2085件中 81 - 90件表示
  • 黒野検車区

    黒野検車区から見た名古屋鉄道名古屋鉄道

    黒野検車区(くろのけんしゃく)は、かつて岐阜県揖斐郡大野町黒野に存在した、名古屋鉄道の車両基地である。黒野車庫とも称されていた。黒野検車区 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜県道191号東笠松停車場線

    岐阜県道191号東笠松停車場線から見た名古屋鉄道名古屋鉄道

    終点:岐阜県羽島郡笠松町若葉町(旧名古屋鉄道名古屋本線東笠松駅)岐阜県道191号東笠松停車場線 フレッシュアイペディアより)

  • コーラルエクスプレス号

    コーラルエクスプレス号から見た名古屋鉄道名古屋鉄道

    かつては名古屋鉄道(当時)との共同運行であった。コーラルエクスプレス号 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋電気鉄道

    名古屋電気鉄道から見た名古屋鉄道名古屋鉄道

    名古屋電気鉄道株式会社(名古屋電氣銕道株式會社、なごやでんきてつどう)は、かつて愛知県の名古屋市を中心に鉄道事業を展開していた企業。愛知県を基盤とする大手私鉄の名古屋鉄道株式会社や、名古屋市営地下鉄などを運営する名古屋市交通局の前身企業である。通称は「名電」や「名古屋電鉄」。名古屋電気鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 下方駅

    下方駅から見た名古屋鉄道名古屋鉄道

    下方駅(しもかたえき)は、岐阜県揖斐郡大野町大字下方にあった名古屋鉄道揖斐線の駅。下方駅 フレッシュアイペディアより)

  • 小田急1800形電車

    小田急1800形電車から見た名古屋鉄道名古屋鉄道

    第二次世界大戦後の東京急行電鉄(大東急)時代に運輸省鉄道軌道統制会から国鉄63系電車の製造割り当てを受けた車両で、その後相模鉄道に6両が譲渡されたが、同数の同型車両を名古屋鉄道から購入した。また、戦時中に焼失した旧国鉄制式電車の払い下げを受け、復旧した上で1820形として運用された車両もあったが、これらは後年の車体更新の際に仕様が統一され、1800形に編入された。小田急では初となる全長20m級の大形車両で、収容力を生かして朝の通勤ラッシュ時の輸送に重用されたが、加速性能が低いことから1981年までに全車が廃車となり、秩父鉄道に譲渡された。小田急1800形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 名豊ビル

    名豊ビルから見た名古屋鉄道名古屋鉄道

    中部ガスを母体とするサーラグループが運営する以前は、地元企業豊橋鉄道などと合弁で運営する名鉄グループのビルであった。名豊ビル フレッシュアイペディアより)

  • 東一宮駅

    東一宮駅から見た名古屋鉄道名古屋鉄道

    東一宮駅(ひがしいちのみやえき)は、かつて愛知県一宮市にあった名古屋鉄道一宮線の終着駅(廃駅)である。東一宮駅 フレッシュアイペディアより)

  • パレマルシェ神宮

    パレマルシェ神宮から見た名古屋鉄道名古屋鉄道

    パレマルシェ神宮(パレマルシェじんぐう)とは、愛知県名古屋市熱田区神宮3丁目にある名鉄神宮前駅に接続した駅ビルで、運営は「株式会社 パレ」が行っている。パレマルシェ神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 東濃鉄道・東美鉄道

    東濃鉄道・東美鉄道から見た名古屋鉄道名古屋鉄道

    東美鉄道(とうみてつどう)は、上記東濃鉄道より広見駅 - 御嵩駅間の路線を譲り受け、一部路線を延伸した鉄道会社。のちに名古屋鉄道に合併され、広見線の一部及び八百津線となった。東濃鉄道・東美鉄道 フレッシュアイペディアより)

2085件中 81 - 90件表示

「名古屋鉄道」のニューストピックワード