468件中 81 - 90件表示
  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た設備投資

    そこで、東海道電気鉄道の創設者であり愛知電気鉄道の経営にも携わっていた福澤桃介(福澤諭吉の娘婿)は、当時有松裏駅(現・有松駅)まで開通していた愛電有松線と、東海道電気鉄道の免許線との接続(知立付近)を計画し、同鉄道は愛電に吸収合併された。同鉄道は当初から画期的な高速鉄道を目指しており、それに見合う高規格で愛知県東端にある豊橋市まで建設された。このため設備投資が嵩んで相当な負債を抱えており、あまつさえ、当時の日本はアメリカに端を発した世界恐慌による強烈な不況風が全国に吹き荒れていたこともあって、愛電は深刻な経営難に陥っていた。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た乗車券

    乗車券類には淡黄色でMeitetsuと地紋が印刷されている。また、定期券には偽造防止用に薄く「M」と書かれている。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た南紀白浜空港

    また、全日本空輸の名古屋 - 南紀白浜線が就航していた当時は、白浜航空営業所を設置して南紀白浜地区総代理店業務を受託していた。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見たサイパン

    他の地域への進出は名鉄側からアプローチしたものよりも、先方から経営参加を呼び掛けられる例が多かった。前述の北陸鉄道の争議終結によって「労務管理の土川(名鉄)」と当時社長であった土川元夫の評判が地方交通事業者の間で一気に広がり、経営に行き詰った会社が「立て直し」を依頼するケースが相次いだ。その代表例としては宮城交通・網走バスなどが挙げられ、それまで東北・北海道には進出の足掛かりも無かっただけに、名鉄側も積極的に応じた。また、海外への進出も手掛けるようになり、香港・サイパン・ミクロネシアには現地法人(観光施設・ホテルなど)を次々に立ち上げていった。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た名神高速道路

    他にも、名神高速道路が一宮まで開通した折には高速バスの路線免許を廻って争いが発生し、名鉄主導の日本急行バスで一本化が決まっていた私鉄系のバス会社(路線)に対し、土壇場で近鉄主導による日本高速バスが参入を強行し、開業後も激しい競合のために両社が共倒れ寸前に陥りかけた。また、近鉄がテリトリーとしていた石川県において、名鉄が中部運輸局(運輸省・当時)の要請に呼応して北陸鉄道の支援を行った際には、対抗措置として北陸日本交通なるバス会社の設立を目論む(後に北日本観光自動車へ合併させるが、路線拡大は却下された)など、名鉄と近鉄の両社は1970年頃まで激しく対立していた。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た定額給付金

    5月9日 : 定額給付金の支給に合わせて1セット12,000円(SFパノラマカード2,000円分、名鉄百貨店商品券10,000円分、名鉄百貨店特別お買物券1,000円分)を4000セット発売。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見たユニバーサルデザイン

    かつては設備面などにおいて他の大手私鉄会社と比較すると近代化が立ち後れている面が否めなかった。しかし中部国際空港の開港や名鉄グループ内での大幅なリストラ、トランパス導入に伴う駅集中管理システム導入の推進などもあって、近年はユニバーサルデザインのピクトグラムを導入するなど首都圏の大手私鉄会社とはひけをとらない水準にまで向上している。しかし一部の主要駅では一世代前(CI展開初期)のものが使われている駅もある。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た名鉄特急

    名鉄特急」… 特急列車の変遷等に関する記述名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た2009年

    また、北海道東部を自社グループのテリトリーとしていた東急は、名鉄が「網走バス」の支援を決めると様々な対抗策を打ち出して、名鉄の北海道進出を阻止する動きを見せた。その一つとして、名古屋の観光バス業界では老舗である「鯱バス」が経営難に陥った折、名鉄に先んじて有利な支援を次々に行った。名鉄も地元の名門を手に入れるチャンスであっただけに、熾烈な支援合戦を展開したが、結局東急は「鯱バス」をグループへ取り込むことに成功して名鉄に一矢報いている(なお鯱バスは2009年10月1日をもって東急グループから離脱しジェイ・コーチグループに入り、網走バスも2012年に名鉄グループを離脱した)。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋鉄道

    名古屋鉄道から見た参宮急行電鉄

    昭和初期の三重県には伊勢電気鉄道(伊勢電)が、岐阜県の西部には養老鉄道(養老鉄道養老線の前身だが2007年10月より同線を運営している養老鉄道とは別企業)が営業を開始していた。当時の名岐鉄道は三重県への拡大を目指しており、昭和恐慌の影響で経営難に陥っていた伊勢電に触手を伸ばし、名古屋 - 桑名間の路線免許を申請していた。同時期、近鉄の前身の一社である参宮急行電鉄(参急、後の関西急行鉄道)も名古屋進出の足掛かりとして伊勢電を欲しており、両社が吸収合併を目的とした支援合戦を繰り広げていた。結局、この争いは参急側に軍配が上がり、現在の近鉄名古屋線の大部分を占める重要路線を手にした。名古屋鉄道 フレッシュアイペディアより)

468件中 81 - 90件表示

「名古屋鉄道」のニューストピックワード