562件中 71 - 80件表示
  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た自動車産業

    数多くの鉄道会社の合併や運営路線の譲り受けによって成立した名古屋鉄道は、多くの閑散線区を抱えることになり、そうした線区の合理化・廃止が進められてきた。特に、トヨタ自動車を核とした自動車産業が盛んな愛知県では車社会の進展が早く、1950年代から路線の廃止が相次いでいる(ただし近年廃止された路線の多くは岐阜県内の路線である)。1984年には広見線・八百津線にレールバス導入・ワンマン運転化がなされ、1985年に三河線・猿投 - 西中金間、1990年に三河線・碧南 - 吉良吉田間にもレールバスが導入された。鉄道事業法が2000年に改正され、それまでは許可制で所轄官庁の許可が必要だった鉄道廃止が届出制に変わると、閑散線区の廃止を相次いで表明している。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た知多半島

    愛知電気鉄道(愛電)は、1910年(明治43年)に知多半島西岸の振興と、それまで舟運に頼っていた常滑焼など特産品の効率的な運送を図るために設立された鉄道会社で、1913年(大正2年)に現在の常滑線を全通させ、続いて旧東海道沿いに名古屋市と三河地方との連絡を意図した路線(豊橋線、現在の名古屋本線神宮前駅以東に相当)の建設を開始した。一方、官設鉄道(後の国鉄・現JR)東海道本線以外に、私鉄による第2幹線を建設しようと東海道電気鉄道が設立され、愛知郡御器所村(現名古屋市昭和区)から豊橋市に至るまでの路線免許を得て、さらに豊橋市から浜名湖北岸をまわり浜松市に至る計画を持っていた遠三電気鉄道にも出資していたが、その最大の資本提供者で過去に日本電気鉄道(東京 - 大阪間電気鉄道敷設計画)の計画も推し進めていた安田善次郎が1921年(大正10年)に暗殺されたため、計画は宙に浮くことになった。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た南知多ビーチランド

    日本モンキーパーク、カルチャーセンター、スイミングスクール、テニススクール、南知多ビーチランドについては名鉄インプレスに譲渡させ、同社の経営とする。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た百貨店

    戦後の混乱が収まるに連れて、名鉄も他の大手私鉄と同様に事業の多角化を図るようになり、その手始めとして、戦時中に計画が頓挫していた新名古屋駅(現、名鉄名古屋駅)の駅ビル建設に着手して百貨店を併設した。当初の計画では、地元の老舗百貨店松坂屋にテナントとしての出店交渉を進めたが不調に終わり、自前での百貨店経営を決意して、電鉄系百貨店の元祖である阪急百貨店の全面的な協力 を得て1954年(昭和29年)12月に名鉄百貨店を開業し、流通業界へ進出する足掛かりとした。その後も沿線の団地を手始めに名鉄ストアー を開業して、駅の改修に併せて順次出店を進めた。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た発光ダイオード

    各主要駅のホームや改札口などに設置されている発車標は名鉄名古屋駅で液晶式のものが使用されているのをのぞくと、行灯式や反転フラップ式のものが広く使われていたが、近年のバリアフリー化などに伴い、それらは順次LED式のものに交換され、いずれもその数を減らしつつある。なお、LED式のものについては、従来は3色式であったが、交換もしくは新設されたものは種別部分のみフルカラー表示となっている。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た中部地方

    名古屋鉄道は東海銀行(現:三菱UFJ銀行)・中部電力・東邦瓦斯(東邦ガス)・松坂屋(現:大丸松坂屋百貨店)と共に名古屋経済界の中核名門企業、旧「名古屋五摂家」の1社に数えられ、中部地方を中心に数多くの不動産を所有する企業であり、これらの「開発事業」も経営の重要な柱となっている。レジャー・流通産業など関連事業を中心に多角的な企業展開を行っており、連結決算の対象・非対象併せて200社以上のグループ企業がある。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た岐阜市

    その後(旧)名古屋鉄道は、名古屋電気鉄道当時はおまけのような存在であった郊外線部門を生かす形で名古屋市と岐阜市という2つの大都市を直結する都市間路線を形成することを目論み、1928年(昭和3年)4月10日にはその第一歩として名岐線の丸ノ内 - 西清洲(現・新清洲)間を開通させたことにより、押切町 - 新一宮(現・名鉄一宮)間が開通した。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た高潮

    9月26日 : 伊勢湾台風により各路線で被害。なかでも常滑線と尾西線の一部区間は高潮により長期間水没した。常滑線は11月15日(単線での仮復旧)、尾西線は11月23日に開通。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見たポケットモンスター

    沿線の施設などでイベントがある際は、宣伝も兼ねてラッピング車両が走ることがよくある。代表的なものでは、春から夏の時期に子供たちに人気のあるポケットモンスターのラッピングを2000系などに施すことや、受験シーズンのキットカットのラッピングなどがあげられる。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た時刻表

    基本的に1年間隔を目安としてダイヤ改正を行い、その都度「名鉄時刻表」を発行している。「名鉄時刻表」は各有人駅の窓口や駅売店・旅行センター、中京圏で無くとも一部の大手書店などで購入可能。A4サイズ。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

562件中 71 - 80件表示

「名古屋鉄道」のニューストピックワード