名張毒ぶどう酒事件 ニュース&Wiki etc.

名張毒ぶどう酒事件(なばりどくぶどうしゅじけん)とは、1961年(昭和36年)3月28日の夜、三重県名張市の実質飛地と奈良県山辺郡山添村に跨がる葛尾(くずお)地区の公民館で、酒席で振る舞われたぶどう酒(ワイン)に、毒物(農薬・ニッカリンT)が混入され、そのぶどう酒を飲んだ女性17人が中毒し、5人が死亡した大量殺人事件。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「名張毒ぶどう酒事件」のつながり調べ

  • 下山保男

    下山保男から見た名張毒ぶどう酒事件

    2012年5月25日:名張毒ぶどう酒事件第7次再審請求差し戻し審(名古屋高裁、裁判長)(下山保男 フレッシュアイペディアより)

  • 自白

    自白から見た名張毒ぶどう酒事件

    自白が必ずしも有罪認定の要件とはされなくなった(しかし、2006年、一度認めた名張毒ぶどう酒事件の再審請求を名古屋高等裁判所第2刑事部が取り消した決定のように、無罪の物証を否定するために自白の効力を強調する判例もあり、再び自白偏重に回帰しているとする見方もある)。(自白 フレッシュアイペディアより)

「名張毒ぶどう酒事件」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「名張毒ぶどう酒事件」のニューストピックワード