89件中 21 - 30件表示
  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た下山保男

    2012年5月25日、名古屋高裁(下山保男裁判長)は『捜査段階での被告人の自白に信用性が高い』と看做し、検察側の異議申立てを認めて本件の再審開始の取り消しを決定。これに対して被告人弁護側は5月30日、最高裁判所へ特別抗告を行った。日本弁護士連合会(日弁連)は「新証拠によって生じた疑問が解消されていないにもかかわらず、検察官も主張しておらず、鑑定人さえ言及していない独自の推論をもって、新証拠が『犯行に用いられた薬剤がニッカリンTではあり得ないということを意味しないことが明らかである』として、再審請求を棄却した」と、この判決を非難している。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た日本酒

    1961年3月28日、三重県名張市葛尾の薦原地区公民館葛尾分館(現存しない)で、地区の農村生活改善クラブ(現「生活研究グループ」)「三奈の会」の総会が行われ、男性12人と女性20人が出席した。この席で男性には清酒、女性にはぶどう酒が出されたが、ぶどう酒を飲んだ女性17人が急性中毒の症状を訴え、5人が亡くなった。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た農薬

    その後、重要参考人として「三奈の会」会員の男性3人を聴取する。3人のうち、1人の妻と愛人が共に被害者だったことから、捜査当局は、「三角関係を一気に解消しようとした」ことが犯行の動機とみて、奥西を追及。4月2日の時点では自身の妻の犯行説を主張していたが、4月3日には農薬混入を自白したとして逮捕された。逮捕直前、奥西は名張警察署で記者会見に応じた。しかし、逮捕後の取り調べ中から犯行否認に転じる。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た足利事件

    2010年3月上旬、名古屋拘置所で面会した特別面会人によれば、再審開始決定された布川事件や、再審無罪が確実視されていた足利事件などに触れた際、奥西は、「布川や足利はよかった。私も最高裁決定に非常に期待している」と述べたという。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た捜査

    2012年5月25日、名古屋高裁(下山保男裁判長)は『捜査段階での被告人の自白に信用性が高い』と看做し、検察側の異議申立てを認めて本件の再審開始の取り消しを決定。これに対して被告人弁護側は5月30日、最高裁判所へ特別抗告を行った。日本弁護士連合会(日弁連)は「新証拠によって生じた疑問が解消されていないにもかかわらず、検察官も主張しておらず、鑑定人さえ言及していない独自の推論をもって、新証拠が『犯行に用いられた薬剤がニッカリンTではあり得ないということを意味しないことが明らかである』として、再審請求を棄却した」と、この判決を非難している。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た鳥影社

    田中良彦『名張毒ブドウ酒殺人事件 曙光』鳥影社、1998年5月、ISBN 4795229899名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た新日本出版社

    佐藤貴美子『銀の林』新日本出版社、1998年12月、ISBN 4406026290名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た日本放送協会

    柳川喜郎(事件当時NHK記者としてこの事件を取材した)名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た筑摩書房

    青地晨『魔の時間 六つの冤罪事件』筑摩書房、1976年、1/現代教養文庫版、1980年6月、ISBN 4390110225名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た花伝社

    矢沢昇治(編)『冤罪はいつまで続くのか』花伝社、2009年10月、ISBN 978-4763405579(野嶋真人「『名張・毒ブドウ酒事件』-再審請求に提出した科学的見解による新証拠」を収録)名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

89件中 21 - 30件表示

「名張毒ぶどう酒事件」のニューストピックワード