名張毒ぶどう酒事件 ニュース&Wiki etc.

名張毒ぶどう酒事件(なばりどくぶどうしゅじけん)とは、1961年3月28日の夜、三重県名張市葛尾(くずお)地区の公民館で起きた毒物混入事件。5人が死亡し、「第二の帝銀事件」として世間から騒がれた。逮捕・起訴され、容疑者の奥西勝(おくにし まさる)は死刑判決が確定している。日本弁護士連合会が支援する再審事件である。 (出典:Wikipedia)

「名張毒ぶどう酒事件」最新ニュース

「名張毒ぶどう酒事件」Q&A

  • Q&A

    三重県名張 毒ぶどう酒殺人事件の奥西元死刑囚が亡くなって1年が経ちました。 奥西は警…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月4日 13:16

  • Q&A

    はじめまして! 名張毒ぶどう酒事件の犯人は一体誰だったのでしょうか? 分かる方よろし…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年7月15日 21:10

  • Q&A

    三重県名張市の毒ぶどう酒事件で 奥西氏が逮捕されましたが、彼はなぜ取調室ではなく、看…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年2月22日 20:57

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「名張毒ぶどう酒事件」のつながり調べ

  • 江川紹子

    江川紹子から見た名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件に関して、著書で被告(死刑確定、再審請求中)の冤罪を主張している。(江川紹子 フレッシュアイペディアより)

  • 柳川喜郎

    柳川喜郎から見た名張毒ぶどう酒事件

    NHKの記者だった頃に名張毒ぶどう酒事件を取材したことがある。当時は疲れた表情で伏し目がちに話す被疑者を「犯人に間違いない」と直感したが、第1審の無罪判決以降「犯人ではないかもしれない」という疑念を持っている。この事件について柳川は2010年2月19日付の中日新聞朝刊にて、地震の襲撃事件当時の取り調べと被疑者が受けたとされる取り調べを重ね合わせた上で「自白に頼りすぎている。決定的な証拠がないなら、裁判をやり直すべきだ」「進歩した科学技術を使い、犯行に使った農薬に疑問があると今の判事たちが判断したなら、裁判をやり直せばいい。刑事裁判は絶対じゃないんだから」などとし、早期に再審を開くべきと主張している。(柳川喜郎 フレッシュアイペディアより)

「名張毒ぶどう酒事件」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「名張毒ぶどう酒事件」のニューストピックワード