468件中 21 - 30件表示
  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た阪急百貨店

    戦後の混乱が収まるに連れて、名鉄も他の大手私鉄と同様に事業の多角化を図るようになり、その手始めとして、戦時中に計画が頓挫していた新名古屋駅(現、名鉄名古屋駅)の駅ビル建設に着手して百貨店を併設した。当初の計画では、地元の老舗百貨店松坂屋にテナントとしての出店交渉を進めたが不調に終わり、自前での百貨店経営を決意して、電鉄系百貨店の元祖である阪急百貨店の全面的な協力を得て1954年(昭和29年)12月に名鉄百貨店を開業し、流通業界へ進出する足掛かりとした。その後も沿線の団地を手始めに名鉄ストアーを開業して、駅の改修に併せて順次出店を進めた。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た関西テレビ放送

    阪急ドラマシリーズ(東海テレビでのスポンサー。ただし制作局関西テレビは阪急東宝グループが提供)名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見たファミリーマート

    3月29日 : ファミリーマートと基本契約書を締結。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た富士重工業

    名古屋鉄道の車両の甲種輸送の際は、豊川駅→JR飯田線→豊橋駅→JR東海道本線→笠寺駅→名古屋臨海鉄道→東名古屋港駅 - 名鉄築港線 - 大江駅の経路で搬入され、ここまでは機関車に牽引されるが、その日の終電後に豊明駅や舞木検査場などへ自走する。出発地が豊川駅なのは現在在籍している車両が全車豊川市に工場のある日本車輌製造製であるためである(ただし閑散線区合理化の際にディーゼル車を導入した際のメーカーは富士重工業だった)。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た中部日本放送

    サンデードラゴンズ(中部日本放送。かつては名鉄グループの一社提供。現在は名鉄グループ各社筆頭の複数社提供)名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た東邦瓦斯

    名古屋鉄道は東海銀行(現:三菱東京UFJ銀行)・中部電力・東邦瓦斯(東邦ガス)・松坂屋(現:大丸松坂屋百貨店)と共に名古屋経済界の中核名門企業、旧「五摂家」の1社に数えられ、中部地方を中心に数多くの不動産を所有する企業であり、これらの「開発事業」も経営の重要な柱となっている。レジャー・流通産業など関連事業を中心に多角的な企業展開を行っており、連結決算の対象・非対象併せて200社以上のグループ企業がある。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た住友商事

    9月1日 : 名鉄と住友商事が共同出資で名鉄住商車両工業(後に名鉄住商工業に社名変更)を設立。日本国内で初めて車両保守部門を分社化し全面委託を行う。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た日本ヘリコプター輸送

    1952年(昭和27年)に全日本空輸の前身となる「日本ヘリコプター輸送(日ペリ航空)」が設立された際に名鉄は出資を引き受けて関係を持つようになったが、日ペリ航空の経営は苦しい状態が続き、1954年(昭和29年)に名鉄に対し資金援助を要請。名鉄は当時の金額で3,500万円を融資し、窮地から救った。全日本空輸創業以来の役員で1987年(昭和62年)当時副社長であった福本柳一は手記の中で次のように述べている。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た中日新聞社

    1951年からは中日ドラゴンズに出資(これに伴い、球団名を「名古屋ドラゴンズ」に変更)、中日新聞社と隔年で球団経営を行ったが、3年で撤退。その後球団数拡大を目指すパシフィック・リーグから新球団設立の話を持ちかけられたが、中日との観客の奪い合いによって共倒れになることを恐れたため断っている。2リーグ分裂の話が持ち上がった1949年にも、プロ野球への参入を考えていた朝日新聞が、名鉄と地方紙「新東海」を提携させて鳴海球場を本拠とする新球団を発足させる構想(「朝日レッドソックス」という名称が報じられたこともあった)があった。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た東京モノレール

    東京モノレール - 日立等との共同経営でスタート。数年で経営難に陥り、日立グループが全株式を引き取る。現在はJR東日本傘下。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

468件中 21 - 30件表示

「名古屋鉄道」のニューストピックワード