50件中 11 - 20件表示
  • 奥西勝

    奥西勝から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    奥西勝 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ブトウ酒事件

    名張毒ブトウ酒事件から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ブトウ酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀女性7人連続殺人事件

    佐賀女性7人連続殺人事件から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    日本では検察側の求刑が死刑に対して、一審判決が無罪となった例は過去には1961年に三重県名張市で起こった名張毒ぶどう酒事件がある。これは、最高裁の統計が残る1958年からだと名張事件から41年ぶりであり、戦後5件目である(実際は1974年の豊橋事件、1983年の土田・日石・ピース缶爆弾事件で一審段階で無罪が言い渡されている)。ただし名張事件では、一審の津地方裁判所では無罪になったものの(1964年)、上訴審では死刑判決となり最高裁で確定した(1972年)。これに対しては再審請求が繰り返し行なわれている。佐賀女性7人連続殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 熊切圭介

    熊切圭介から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    東京都下谷西町出身。1958年日本大学芸術学部写真学科卒業。丹野章に師事。報道写真を中心に、美術全集収録の写真撮影などにもたずさわる。三重県名張市でおきた名張毒ぶどう酒事件の遺児を記録した「母なき新入生」で、1961年講談社三賞の写真賞。のちにフリーランスの写真家として週刊誌を中心に月刊誌、グラフ誌など主にジャーナリズムの分野で活動する。同時に単行本、美術全集等の撮影を行う。写真集に「東南アジア鉄の旅」など。熊切圭介 フレッシュアイペディアより)

  • 門野博

    門野博から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    2006年、名張毒ぶどう酒事件の再審請求審において検察側の異議申し立てで再審開始決定を取り消す決定をした。後にこの決定は最高裁で取り消され審理中。門野博 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2015年10月

    訃報 2015年10月から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    10月4日 - 奥西勝、日本の死刑因(名張毒ぶどう酒事件)(* 1926年)訃報 2015年10月 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2015年10月

    訃報 2015年10月から見た奥西勝名張毒ぶどう酒事件

    10月4日 - 奥西勝、日本の死刑因(名張毒ぶどう酒事件)(* 1926年)訃報 2015年10月 フレッシュアイペディアより)

  • 団藤重光

    団藤重光から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    団藤は死刑廃止論者として知られているが、従来は死刑に賛成の立場であった。しかし、ある事件(この事件を名張毒ぶどう酒事件とする見解もあるが、同事件は就任前の1972年の最高裁判決であるため誤りである。実際は1976年の波崎事件の最高裁判決である。)で陪席として死刑判決を出した際に、傍聴席から「人殺し」とヤジが飛んだ。この事件では、団藤は冤罪ではないかと一抹の不安を持っていたうえに、被告人も否認していた事件であった。これを契機として、被告人が有罪であるとの絶対的な自信がなかったこと、そして冤罪の可能性がある被告人に対して死刑判決を出したことへの後悔と実際に傍聴人から非難されたことなどから、死刑に対する疑念が出てきたとのことである。団藤重光 フレッシュアイペディアより)

  • 八王子医療刑務所

    八王子医療刑務所から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    奥西勝:名張毒ぶどう酒事件の確定死刑囚。再審請求中に死去八王子医療刑務所 フレッシュアイペディアより)

  • 八王子医療刑務所

    八王子医療刑務所から見た奥西勝名張毒ぶどう酒事件

    奥西勝:名張毒ぶどう酒事件の確定死刑囚。再審請求中に死去八王子医療刑務所 フレッシュアイペディアより)

50件中 11 - 20件表示

「名張毒ぶどう酒事件」のニューストピックワード