された形式称号改訂に際して付与された形式区分である。名岐鉄道デボ600形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 名鉄勝川線

    名鉄勝川線から見た名古屋鉄道名古屋鉄道

    勝川線(かちがわせん)とは、かつて愛知県西春日井郡楠村(現・名古屋市北区)の味鋺駅から東春日井郡勝川町(現・春日井市)新勝川駅までを結んでいた名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線である。名鉄勝川線 フレッシュアイペディアより)

  • 柳ヶ瀬 (岐阜市)

    柳ヶ瀬 (岐阜市)から見た名古屋鉄道名古屋鉄道

    ビルを所有する名古屋鉄道から全館を借りて営業。1階から3階までを直営店とし、ほかに百円ショップやネイルサロンなどが入居する。長時間深夜営業(午前10:00〜深夜3:00まで)、低価格と豊富な品揃えを売りに若者から絶大な人気を誇る。柳ヶ瀬 (岐阜市) フレッシュアイペディアより)

  • 広江駅

    広江駅から見た名古屋鉄道名古屋鉄道

    広江駅(ひろええき)は、現在の岐阜県岐阜市加納南広江町に存在した、名古屋鉄道名古屋本線の駅である。広江駅 フレッシュアイペディアより)

  • 藍川清成

    藍川清成から見た名古屋鉄道名古屋鉄道

    岐阜県出身。まず弁護士として開業し、政界や実業界に進出した。政治家としては愛知県議会議員、名古屋市会議員、衆議院議員(当選1回)を歴任。実業界では愛知電気鉄道(愛電)社長、名古屋鉄道(名鉄)社長などを務めた。藍川清成 フレッシュアイペディアより)

  • 列車愛称

    列車愛称から見た名古屋鉄道名古屋鉄道

    また私鉄では、大阪電気軌道・参宮急行電鉄(大軌・参急、いずれも現在の近畿日本鉄道・近鉄の前身)の伊勢神宮参拝客用の列車に「いすず」・「神風」、京阪電気鉄道(京阪)の琵琶湖観光客用の列車に「びわこ」、愛知電気鉄道(愛電、現在の名古屋鉄道・名鉄の前身の一つ)の都市間特急列車に「あさひ」などといった愛称が、いずれも昭和前期に付けられていたといわれる。なかには、阪和電気鉄道(阪和、現在のJR西日本阪和線を当時運営していた私鉄)・南海鉄道(南海、現在の南海電気鉄道)の両者から国鉄紀勢西線(現在の紀勢本線)に直通する温泉客用の列車に付けられた「黒潮号」という、国鉄・私鉄をまたぐ愛称も存在した。列車愛称 フレッシュアイペディアより)

  • 新豊橋駅

    新豊橋駅から見た名古屋鉄道名古屋鉄道

    東海旅客鉄道(JR東海)・名古屋鉄道(名鉄)の豊橋駅東側および豊橋鉄道東田本線の駅前停留場に隣接しており、乗り換えが可能である。新豊橋駅 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年代・1990年代のJRダイヤ改正

    1980年代・1990年代のJRダイヤ改正から見た名古屋鉄道名古屋鉄道

    この時のダイヤ改正は金山総合駅の関係もあってライバル会社の名鉄でも大規模なダイヤ改正が行われた。また、この年に名古屋市で開催された『世界デザイン博覧会』を見据えたものでもあった。1980年代・1990年代のJRダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

2370件中 21 - 30件表示

「名古屋鉄道」のニューストピックワード