34件中 11 - 20件表示
  • 天野鎮雄

    天野鎮雄から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    約束?名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯?(2012年6月30日、東海テレビ)特別面会人・川村富左吉 役天野鎮雄 フレッシュアイペディアより)

  • 再審

    再審から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    1961年 - 名張毒ぶどう酒事件:発生から44年目の2005年に高裁が再審開始決定するも、2006年12月に高裁の別の部が再審開始を取り消した。申立人が最高裁判所に特別抗告し2010年4月最高裁は高裁に審理を差し戻したが、2012年5月に高裁は再び再審開始を取り消した。最高裁に特別抗告中。再審 フレッシュアイペディアより)

  • 門野博

    門野博から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件の再審請求審において検察側の異議申し立てで再審開始決定を取り消す決定をした。後にこの決定は最高裁で取り消され審理中。門野博 フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀女性7人連続殺人事件

    佐賀女性7人連続殺人事件から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    日本では検察側の求刑が死刑に対して、一審判決が無罪となった例は過去には1961年に三重県名張市で起こった名張毒ぶどう酒事件がある。これは、最高裁の統計が残る1958年からだと名張事件から41年ぶりであり、戦後5件目である(実際は1974年の豊橋事件、1983年の土田・日石・ピース缶爆弾事件で一審段階で無罪が言い渡されている)。但し、名張事件では1964年の一審の津地方裁判所では無罪になったものの上訴審で死刑判決となった。佐賀女性7人連続殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本

    2010年の日本から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    4月6日 - 1961年に発生した名張毒ぶどう酒事件の第7次再審請求で死刑囚が最高裁判所に申し立てていた特別抗告に対し、最高裁判所は名古屋高等裁判所に審理差し戻しを言い渡す。同時に死刑囚の刑執行が停止。2010年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 塩田末平

    塩田末平から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    検事正時代に、白鳥事件(札幌地方検察庁)、名張毒ぶどう酒事件(津地方検察庁)を手がける。塩田末平 フレッシュアイペディアより)

  • 江川紹子

    江川紹子から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件に関して、著書で被告(死刑確定、再審請求中)の冤罪を主張している。江川紹子 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における死刑囚

    日本における死刑囚から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    平沢貞通?死刑囚は、1955年4月7日に最高裁で上告棄で死刑確定後、歴代法務大臣が死刑執行命令書へ署名しなかったために執行されないまま、1987年5月10日に獄中で95歳で病死した。確定死刑囚の確定後収監期間32年0ヶ月(逮捕後通算38年9ヶ月)は当時の世界最長であり、ギネス・ワールド・レコーズにも世界記録として認定された。ただしこの記録はすでに川端町事件の死刑囚が死刑確定後収監期間41年1ヶ月(2011年12月末時点)と超えている。なお平沢の確定後収監期間を超えているケースは、39年5ヶ月(2011年12月末時点)である名張毒ぶどう酒事件の死刑囚がいる。日本における死刑囚 フレッシュアイペディアより)

  • 1961年

    1961年から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    3月28日 - 三重県名張市で名張毒ぶどう酒事件発生、5人が死亡。6日後の4月3日に容疑者と見られる男を逮捕(裁判は現在も係争中)。1961年 フレッシュアイペディアより)

  • 逮捕

    逮捕から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    被疑者としての氏名が世間に知られた以上、大きな社会的制裁を受けたのに等しい。村八分さえ起きたことがある(名張毒ぶどう酒事件)。逮捕 フレッシュアイペディアより)

34件中 11 - 20件表示

「名張毒ぶどう酒事件」のニューストピックワード