1 2 3 4 5 次へ
50件中 41 - 50件表示
  • 逮捕

    逮捕から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    被疑者としての氏名が世間に知られた以上、大きな社会的制裁を受けたのに等しい。村八分さえ起きたことがある(名張毒ぶどう酒事件)。逮捕 フレッシュアイペディアより)

  • 1969年

    1969年から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    9月10日 - 名張毒ぶどう酒事件で一審無罪判決を受けた被告人の控訴審で名古屋高等裁判所は逆転死刑判決を言い渡す。1969年 フレッシュアイペディアより)

  • 東海テレビ放送

    東海テレビ放送から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    報道の分野で新たな番組制作を行っており、特に司法の分野では『重い扉』(名張毒ぶどう酒事件の真相に迫った内容)、日本のテレビ局で初めて裁判所内部と現職の裁判官に密着した『裁判長のお弁当』(第45回ギャラクシー賞テレビ部門大賞)、『黒と白』(自白の強要問題をテーマ)、『光と影〜光市母子殺害事件 弁護団の300日』(取材当時世間の逆風にあった被告側の弁護団に密着。第46回ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞)といった番組を制作・放送している。東海テレビ放送 フレッシュアイペディアより)

  • 再審

    再審から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    1961年 - 名張毒ぶどう酒事件:発生から44年目の2005年に高裁が再審開始決定するも、2006年12月に高裁の別の部が再審開始を取り消した。申立人が最高裁判所に特別抗告し2010年4月最高裁は高裁に審理を差し戻したが、2012年5月に高裁は再び再審開始を取り消した。最高裁の特別抗告も棄却される。再審 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年

    1972年から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    6月15日 - 名張毒ぶどう酒事件で犯人とされた村人の上告を最高裁判所が棄却し死刑が確定する。1972年 フレッシュアイペディアより)

  • 江川紹子

    江川紹子から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件に関して、著書で被告(死刑確定後、2015年に死去。親族が再審請求中)の冤罪を主張している。江川紹子 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤和子 (弁護士)

    伊藤和子 (弁護士)から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    弁護士登録直後から、名張毒ぶどう酒事件で死刑囚の弁護団に参加。日本の刑事裁判を改革するために、陪審制度のような市民参加の仕組みが必要と提唱。東京三弁護士会陪審制度委員会副委員長、日弁連司法制度改革実現本部幹事、「市民の裁判員制度つくろう会」運営委員として、刑事司法の改革を求めて活動。伊藤和子 (弁護士) フレッシュアイペディアより)

  • 青地晨

    青地晨から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    『冤罪の恐怖』と『魔の時間 六つの冤罪事件』で取り上げた合計11の事件は執筆時点ではいずれも冤罪を訴えて再審請求を起こしたり裁判中だったりしたが、再審請求中に被疑者が死亡した4件(竜門事件、帝銀事件、丸正事件、名張毒ぶどう酒事件)以外全て(免田事件、徳島事件、仁保事件、島田事件、松山事件、梅田事件、弘前大学教授夫人殺人事件)で被告の無罪が確定している。青地晨 フレッシュアイペディアより)

  • 名張事件

    名張事件から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    名張事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ブドウ酒事件

    名張毒ブドウ酒事件から見た名張毒ぶどう酒事件名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ブドウ酒事件 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
50件中 41 - 50件表示

「名張毒ぶどう酒事件」のニューストピックワード