468件中 41 - 50件表示
  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た名鉄バス

    名鉄バス」… 分社化した路線バス(運営子会社)に関する記述名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見たパレマルシェ

    戦後の混乱が収まるに連れて、名鉄も他の大手私鉄と同様に事業の多角化を図るようになり、その手始めとして、戦時中に計画が頓挫していた新名古屋駅(現、名鉄名古屋駅)の駅ビル建設に着手して百貨店を併設した。当初の計画では、地元の老舗百貨店松坂屋にテナントとしての出店交渉を進めたが不調に終わり、自前での百貨店経営を決意して、電鉄系百貨店の元祖である阪急百貨店の全面的な協力を得て1954年(昭和29年)12月に名鉄百貨店を開業し、流通業界へ進出する足掛かりとした。その後も沿線の団地を手始めに名鉄ストアーを開業して、駅の改修に併せて順次出店を進めた。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た網走バス

    他の地域への進出は名鉄側からアプローチしたものよりも、先方から経営参加を呼び掛けられる例が多かった。前述の北陸鉄道の争議終結によって「労務管理の土川(名鉄)」と当時社長であった土川元夫の評判が地方交通事業者の間で一気に広がり、経営に行き詰った会社が「立て直し」を依頼するケースが相次いだ。その代表例としては宮城交通・網走バスなどが挙げられ、それまで東北・北海道には進出の足掛かりも無かっただけに、名鉄側も積極的に応じた。また、海外への進出も手掛けるようになり、香港・サイパン・ミクロネシアには現地法人(観光施設・ホテルなど)を次々に立ち上げていった。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た名古屋観光日急

    他にも、名神高速道路が一宮まで開通した折には高速バスの路線免許を廻って争いが発生し、名鉄主導の日本急行バスで一本化が決まっていた私鉄系のバス会社(路線)に対し、土壇場で近鉄主導による日本高速バスが参入を強行し、開業後も激しい競合のために両社が共倒れ寸前に陥りかけた。また、近鉄がテリトリーとしていた石川県において、名鉄が中部運輸局(運輸省・当時)の要請に呼応して北陸鉄道の支援を行った際には、対抗措置として北陸日本交通なるバス会社の設立を目論む(後に北日本観光自動車へ合併させるが、路線拡大は却下された)など、名鉄と近鉄の両社は1970年頃まで激しく対立していた。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た豊橋鉄道

    1940年(昭和15年)9月1日 : 1922年(大正11年)3月に創立され、現在の豊橋鉄道渥美線を当時運営していた渥美電鉄を名鉄が合併。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た名鉄百貨店

    名古屋鉄道株式会社(なごやてつどう、英称:Nagoya Railroad Co., Ltd.)は、愛知県・岐阜県を基盤とする大手私鉄である。通称、名鉄(めいてつ、英称:Meitetsu)。本社は愛知県名古屋市中村区名駅一丁目2番4号、近鉄名古屋駅に隣接する名鉄名古屋駅上に設けた名鉄バスターミナルビル(名鉄百貨店本店メンズ館ビル)内に置いている。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た美濃電気軌道

    1930年(昭和5年)8月、岐阜市周辺の路面電車などを経営していた美濃電気軌道を合併した(旧)名古屋鉄道は、名岐間輸送を社の重点目標としたことから、合併翌月に社名を名岐鉄道と改称した。この時点で開通していたのは押切町 - 新一宮間および笠松(現・西笠松) - 新岐阜(現・名鉄岐阜)間であったが、木曽川橋梁の完成に伴い1935年(昭和10年)4月29日に新一宮 - 笠松間が開通し、押切町 - 新岐阜間が全通している。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た伊勢電気鉄道

    それまでの両社は、三重県方面への進出(伊勢電気鉄道の買収工作)や名古屋地下鉄道の運営方法など、当地域の鉄道運営の主導権を廻って対立することも多かったが、折りあたかも1930年代の日本は世界恐慌を境として、大陸(現在の中国など)への進出・利権を廻って欧米列強との対決(戦時)色が強くなり始めた頃であり、民間企業の間では国内(同一民族間)での競争・対立を止めて協調・合同(民族団結)へ向かう機運が次第に高まった時代であった。合併話が持ち上がった時点では、戦時立法である国家総動員法や陸上交通事業調整法も構想段階であったが、長引く昭和恐慌の影響もあって、愛電の経営が危機に瀕していることから、当地の交通事業を再編(統合)して安定した鉄道輸送を図るべく、名古屋財界の有力者を中心に民間主導の型で検討・折衝が進められることとなった。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た岐阜乗合自動車

    5月11日 : 名鉄の全額出資会社として「名鉄バス」を設立。10月1日付で路線バス部門を全面的に「名鉄バス」へ移管。また、岐阜市内・近郊路線は岐阜乗合自動車(岐阜バス)へ譲渡。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た名鉄東部観光バス

    6月8日 : サンライズバス設立。同年10月1日に名鉄バス蒲郡営業所(名古屋鉄道蒲郡自動車営業所)を移管し、採算(存続)の難しいバス路線を分社化する嚆矢となる。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

468件中 41 - 50件表示

「名古屋鉄道」のニューストピックワード