60件中 31 - 40件表示
  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た名古屋高等裁判所

    1964年12月23日、一審の津地方裁判所(小川潤裁判長)は自白の任意性を否定しなかったが、目撃証言から導き出される犯行時刻や、証拠とされるぶどう酒の王冠の状況などと奥西の自白との間に矛盾を認め、無罪を言い渡す。検察側は判決を不服として名古屋高裁に控訴した。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た平野母子殺害事件

    本事件は最高裁判所の記録に残る1958年以降では中華青年会館殺人事件、熊本県玉名市家族殺傷事件、宮崎県三ヶ所村雑貨商一家強盗殺傷事件に続く死刑求刑での無罪判決であり、その後死刑求刑事件で一審で無罪判決は出ていなかったが、2005年に北方事件において約40年ぶりとなる一審での無罪判決が出た。その後、一審判決順に高岡暴力団組長夫婦射殺事件、広島保険金目的放火殺人事件、土浦一家3人殺害事件、鹿児島高齢夫婦殺害事件、平野母子殺害事件と7件で死刑求刑事件で一審段階で無罪判決が出ている。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た有機リン化合物

    2005年2月、毒の特定で弁護側鑑定人を証人尋問、4月5日、名古屋高裁(第一刑事部・小出錞一裁判長)が再審開始を決定する。同時に死刑執行停止の仮処分が命じられた。王冠を傷つけずに開栓する方法がみつかったこと、自白で白ワインに混入したとされる農薬(ニッカリンT、有機リン系の殺虫剤、TEPP(テップ)剤の一種)が赤い液体だと判明したこと、残ったワインの成分からしても農薬の種類が自白と矛盾すること、前回の歯形の鑑定にミスがみつかったことなどが新規性のある証拠だと認めた。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た現代教養文庫

    青地晨『魔の時間 六つの冤罪事件』筑摩書房、1976年、1/現代教養文庫版、1980年6月、ISBN 4390110225名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た津地方裁判所

    1964年12月23日、一審の津地方裁判所(小川潤裁判長)は自白の任意性を否定しなかったが、目撃証言から導き出される犯行時刻や、証拠とされるぶどう酒の王冠の状況などと奥西の自白との間に矛盾を認め、無罪を言い渡す。検察側は判決を不服として名古屋高裁に控訴した。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た鹿児島高齢夫婦殺害事件

    本事件は最高裁判所の記録に残る1958年以降では中華青年会館殺人事件、熊本県玉名市家族殺傷事件、宮崎県三ヶ所村雑貨商一家強盗殺傷事件に続く死刑求刑での無罪判決であり、その後死刑求刑事件で一審で無罪判決は出ていなかったが、2005年に北方事件において約40年ぶりとなる一審での無罪判決が出た。その後、一審判決順に高岡暴力団組長夫婦射殺事件、広島保険金目的放火殺人事件、土浦一家3人殺害事件、鹿児島高齢夫婦殺害事件、平野母子殺害事件と7件で死刑求刑事件で一審段階で無罪判決が出ている。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た日本弁護士連合会が支援する再審事件

    名張毒ぶどう酒事件(なばりどくぶどうしゅじけん)とは、1961年3月28日の夜、三重県名張市葛尾(くずお)地区の公民館で起きた毒物混入事件。5人が死亡し、「第二の帝銀事件」として世間から騒がれた。逮捕・起訴され、容疑者の奥西勝(おくにし まさる)は死刑判決が確定している。日本弁護士連合会が支援する再審事件である。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た白鳥事件

    これに対し、弁護側が、2007年1月4日、最高裁に特別抗告したところ、最高裁は2010年4月5日付決定で、犯行に用いられた毒物に関し「科学的知見に基づき検討したとはいえず、推論過程に誤りがある疑いがある。事実解明されていない」と指摘し、再審開始決定を取り消した名古屋高裁決定を審理不尽として破棄し、審理を名古屋高裁に差し戻した(類似の事件はここ)。田原睦夫裁判官は、同最高裁決定で補足意見として、「事件から50年近くが過ぎ、7次請求の申し立てからも8年を経過していることを考えると、差し戻し審の証拠調べは必要最小限の範囲に限定し、効率よくなされるべき」と述べている。翌日に弁護団は「第7次再審請求最高裁決定についての弁護団声明」を、また同じ日に日本弁護士連合会(会長・宇都宮健児)は「名張毒ぶどう酒事件第7次再審請求最高裁決定についての会長声明」で、「既に重大な疑いが存在することは明らか」であるから原決定を取り消したうえで最高裁の判断で再審開始決定すべきだったと述べ、差し戻ししたことを「遺憾である」と批判した。また、日本国民救援会(会長・鈴木亜英)も、2010年4月7日付の会長声明「名張毒ぶどう酒事件第7次再審最高裁決定について」で、「『再審開始のためには確定判決における事実認定につき合理的な疑いを生ぜしめれば足りる』という1975年の白鳥決定の見地からすれば、差戻しによってさらに審理を継続させることなく、自判して、再審開始決定を確定させるべきであった」と述べている。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た特別抗告

    1993年に名古屋高裁が異議申立の棄却、4月に弁護団が最高裁に特別抗告。1997年に最高裁が特別抗告の棄却、同年に第6次再審請求の棄却、1998年10月に名古屋高裁が再審請求を棄却、弁護団が異議申し立て、1999年9月に名古屋高裁が異議申立の棄却、弁護団が最高裁に特別抗告、2002年4月に最高裁が特別抗告の棄却、同年に第7次再審請求。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

  • 名張毒ぶどう酒事件

    名張毒ぶどう酒事件から見た布川事件

    2010年3月上旬、名古屋拘置所で面会した特別面会人によれば、再審開始決定された布川事件や、再審無罪が確実視されていた足利事件などに触れた際、奥西は、「布川や足利はよかった。私も最高裁決定に非常に期待している」と述べたという。名張毒ぶどう酒事件 フレッシュアイペディアより)

60件中 31 - 40件表示

「名張毒ぶどう酒事件」のニューストピックワード